shutterstock_352844210

美肌女子は”しない”!肌がキレイになる「引き算スキンケア」

肌は手をかけたほうがキレイになる…と思っていませんか? でも実は、少し手間を引いた「引き算スキンケア」のほうが肌への負担を減らし、回復力を高められる可能性があるんです。 では、どんなスキンケアが良いのか、美肌になるヒントとして探ってみましょう!



肌への負担を減らす引き算スキンケア法3つ

1.朝洗顔は拭き取り化粧水で

minus01
出典:suono.jp

朝は洗顔料で顔を洗うと、潤いが奪われすぎてカサカサ肌の原因になることも。 そのため、「朝はぬるま湯のみで洗っている」という人も多いかもしれませんね。

でも最近では、「朝は拭き取り化粧水で拭くだけ」他は何もしないという女子が急増中。 そのほうが時短になるし、肌の潤いも残すことができるんです! 「朝のふくだけ洗顔水」という洗顔代用化粧水も販売されているので、気になる方は検索してみてくださいね。



2.スペシャルケアはしない

shutterstock_352844210

シートマスクやピーリングなどのスペシャルケアは肌に与える負担が大きいため、敏感肌なら控えたほうが◎。 かえって「スペシャルケアをしないことで、肌がキレイになった」という人も多いんです。

特に生理前は、普段肌の人でも一時的に敏感肌になりやすいので要注意。 スペシャルケアをしたいなら、肌が安定している生理後に行いましょう。



3.週に1回「プチ肌断食」をする

shutterstock_4401668981

肌断食とは、スキンケアもメイクも全てお休みするケア方法のこと。 そしてプチ肌断食は、金曜日の夜にメイクを落としたら、土日はぬるま湯だけで洗顔して、他は何もしないという方法です。

究極の引き算スキンケアですが、化粧品をつけないことで肌トラブルを防いだり、本当の肌状態がわかるようになります。 肌をリセットさせたい時、肌が何を求めているか知りたい時におすすめですよ。



スキンケアに悩んだ時は試してみて!

いかがでしたか? これらの引き算スキンケアは無理にする必要はありません。 ただ、「どんなスキンケアをしても肌の調子が悪い」と思った時は、必要最低限のケアで様子をみてくださいね。