可愛いを持続♡アイメイクの裏ワザをまとめました!

目もとの印象でだいぶ変わってきますよね。

目を大きく見せるアイメイク裏ワザを一気にご紹介。

コレだけはやっちゃダメ!目を小さく見せるNGアイメイク

NG1 アイラインで目を囲む

外国人風のメイクではアイラインで目の周りを囲うことがあります。

しかし日本人は欧米人よりも目が小さいので囲みメイクをしてしまうと小ささをより強調することになってしまうのです。アイラインは基本的には囲まないようにしましょう。

NG2 アイラインが太すぎる

shutterstock_351341663


アイラインが太すぎると二重や奥二重のラインが見えなくなり目が小さく見えてしまう原因になります。アイラインはまつ毛の間を埋める程度に目の周りに入れていくことで自然に目元を強調させることができます。

NG3 アイシャドウが濃すぎる

shutterstock_1024369165


アイシャドウを塗るときに一定の量で塗ってしまうとグラデーションができず目を大きく見せる効果が発揮されません。綺麗なグラデーションを作るためには一度に色を沢山のせず、少しずつ色の濃淡を出していくと目元がはっきりと仕上がります。

NG4 眉毛が太くて長い

トレンドとしても人気の太眉ですが眉毛の方が際立ってしまい目の小さい人には不向きの形なのです。

目が小さい人は太さをあまり強調させず長さもやや短めを意識すると目と眉のバランスが取れるでしょう。

アイメイクがもっと映える◎アイメイクの裏ワザ

上マブタには「ベースにホワイト」でアイシャドウが映える!

1


パッと見はキレイな色のアイシャドウも、実際につけてみるとなんだか発色がイマイチ…なんてこと、ありますよね。

そんな時はマブタにベースとしてにホワイトを塗ってからアイシャドウを重ねましょう。

ホワイトはアイシャドウでもアイライナーでもOK。

結構大胆に真っ白くしてしまうのがポイントです。

アイシャドウが本来持つ色味が出て、より映えるようになります。

下マブタには「ハイライト」で涙袋ぷっくり!

2


涙袋をふっくらと見せることで目が大きく見えます。

コンシーラーでのっぺりとしてしまった下まぶたには、涙袋の上にパール入りのハイライトを乗せることで立体感を出しましょう。

涙袋に添って下にブラウンの細ラインを入れてぼかすと陰になり、より涙袋が強調されます。ただし、太く濃く入れないように注意してくださいね。

パンダ目を絶対防ぐアイメイク術

1.アイメイク前にルースパウダーをつける

3
出典:muji

パンダ目になってしまうのは、目元の皮脂化粧品の油分がアイメイクを溶かしてしまうため。

オイリー肌の人はもちろんのこと、乾燥肌で保湿をしっかりしている人も、パンダ目になるリスクが高いんです。

でも大丈夫!アイメイクをする前にルースパウダーを目周りにつけておくだけで、余分な油分を吸い取ってパンダ目を防ぐことができます。

アイラインやマスカラが触れて崩れやすい部分に、ルースパウダーを丁寧につけてサラサラな状態に整えておきましょう。

ベビーパウダーや明るめのパウダーアイシャドウを使ってもOKですよ。



2.アイラインを”まつ毛の外側”に描く

吉田 愛理さん(@airrrin0923)がシェアした投稿



アイラインをまつ毛の間を埋めるように描いていると、笑う度に上下のまぶたがこすれてアイラインが崩れる原因になります。

そのため、アイラインは”まつ毛の外側”に描くとGOOD。

こうすることで、まぶたの摩擦からアイラインを守ることができますよ。

まつ毛の間を埋めたほうが自然なのは確かですが、どうしてもアイラインがにじんでしまう人は外側に描いてみてくださいね。



3.仕上げにクリアマスカラをつける

4
出典:canmake


ウォータープルーフのマスカラをつけていても、笑った時のまぶたの油分や摩擦によって落ちてしまうことがあります。

なのでいつものマスカラをつけたら、その上からクリアマスカラを重ねてつけておきましょう

クリアマスカラが黒いマスカラの色素を包み込んでくれるので、マスカラが原因のパンダ目を絶対的に防ぐことができますよ。