地方移住で大成功|1からつくるパワースポットサロン「IEN・AIMA」代表Amyさんへインタビュー

宮城県・仙台市にある「まつ毛・眉毛・ネイル」のトータルサロン「IEN(イエン)」、その姉妹店の「AIMA(アイマ)」は、近隣の県からのリピーターを持つ人気サロンです。

2つのサロンには、家族のようなスタッフ、そしてフレンドリーでハッピーなお客さまが何かに引き寄せられるかのように集まっているそう。どのようにしてこの様な愛されるサロンを築き、何が他のサロンと違うのでしょうか。

オーナーのAmy(エイミー)さんがサロンビジネスにかける想い、そして今後展望をインタビューしてきました♡

意を決した地方移住が人生を好転させた

オーナーのAmyさん
IEN、AIMAオーナーのAmyさん

オーナーのAmyさんは現在35歳。東京都内のヘアサロン等で約14年間キャリアを積み、その後単身で仙台へ移住したとろこから同サロンのストーリーは始まります。


ーー長年東京で美容師のキャリアを積んでいたなか、地方移住を決めたのは勇気がいる行動ですよね。

もともと仙台に住んでいる有名なクリエイティブの仕事をしている方が知り合いにいたんです。わたしは絵を描くことが好きで、仕事とは関係なくSNSに趣味でイラストをアップしていたところ、それがその方の目にとまり、仕事の依頼がくるようになったんです。

当時、東京でしか第一線の仕事はできないと思い込んでいたのですが、私も視野が広がり、地方移住しようと思ったのがきっかけです。」


オーナーのAmyさん
IEN、AIMAオーナーのAmyさん

、、、ですが実際は長く住んだ東京から移住する勇気がなく、占いに行って後押ししてもらいました(笑)恋愛がうまくいかず、一旦リセットしたかったのもあります!


ーー当日31歳でのキャリアと恋愛の悩みは、とてもリアリティがありますね。移住後は美容師を続ける予定はなかったんですか?

「雇われで美容師を続けるつもりはなく、イラストレーターをやろうかと考えました。

元々、理容師・美容師の仕事は大好きでしたが、18歳の時から4つの資格(美容師・理容師・管理美容師・管理理容師 )を取得したら、違うジャンルの仕事にトライしようと決意していたんです。なので、本を読んで経営の勉強もしていました。」


店内
サロン店内には、Amyさんが描いたイラストの展示も

「ただ、移住後の1年間くらいはコロナ渦だったということもあり方向性を模索していました。そんななか、知人を介して仲良くなった友人との出会いが現在のサロン開業の1つのきっかけになったんです。

彼女は、現在一緒に働く大事なスタッフです。」

友人の働く場を作りたかった

ーー友人を雇用するためにサロンを開く決意をしたエイミーさん。一体どんな流れがあったんですか?

「彼女(現在はスタッフとして働くまさきさん:以下まさき)は当時アパレルで働きながらネイリストを目指していたんです。ただ、すごいやる気があるのに働く先がなかったんです。

そこでまさきを雇用できるサロンを開業しようと思い、仕事は「経営」にしようと決意しました。

そこからはお店を出すぞ!と決意してから約3ヶ月でオープンしました。」


店内
内装はイチから自分たちで


店内
塗装の際汚れた靴も良い想い出に

仙台にはないサロンを作りたいと思っていたので、参考にしたものはありません。そもそも自分がお客でも行きたいサロンを作りたかったのと、みんなでこういうお店を作りたいよね!の寄せ集めが今の1号店(IEN)です。また、自分たちの強みは何かを考え、「普通じゃない」打ちだしをしていこうとなりました。」

『家のような場所で縁を繋ぐ』パワースポット的なサロンへ

ーー決意からOPENまで3か月、どんな想いでスタートをきったんですか?

「最初は、全くお客様がいない環境で、人を雇用すること、借金をすること、お店を出すことに不安しかありませんでしたし、全て初めての経験で、わからないことだらけでした。

ですが、長く美容業に従事していた事、都内で刺激的な方々と毎日過ごしていた事、人に恵れた人生だった事を思い返すと、「私にしかできないことがある」「お金は後から付いてくる」と変な自信だけはありました(笑)

ただ、お客さんに「この店に来てよかった!」と喜んでもらいたいといった気持ちが何よりも強かったです。」


店内
ポップなデザインが特徴のIEN

「私自身、移住した時は知り合いがほとんどいなく、頼る人や場所がありませんでした。地方都市の仙台には、出張や転勤などで私と同じような想いをしている人がたくさんいたため、そんな方に向けて1号店(IEN)のコンセプトは、『家のような場所で縁を繋ぐ』としたんです。 美容を通して、知り合いがいなくても、家のようにリラックスできる場所で縁が繋がるパワースポットになりたいという想いを込めました。これはお客さんへだけでなく、働くスタッフに向けた想いでもあります。」


自身の移住経験を踏まえた地方都市ならではのコンセプトは、お客様に広く受け入れられ、2号店「AIMA」のOPENに続いて行きます。

『合間時間で暮らしにゆとりを』を打ち出したパワースポット

ーー2号店はどんなお店作りを目指したんですか?

