「女の涙は武器」・・・まさかそんな風に勘違いしてないよね?

女の涙は武器

あなたはこういう言葉を聞いたことはありますか?確かに男性は女性の涙に弱い部分があることは事実です。ある程度のワガママも通ってしまうことがあるでしょう。

怒っていた男性が優しくなったり、あなたの意見が通ったりすることがあるので、「女の涙は武器」という認識が広まっていったんでしょうね。

しかし、男性側の視点で見ると実はそうでもないみたいですよ。

男性が思うこと1 「卑怯だ!」

shutterstock_744199918

女性に泣かれてしまうと男性は何もできなくなります。実際はそれでも責めたり、ケンカをすることもできますが、そんなことをする男性は完全に悪者です。

女性の涙は男性にとって「卑怯な武器」なのです。

もちろんその場は泣いている女性をなだめますが、心の中で男性が「泣かせてしまって悪かった」と反省しているかどうかは分かりません。「泣くなんて卑怯だ!」と怒り狂っている可能性もあるわけです。


男性が思うこと2 「ウンザリ」

shutterstock_734617762

男性の中には、女性の涙わざとだと考えていることがあります。

実際は違うのかもしれませんが、そういう話が広がっている以上、刷り込まれている男性も多いようです。

不覚にも涙を見せてしまうと「そういう女か」と決めつけられてしまう可能性があります。


男性が思うこと3 「腹が立つ」

shutterstock_310310333

もっと最悪なのは「腹が立つ」です。男性がそう思ってしまうメカニズムは非常に単純なものなんです。それは・・・「俺が悪いの?」ということです。

街中で女性が泣き崩れているカップルを見かけたら、誰もが「男性が泣かした」と思うでしょう。

そして「女を泣かせる男なんて最低だ」と思うのではないでしょうか。一方が泣くことで「いじめっ子といじめられっ子」の構図が成立してしまうこともその一因かと思います。

万が一街中ならば通りすがりの第三者が全員男性を蔑んだ目で見ることになるでしょう。だから男性は腹が立つんです。

いかがでしたか?

男女間のトラブルにおいては話し合いが最善の解決策です。もちろん暴力を振るうような男性は最低ですが、人前で泣いてしまう女性の涙はそれに近い攻撃力を持っていることを忘れないでください。

暴力を振るう男性に行為を抱けないのと同様に、人前で泣いてしまう女性に対しては、男性も気持ちが冷めてしまうものなのです。