今すぐ真似したい!美人がやってる”夜の過ごし方”6つ

お家で過ごす”夜”の時間もゆっくりすることが増えてきた方も多いのでは?

今回は、ぜひ真似してほしい美人の「夜の過ごし方」をご紹介していきます!

1.ホットタオルでメイク落とし



まずしっかりメイクを落とすこと。皮脂や汚れをとり、肌が呼吸できない状態からいち早く開放してあげましょう。

その時、ホットタオルで毛穴を開いてからきちんとクレンジングと洗顔を行うのがベストです。

毛穴が閉じたままだと汚れが溜まり、黒ずみの原因になってしまいます。


★ホットタオルは、濡らして絞ったタオルを電子レンジで20~40秒程度チンするだけで作れます。

2.じっくり美容タイム



いつもは時間がなくてできないようなケアを丁寧に行ってみましょう。

湯船に長めに浸かったり、マッサージをしたり、ストレッチをしたり、スキンケアに時間をかけてみたり。

より美しく自分でいることができます。

この時間はスマホから目を離して、目や脳も休めてあげましょう。

3.ストレッチやヨガで体を緩める



1日中活動し疲れた体を、緩めてあげましょう。

ヨガのポーズやストレッチをするだけでも翌日の身体の軽さが変わります。

軽い運動はストレス解消にもなるので、日々取り入れましょう。

4.ホットドリンクを飲む



気温は高くても、実は内臓が冷えているというケースは少なくありません。ホットドリンクで身体を芯から温めてあげましょう。

ゆっくり飲んでリラックスすることで、乱れていた自立神経も整えることができます。

カフェインを含むコーヒーや緑茶、紅茶などは避け、安眠に繋がるホットココア、ハーブティー、甘酒の豆乳割りなどを取り入れてみましょう。

5.スマホから目を離す



夜は、心を乱す原因になるSNSから目を離しましょう。

私は大丈夫だという方でも、たくさんの情報を目にしていることで知らず知らずのうちに脳は疲れてしまっています。

眼精疲労やドライアイの原因にも。代わりに雑誌を読んだり、日記をつけたり、TODOをまとめたり、アナログなアイテムを活用しましょう。

6.寝る前から部屋を暗くする



美容とダイエットのためには安眠がかかせません。良い眠りがとれないと、肌が荒れやすく、脂肪もため込みやすい身体になってしまいます。

安眠するためには、寝る前から部屋の明かりを暗めにし、副交感神経を優位にすることが大切です。

間接照明やキャンドルで落ち着く空間を作りましょう