魅力ばかりを追いかけないで!あなたの魅力を失う醜行動に気を付けよう!

女性のみなさんは「美しくなりたい」と思いますか?きっと多くの女性がそういう願望を持っているのではないでしょうか。

外見・内面、美しさにもいろいろありますが、魅力的な女性になることはいいことですよね。

ところが、当たり前のようにしている日々の行動があなたを”醜くしている”としたらどうですか?

何気ない瞬間に”美”が失われている!?

shutterstock_299968805

先ほどは少々キツイ言い方をしてしまいましたね。女性のみなさんは”美”を追究する毎日を送っていることでしょう。もちろん大切なことです。

「新しいメイクを覚えた」「良いことをして気分が良かった」これらすべて”美”を手に入れたことになります。

こんな行動を「美行動」と呼ぶならば、その反対の「醜行動」があります。多くの女性がせっかくの美行動を醜行動によって台無しにしていることが少なくありません。ここでは意外と多くの女性がやっている(かもしれない)醜行動をご紹介します。


醜行動①:周りのせいにする

shutterstock_166600271

少しイメージをしてみましょう。もし仕事もプライベートもうまくいっていて、時間的な余裕もあるとします。

そこで、周りが失敗をしてあなたに迷惑をかけることがあったらどんな対応をしますか?きっと「大丈夫、気にしなくていいよ」と懐の深い対応をすることでしょう。

それができずに周りのせいにしてしまう瞬間が醜行動です。心の中で思うことも口に出すこともすべて醜行動です。もし思わず周りのせいにして「今のナシ!ナシ!」と訂正し、自分にできる反省をすれば”チャラ”になりますよ。


醜行動②:下着を把握していない

shutterstock_407110918

「今どんな下着を着けていますか?」おそらく、この質問には当たり前のように答えられる女性と、そうでない女性とがいるはずです。

下着でモチベーションを支えるのは男性よりも女性の方が顕著です。新しい下着、お気に入りの下着を身につける時の高揚感は男性では感じ得ないものなのです。そんな大切な下着のことが把握できていないのであれば危険信号ですよ。


いかがでしたか?

美を追究することは女性にとって大切です。ただ、美を伸ばすことについては個人差があり、どうしても周りより遅れてしまうという女性も多いのではないでしょうか。

実際は今回ご紹介した通り、知らないうちに醜行動で魅力を失っている女性が多いのです。だからこそ、醜行動を防ぐだけで周りとの差が縮まることも十分考えられます。美行動だけでなく醜行動にも目を向けていきませんか?