Twitter発「春に起こりやすい不調を和らげる対策」教えます!

はワクワクする反面、複雑な感情が入り混じる季節。大人女子のみなさんは、この時期をどのように乗り越えていらっしゃいますか。

今回は、Twitterでバズった”に起こりやすい不調を和らげる対策”をご紹介。そういえば、最近ちょっと疲れやすいも…そんな違和感を感じている方、必見ですよ。

春に起こりやすい不調を和らげる対策

いいねの声、続出!Twitterで話題となったのが、コチラ▽岡村祥平@山一薬局立小路店(@Yama1_Yakkyoku)さんの投稿です。


かかと、くるぶし、親指をつなぐ三角形。このゾーンには子宮などの反射区が集中しているため、触ることでホルモンのバランスが整うようです。肌荒れなど、自律神経が乱れがちな春に起きやすい不調に。かかとから親指に向かって両手で押していくと◎。

Twitterでチェック!みんなのリアルな不調対策を拝見






本当に効くの?その根拠を調査した結果…



現代に伝わるツボは、東洋医学が長い歴史の中で積み上げてきた検証に基づいたもので、その数はWHO(世界保健機構)に認知されている数だけでも全身に361ヶ所あるといわれています。

このツボの健康効果についてはこれまで長い間議論されてきましたが、実は科学的な根拠に基づく証明はされていません。

しかし、ツボは気の通り道「経絡」の要所であるだけでなく、各器官や臓器と結びついていることから、内臓・器官と体表部(皮膚)との連絡窓としても機能しているのです。臓器の調子が悪くなると、経絡を伝う気が乱れて、ツボに痛みやコリといった反応が出ることがあります。

また反対にツボを刺激することで、気の乱れを正常化させ、さらに血行促進や自律神経などを整えることで臓器の働きを正常化させることもできるのです。

引用 – https://www.toyoshinkyu.ac.jp/column/211

継続は力なり。実は、日課にしてる人が多い”セルフケア”

に起こりやすい不調を和らげる対策、いかがだったでしょうか。

Twitterにアップされている投稿を拝見していると、多くの方がセルフorプロの手を借りて日々のメンテナンスをされているようでした。

そこで、毎年3~4月にかけてバテやすい筆者も…毎日寝る前にケアを始めてみることに。ちなみに、この時期に感じる主な症状は以下の3つです。

  • 全身が何となくだるい

  • 肌荒れ

  • ワケもなく気分が沈む

かかと・くるぶし・親指をつなぐ三角形ゾーンを中心にケアを続けること1週間。その結果…体が軽くなったような?(体重減少という意味ではありません。)

劇的というほどではないのですが、これは”不調”を撃退する新習慣として続ける価値がありそうです♡

みなさんも是非、ご自身に合った力加減と方法で!チャレンジしてみてくださいね。