23度の服装はこれ!オシャレな人気のおすすめコーデを紹介!

更新日:2021年7月29日


毎日のコーディネートを決める時「その日の気温」はとっても重要になりますよね。

特に、季節の変わり目に多い気温23度の日は、お天気によっても服装がガラッと変わります。

この記事では、オシャレさんが選ぶ「最高気温23度」の日と、「最低気温23度」の日のおすすめコーデをご紹介します。

「気温23度」の日のオシャレなコーデを知っておくことで、季節の変わり目のファッションに悩まなくなるはずです♪

まずは、「気温23度」は何月頃に多いのか?その時の服装選びのポイントについても紹介していきます!

気温23度は何月頃?服装選びのポイントは?

23度コーデ
出典:@manaodays

気温23度は、季節の変わり目に多い気温です。

そのため、服装は体温調節がしやすいものや、季節に合わせた着脱しやすいものを着ることが多いでしょう。

まずは、気温23度とはどんな気候で何月頃に多いのかを確認してみましょう。

気温23度は何月頃??

近年の平均気温で見てみると、「気温23度」になる月は5月〜10月前半に多いようです。

確かに、真夏を除くこの時期は、季節の変わり目でもあり服装も悩みますよね。

しかも、「最高気温23度」なのか、「最低気温23度」なのかでも、選ぶ服装は全く変わります。

月によっては、晴れの日が多かったり雨が続いたりなど、お天気にも左右されます。

考えれば考えるほど、気温23度の日の服装は悩んでしまうんです!!

では、「気温23度の日」の特徴を季節ごとにさらに詳しくみてみましょう。


春の気温23度の特徴

春には「最高気温が23度」になることが多いです。

春は、夏に向かって気温がどんどん上がる季節。

シャツ一枚でも出かけられるくらいほどよく暖かく、爽やかな風も吹いていますよね。

気温が23度でも、日差しが強い日であれば日中汗ばむ日も出てきます。

「長袖では少し暑い!」と感じる日も出てくるでしょう。

春の気温23度の特徴は、朝晩の気温差が大きいこと。

服装は、気温差を調整できるようなものを選ぶ必要があります。

春の服装選びのポイント

日中着る服にも、上着や重ね着ができるものを選ぶようにすることがおすすめです。

例えば、トップスは通気性の良いものを選んで、薄手のアウターやシャツを用意しておくなどがぴったりです♪

夏の気温23度の特徴

夏の気温23度は、「最低気温」であることが多いです。

まだ夏本番ではない、初夏の時期に多い気温なのです。

梅雨が明けてきて、夏本番になる一歩手前の時期。

春先に着ていた服では汗ばむようになり、日差しも強くなっていきます。

日照時間も伸びて暑さを感じる時間帯が増えるので、日中は半袖一枚で過ごせるようになるでしょう。

この時期の気をつけたいポイントは、外と室内の気温差です。

季節が夏に近づくと、どこのお店やレストランでも冷房が使われます。

汗をかいてカフェに入ったら「冷房ですっごく寒い!!」なんてこともあるはず。

服装は、手持ちで冷房対策になるようなものを用意すると良いでしょう。

夏の服装選びのポイント

初夏の23度の服装のポイントは、外と室内の気温差を調節できるもの選ぶことです。

例えば、Tシャツや半袖に薄手の羽織りを持っておくなどがおすすめです。

紫外線もどんどん強くなる季節です。

帽子や日傘など、持つ小物にも工夫が必要です。

秋の気温23度の特徴

秋の気温23度は、「最高気温」であることが多いです。

夏も終わり、少し肌寒い日も増えてくる頃です。

少しずつ寒い冬に近づくように、北風も吹き始めます。

衣替えなどの行事もある、まさに季節の変わり目の気候です。

秋の服装選びのポイント

秋の服装選びは、朝晩の冷え込みに体温調整ができるものを選ぶことが重要です。

秋晴れの日はまだまだ暑く、北風が吹く日は肌寒いです。

気温が23度でも、体温がすぐに調節できるような服を準備しておくことがポイントになってくるのです。

次の章では、最高気温23度の春秋のおすすめコーデをご紹介していきます。

最高気温23度のおすすめコーデ

23度コーデ
出典:@manaodays

最高気温が23度の日は、どんなコーデをすることが良いでしょうか?

