MEGUMI、初授業で「自信を持ちたい10代」へエール!バンタン渋谷美容学院大学部が開講!

プロの現場による実践スクール事業を行う株式会社バンタンは、美容の実践的な教育を受けながら大学卒業資格も取得できる「バンタン渋谷美容学院大学部」を2024年4月に開校。

タレントのMEGUMIさんが名誉学院長に就任しました。開講と就任を記念し、4月10日にはMEGUMIさんによる初授業「自信を持ちたい10代へ」が実施されました。

美容本の出版や俳優、ドラマの企画・プロデュースなどマルチに活躍するMEGUMIさんだからこその視点、気になります。当日取材させていただいたのでその内容を詳しくお届け!

タレントのMEGUMIさんが名誉学院長に就任!「女性の生き方」テーマに初授業

MEGUMIさんが名誉学院長に就任
出典:beautyまとめ

名誉学院長に就任したMEGUMIさんは、2023年に出版した『キレイはこれでつくれます』が同年の美容本ベストセラーになるなど、美容のカリスマとしての一面だけではなく、経営者の顔も持ち合わせるなど、「美容」を武器に自身のキャリアを切り開いています。

バンタン渋谷美容学院大学部は、好きなものへ情熱を注ぎ続けチャレンジする社会を実現するため、自立した女性として活躍するMEGUMIさんを名誉学院長に迎え、年間を通じて美容や10代のメンバーに向けたこれからの生き方などの授業を予定しています。

MEGUMIさんはオファーを受け、「芸能界23年やってきて母として、働く女性として若い時にやっておけばよかったことや、こういう心構えでいたら楽、など自分の経験から伝えられることがあればとありがたく引き受けました」とコメント。

初授業では、「自信を持ちたい10代女性へ」をテーマに、生徒約50人に向け『自分のやりたいことを形にしていく上で大切な3つのこと』を伝えました。

MEGUMIさん流『やりたいことを形にするために大切な3つのこと』

MEGUMIさんが名誉学院長に就任
出典:beautyまとめ

◆自分がやりたいことを明確にしていく

「自分がなにをやりたいか、どんな存在になりたいか、どうしてやりたいのか、自分の深いアイデンティティがそこに含まれているのか」―― 。MEGUMIさんはこれを明確にすることが大切といいます。

やりたいことを明確にしていくため、年に1回、お正月に事業計画書を作るというMEGUMIさん。その内容は「自分たちの信念。こういう会社にしていくとか、自分のキャッチコピーをまずバンと決めてみる」と説明。加えて、1年後、2年後…5年後にどうなっていたいのか、何度も何度も考えることで自分のやりたいことが明確になってくると解説。

そのうえでこの1年で何をするか具体的な行動スケジュールを立てていくそう。

「自分の存在をどう輝かせるか、自分(の心)が震えるものってなにか。自分のアイデンティティを深堀していってほしい」と力を込めました。

MEGUMIさんは日本人女性の自己肯定感が世界最下位ということを知ったのをきっかけに、「そういう女性を元気にできる存在になりたいと思った」とのこと。それが自身の『アイデンティティ』だと話していました。

◆やりたいことをひたすら伝えていく

やりたいことをひたすら人に伝えていくことも重要。「勇気がいることだけど、言っておくと誰かの耳に入っていて誰かが思い出してくれる。1回だけでは忘れられてしまう。言いまくっていると誰かが聴いていてくれる。誰かがチャンスを届けてくれるから、自分で乗っかっていく。そのためにも発信を」と生徒たちに呼びかけました。

◆ビジネス的側面も考える

「ビジネス的側面を考えることも重要」とMEGUMIさん。「日本はお金の話はタブーな雰囲気があるが、お金を稼がないとやりたいことも続けられない。どうやったらやりたいことで稼げるかをしっかりリサーチすることも大切」と話していました。

さらに、「いかに多くの人を幸せにできたか。その人にとって絶対的に必要とされる存在になること、また会いたいと思ってもらえる“人間力”も必要」と生徒たちに熱心に語りかけていました。


MEGUMIさんが名誉学院長に就任
出典:beautyまとめ

講義の締めくくりには、時代とともに変化している社会での女性の立ち位置について想いを巡らせながら、「女性も自立したうえで自分の気持ちを自分で奮い立たせて、自分の気持ちを自分で幸せにしよう」とエールを送りました。

MEGUMIさん、海外での仕事に意欲!10代に戻れるとしたら「英語の勉強」

MEGUMIさんが名誉学院長に就任
出典:beautyまとめ

講義を終え、初授業の感想を聞かれると「みんなキラキラしていてかわいらしかった。

不安を口にする子も多かったけど、女性として大変なことが多いのもすごくわかる。自分の可能性をポジティブなものに変えて頑張っていってほしい」とMEGUMIさん。

さらに、10代に戻れるとしたら何をしたいかと問われると、「今が一番楽しいから戻りたいなと思うことはないけど、もうちょっと英語の勉強しておけばよかったな…」とコメントしていました。

今後については「プロデュースした作品を海外に売る、日本と海外の共同作品をつくる、飲食の出店とか…海外での仕事がしたい」と海外への挑戦に意欲を見せました。

期待されている美容関連の活動については、「美容の方も近々発表することもあるのでぜひ楽しみにお待ちください」と笑顔で語っていました。

■バンタン渋谷美容学院大学部 公式サイト:https://beauty-university.jp/

週間ランキング

  1. 1

    【驚きの4,000円以下】年代別エイジングケア(※1)!「オルビスユーシリーズ」を徹底解説&お試しレポ!

  2. 2

    地方移住で大成功|1からつくるパワースポットサロン「IEN・AIMA」代表Amyさんへインタビュー

  3. 3

    【サラツヤ髪】ドラッグストアのブランド☆ウルリス新発想の新作2WAYヘアミスト

  4. 4

    【KATE】またバズるじゃん!リップモンスター新色&即完売しそうな数量限定カラートナー

  5. 5

    【UNIQLO:C】熱視線!新鮮なカラバリ×振り幅広すぎなアイテムが勢ぞろい♪|2024年春夏レポ