large

「月経カップ」海外では当たり前!?生理中も快適に過ごせるって?

毎月やってくる憂鬱な生理…。生理用品といえばナプキンやタンポン、布ナプキンなどがありますが、海外で定番となっている生理用品「月経カップ」をご存知でしょうか?海外に行ったときやネットで購入したりする人が増え、近頃、日本でも話題にのぼるようになりました。

通販などで簡単に購入することができるこの月経カップ、「こんなに快適ならもっと早く知りたかった!」と口コミで広まり、密かにトライする女性が増えているそうです。

ディーバカップムーンカップなど、海外ではいろんな呼び名がついている人気の月経カップとは、一体どんなものなのでしょうか。

large
(出典:weheartit


月経カップの使い方って?

医療用シリコンでできた月経カップを膣に入れ、溜まった経血を数時間ごとに捨てます。経血を捨てたらカップを洗ってまた膣に入れます。

large
(出典:weheartit

月経カップのメリット

・蒸れない。お肌がかぶれない。
・体内で血を溜めるから生理特有のにおいがない。
・ナプキンやタンポンのように持ち歩く必要が無いので、荷物にならない。
・最長12時間まで使用でき、洗って繰り返し使えるので、経済的でエコ。
・布ナプキンと比べると、すぐに水で洗って経血を落とせるので楽。
・ナプキンを買う必要が無くなるので経済的にもお得。
・タンポンと違ってひもが見えないため、生理中に温泉に入っても気にならない。
・タンポンのように毒素性ショック症候群(TSS)を引き起こす原因になりにくい。
・仕事中も気にならず、レジャーも楽しめる。

なんだか、女子には嬉しいことづくめな感じですね。

月経カップのデメリット

・タンポンのようにひもがないので、慣れるまでは取り出すのが難しいと感じた人も。
・入れたり出したりするときに手が汚れてしまう。

入れた時のポジションが本当にあっているかも、すぐにコツを覚えられるので大丈夫だそう。サイズも出産未経験者用、出産経験者用など数種類あるので安心です。また、実際の経血量もわかるので、健康管理にも役立つそうですよ。

安全性もクリアしている

月経カップは、日本では生理用品とは認められていませんが、安全でないからではありません。日本の生理用品の基準が「経血を吸収処理するもの」、「使用面は白色」となっているためです。

欧米ではアメリカ食品医薬品局の管理下で数十年間利用されており、毒素性ショック症候群(TSS)を始め、健康的被害との関連性は報告されていないそうです。また、FDA(合衆国)で承認され、現在のカナダ保健省医学の装置ライセンスを保持しています。

精神的にも安心

長時間漏れる心配がなくなることから精神的にも安心感があり、スポーツをする場合や、経血が多い人にとっても便利なアイテムです。特に立ち仕事や、なかなかトイレに行けない人などは月経カップにシフトしているんだとか。

large
(出典:weheartit

価格は3000円から4000円台で、一度買えば10年程度は使えるためコスパもGood!かわいい保存袋がついているものもあり、好きな色やデザインが選べるのも嬉しいですね。


今、途上国の女性を助けるアイテムとしても、世界的に注目を集めている月経カップ。毎月使わなくても、月経カップを避難袋にひとつ用意して入れておくと、安心できるのではないでしょうか♡