春や秋に着る服装ですが、お天気によっても体感温度はかなり変わりますよね。

爽やかな最高気温23度の日であれば、シャツやブラウスにカーディガンなどが体温調節もしやすくておすすめです。

どんより肌寒さを感じる日であれば、薄手のニットや軽めの素材のジャケットなども良いですね♪

最高気温23度の日に、コーデで気をつけたいポイントは2つ!

・軽くてもきちんと感が出せる素材を選ぶ
・体温調節がしやすいものを選ぶ


最高気温が23度であれば、朝晩などの気温は20度以下になることもあります。

体温調節がしやすい服でコーディネートすることで、出先での急な予定にも困りません。

また、通気性の良い素材を選びやすい季節ですが、安っぽいものは清潔感に欠けます。

軽い質感のものでも、きちんと感が出る素材を選ぶようにしましょう。

最高気温23度のオシャレさんコーデ【お仕事編】

23度コーデ
出典:@manaodays

肌馴染みの良いカーキとブラックのコーデ。

一見シンプルでも、襟元に女性らしいデザインがあったり大きめのアクセサリーで華やかさが出ていたりと、小ワザが効いたオシャレコーデです。

涼しげな印象に見える理由は、シャツの素材感。

空気感がある軽めの素材で、少し汗ばむような最高気温23度の日でも快適に過ごせます。

23度コーデ
出典:@manaodays

女性らしさと上品さのあるワントーンコーデ。

明るいベージュのワントーンに、ホワイトのバックと靴でポイントを入れています。

カジュアルなデザインでも使えそうなトップスでも、下のボトムスにきちんと感を出すことでお仕事モードに。

春や秋に過ごしやすい質感の服装ですね。

23度コーデ
出典:@manaodays

白とライトグリーンの組み合わせがオシャレな、オフィスカジュアルコーデ。

高級感のあるボトムスは、なんとUNIQLO。

トップスのシャツの素材や、合わせているバックで高級感が出ていますね♪

肩にデザインがあることで、小顔効果やスタイルUP効果もあります。

最高気温23度のオシャレさんコーデ【お休みの日編】

23度コーデ
出典:@manaodays

Tシャツに少し太めのパンツにスニーカー。

まさに「オシャレさんの休日スタイル」ですね♪

清潔感の出るシルバーアクセや、ハイブランドのバックを合わせれば、カジュアルすぎず高級感も加わります。

肩からかけたセーターは、体温調節もできて◎まさにこの季節にぴったりなコーデですね。

23度コーデ
出典:@manaodays

素材の軽いロングスカートで、女性らしい休日ファッションです。

白とベージュ×キャメルでまとめて、女性の優しいオーラが出ているような組み合わせですね♪

肩からかけたセーターは、体温調節だけでなくファッションの小物としても大活躍。

たらした腕部分が縦ラインになり、体をすっきり見せてくれるんです。

小物で小ワザ、真似してみましょう♪


23度コーデ
出典:@manaodays

白黒のモノトーンで合わせたクールな休日スタイル。

組み合わせたTシャツと細身のパンツは、一見とってもカジュアル!