「2号店「AIMA」では1号店とはガラッと変えて、モノトーンな内装と、早朝オープンで、男性でも入りやすくしています。また駅前なので、仕事前や保育園送迎後にも通いやすいと30~40代のお客様から特に喜ばれています。」


店内
モノトーンで落ち着いた雰囲気のAIMA

「凝ったメニューが多い1号店と反して、2号店ではクイックメニューを多くし、合間時間を楽しんでもらいたい想いからコンセプトは『合間時間で暮らしにゆとりを』としました。

ただ、お店のミッションである「ポジティブ」は変わりません。お客さまもスタッフも負は寄せ付けないため、良い人たちのサイクルになっています♪♪」

多店舗展開はスタッフのために

ーー2号店までの成功を踏まえ、今後の目標を教えてください。

「20代のスタッフが多いので、妊娠・出産に対して整えられる環境をつくりたいと思っています。また、部署を変えてもスタッフがずっと働ける店をつくりたいと思っていて、そのためにも店舗を増やしていくことを視野に入れています。3号店は今年の終わりか来年には出す予定です♡」


店内
2号店のAIMA

「スタッフには、「どんな人生を考えているのか、10年後どうしたいのか」をよく質問しています。全国を飛び回りたいと考えているスタッフもいるので、その子の夢を叶えるために店舗を増やさないとと思います。私自身また、東京へ行くことも考えます!!!


ーーポジティブなスタッフとお客様がエイミーさんを突き動かしているんですね。

「私は、一緒に働いている仲間達と一緒に目標を達成した時、入社してよかったと言ってもらえた時。そしてお客さんにIEN、AIMAに行ってよかったと言ってもらえた時、本当に様々な瞬間で喜びを感じます。もちろん、全てが簡単ではなく、そのプロセスは全て大変なんですけどね!

ただ、うちのサロンはスタッフみんな凄く仲が良く、私を含めてみんな凄くポジティブなんです。なので、この先も楽しくパワースポットを作っていければと思っています。」


インタビューを終えてーー
Amyさんの行動力から生まれるポジティブな展開に耳を奪われながらも、一つ一つ覚悟を決めて、自分のためではなく大切な人のために決断して「形」にしていく強い姿が見えました。

1号店OPEN のドタバタ時には実は第一子も出産しているとのことで、守るべきものが増えたことも原動力になっているのだと思います。子育てをしながら、店舗、スタッフが増えていく過程は並々ならぬ努力と大変さであると思いますが、一切のネガティブワードがないAmyさん。 その姿勢がサロン全体の空気感となって、スタッフ、お客さんに伝わっているのでしょう。

Amyさんの展望は、頑張る仲間がいる限り無限に広がるばかり…♡


IEN、AIMA:https://www.aimppp.com/


IEN【イエン】
https://www.instagram.com/ien.______/
宮城県仙台市青葉区本町2丁目9-3 6F
電話番号:022-207-4411

AIMA【アイマ】
https://www.instagram.com/aima.______/
宮城県仙台市青葉区中央3-6-5 佐藤商店ビル4F
仙台駅西口より徒歩1分【宝くじ売り場の4F】
電話番号:022-200-6055

■撮影協力:HEY
宮城県仙台市青葉区片平1-1-11 片平ビル1F
営業時間.平日・土曜日9:30〜18:00、日曜・祝日9:30〜17:00(時短営業時間) 店休日.水曜日
https://www.instagram.com/hey_oval_welcome/

週間ランキング

  1. 1

    【驚きの4,000円以下】年代別エイジングケア(※1)!「オルビスユーシリーズ」を徹底解説&お試しレポ!

  2. 2

    地方移住で大成功|1からつくるパワースポットサロン「IEN・AIMA」代表Amyさんへインタビュー

  3. 3

    【サラツヤ髪】ドラッグストアのブランド☆ウルリス新発想の新作2WAYヘアミスト

  4. 4

    【KATE】またバズるじゃん!リップモンスター新色&即完売しそうな数量限定カラートナー

  5. 5

    【UNIQLO:C】熱視線!新鮮なカラバリ×振り幅広すぎなアイテムが勢ぞろい♪|2024年春夏レポ