そこにサンダルで女っぽさをプラス♪バックの高級感も加われば、手抜き感ゼロのオシャレコーデになりますね。

大きめのスエットを肩からかけて、体温調整もばっちりできちゃいます。

23度コーデ
出典:@manaodays

休日のカジュアルさを思いっきり出すなら、オーバーオールがおすすめです♪

中に合わせたレースシャツとカゴバックで、女性らしさはキープしましょう。

つなぎの服は背を高く見せてスッキリ感も出ますね♪

最高気温23度のオシャレさんコーデ【デート編】

23度コーデ
出典:@manaodays

全身ブラックの大人可愛いデートコーデです。

黒でまとめても重さが出ない理由は、ワンピの素材。シアーなので軽さも出て◎

涼しげに見えますが裏地付きなので、肌寒さの防止にもなります。

デートにぴったりな可愛いカゴバックがアクセントになっていますね♪

23度コーデ
出典:@manaodays

デニムとワンピースをレイヤードした、オシャレなデートコーデ♪

グリーンの靴とバックは差し色になって、ぐっと今っぽく仕上がりますね。

ワンピースは、Aラインのボリュームデザインですっが、デニムを重ねることで目線が下にいきます。

上半身が華奢に見えて、女の子らしい雰囲気になります。

23度コーデ
出典:@manaodays

コーデに迷ったデートの日は、やっぱりワンピースが便利♪

春はオーバーサイズのGジャンを羽織れば、カジュアルなのに女の子らしいスタイルに仕上がります。

スニーカーを合わせれば、デート中も足も痛くなりません。

靴とバックで色を合わせれば、バランスも取れますね。

最低気温23度のおすすめコーデ

23度コーデ
出典:@manaodays

初夏で最低気温が23度であれば、半袖シャツやノースリーブワンピースだけでもOK!

でも、室内の冷房対策はしっかりしていきましょう!

軽めのアウターや、薄手のカーディガンを羽織っておくのがおすすめです♪

最低気温が23度であれば、日中は汗ばむ夏本番の陽気です。

お天気によっては、体感温度は30度を超える暑さになる日もあるでしょう。

日中の太陽の下では、爽やかな印象で涼しく過ごせる服装を選ぶようにしましょう。

最低気温23度の初夏に、気をつけたいポイントは2つ!

・冷房対策をしておく
・汗がすぐに乾くような軽い素材を意識する


初夏でも、冷房の効いた室内では肌寒く感じます。持ち運びに便利な薄手の防寒服を用意しておきましょう。

また、汗ばんでもすぐに乾くようなリネン素材やノースリーブのものもおすすめ♪

通気性がよいので、ジメジメしにくく爽やかに過ごせます。

紫外線対策の小物で、日傘や帽子も忘れないようにしましょう。

最低気温23度のオシャレさんコーデ【お仕事編】

23度コーデ
出典:@manaodays

職場の仲間も振り返るような、上品でエレガントなお仕事コーデ。

リネンなどの生地は、素材が軽いのに高級感が出ることが特徴。

落ち着いたカラーを選べば、カジュアルにならずお仕事仕様になります。

23度コーデ
出典:@manaodays

初夏のシーズンのお仕事には、爽やかなくすみブルーを着てみましょう♪

白と合わせれば、着るだけで少し涼しくなるような爽やかな組み合わせになります。

シンプルなTシャツも、のぺっと見せないためにはパンツの縦ラインを強調しましょう。

縦プリーツのあるパンツは仕事モードがオンになるので、オフィスで大活躍間違いなしです。

23度コーデ
出典:@manaodays

お仕事でも、今っぽいおしゃれを楽しみたい!

そんな人は、こちらのコーデを真似してみましょう♪

少し緩めのカラーパンツに、袖なしのトップスを合わせているお仕事コーデです。

バックやベルトできちんと感を出せば、今っぽさがありつつもオフィスで浮かないオシャレコーデになりますよ♪

最低気温23度のオシャレさんコーデ【お休みの日編】

23度コーデ
出典:@manaodays

休日は、ヨガに行ったりBBQしたり、アクティブに過ごすことも多いですよね。

そんなアクティブ女子にぴったりなのが、こちらのコーデ。

大きめなTシャツも、女の子らしいピンクを選べばボーイッシュさが抜けます。

メイクは手抜きNG!カジュアルなコーデなので、ピンクの柔らかいリップで可愛らしさを出しましょう。

23度コーデ
出典:@manaodays

カップ付きの白タンクと、ジャケット、パンツのクールな休日コーデ。

暑くなったら、ジャケットを手で持っても様になりますね。

カップ付きのインナーはこの時期大活躍♪一枚でOKなのは嬉しいですね!

ブラジャーの紐も気になりません。

お買い物や、女子会にオススメのハイセンスな休日ファッションです。

23度コーデ
出典:@manaodays

ハイウエストのデニムが今っぽい、休日コーデです。

アイテムだけ見ると、かなりシンプル!

デニムに白Tシャツ、サンダルはカジュアルになりやすいですよね。

女っぷりを上げるなら、アクセやバック、メイクも一工夫してみましょう。

華奢でも存在感のあるものを選べば、一気にカジュアルダウンして女性らしい仕上がりになりますよ♪

23度コーデ
出典:@manaodays

お休みの日は、着るものにもストレスフリーなものを選びましょう!

一枚でサラッと着れるのに、高級感や女性らしさも叶えてくれる黒ワンピ。

大きめのアクセや、適度な肌みせで夏らしく仕上がりますね。

サンダルを履けばカジュアルに、ヒールを合わせれば女性らしさもアップする万能コーデです。

最低気温23度のオシャレさんコーデ【デート編】

23度コーデ
出典:@manaodays

女性らしい組み合わせといえば、白×ベージュ!

女の子らしい雰囲気や、可愛らしさも出る組み合わせですよね。

軽い素材の布が使われてるスカートは、着るとゆらゆらと揺れるのもポイント。

パートナーも、デート中に思わず全身をみたくなってしまうようなガーリーさですね♪

23度コーデ
出典:@manaodays

いつものワンピースやスカートコーデに飽きてきたら、真似してみたいセットアップコーデ!

高級感が出る素材や小物で、動きやすいのに女性らしいデートスタイルになっています。

モノトーンのコーデは、適度な肌みせが重要。

サンダルで素足をのぞかせたり、首が見えるようなヘアスタイルにするのもおすすめです。

23度コーデ
出典:@manaodays

初夏のデートの王道コーデ、ボリュームのある柔らか素材のワンピースです。

涼しげなのに、中が透けないので、重ね着は不要!

カゴバックで合わせれば、デートらしいエレガントさも加わりますね。

23度コーデ
出典:@manaodays

デートでも、他の人とかぶらない初夏コーデをしたい!

そんな人は、サテン素材のスカートを合わせましょう。

ワッシャーサテンは高級感があるのに、軽くて通気性もGOOD!

下にボリュームが出るコーデなので、髪の毛は一つにまとめるとスッキリしますね♪

まとめ

今回は、気温23度の日のオシャレコーデをご紹介しました。

これでもう、季節の変わり目の服装には悩みませんね♪

服を選ぶ前は、天気予報をみて気温をチェックしてみてくださいね。

関連記事

週間ランキング

  1. 1

    可愛くなりたい人へ!今すぐ簡単に始められる方法を紹介

  2. 2

    「この付録、絶対欲しい!」2色買いしたい”Ungridバッグ”【ムック本付録】

  3. 3

    「付録が可愛すぎてびっくり!」買って損なし雑誌BEST4

  4. 4

    ぶっちゃけクレンジングバームってどうなの?【2021年下半期:おすすめクレンジングバームまとめ】

  5. 5

    「今、選ぶべきはこれ!」美肌さんが使うクレンジングバーム5選

記事を読む

おすすめ記事 最近の記事
  1. 「これ買い逃したら泣く!」遂にMila Owenの高見えバッグが付録に!【ムック本付録】

  2. 【プレゼント】海外セレブ愛用!着けてるだけで褒められる「おしゃれ不織布マスク」

  3. 乳液とクリームの違いとは?両方使うべき?使い方と人気おすすめアイテムも紹介

  1. ZOZOで買うべき、2021年秋冬今っぽニット5選

  2. 「送料・返品・ギフト方法は?」案外知らないZOZOTOWNについて徹底的にまとめました!

  3. 「これ言われたら落ちるわ♡」男がその気になっちゃう言葉があった!