美容と健康に欠かせない女性ホルモン!増やすための3つのポイント

一生のうちで、わずかティースプーン1杯分しか分泌されない女性ホルモン。しかし、その影響力は絶大で、不足すると心身に様々な不調が出てきます。

うまく増やすためのポイントを紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

1.規則正しい生活でホルモンバランスを整える

睡眠不足、栄養バランスの悪い食生活、運動不足が続くと、ホルモンバランスが乱れやすくなります。次のことを意識して、生活習慣の見直しをしましょう。

<睡眠>
傷ついた細胞の修復や、肌のターンオーバーに欠かせないホルモンは、入眠後3~4時間の頃に最も多く分泌されます。寝室の環境を整えたり、寝る前に心身をリラックスさせたりする工夫で、質の良い睡眠をとれるように心がけましょう。

<食事>
女性ホルモンの分泌量をアップさせたり、その働きをサポートしたりするのに役立つのは、イソフラボン、ビタミンE、ビタミンB6、カルシウム、マグネシウム、食物繊維などの栄養素。これらを含む食品を積極的に取り入れつつ、栄養が偏らないよう、できるだけいろいろな食品を食べるようにしましょう。

<運動>
ジョギング、ウォーキング、エアロバイク、水泳などの有酸素運動を行うと、新鮮な酸素をたっぷりと取り込むことができ、血行が良くなってホルモンバランスも整いやすくなります。1日30分程度の軽い運動で十分なので、コツコツと続けてみましょう。


2c06a85402ab452ddd8439ee3b14e675_s

2.ストレスを遠ざけて副交感神経を優位にする

ストレスには交感神経を刺激して心身をシャキッとさせる良い効果もありますが、あまりたまり過ぎるとホルモンバランスを乱す原因になります。

熱中できる趣味を持つ、友人とおしゃべりする、半身浴をする、アロマオイルを焚くなど、自分が最も心地よいと思える方法を見つけてストレスを遠ざけましょう。


62b84a9ff9513c663a4f49afecab455b_s

3.乙女心を刺激するものに囲まれる

女性ホルモンは、ワクワク・ドキドキする気持ちの時に多く分泌されます。よく「恋する女はキレイだ」などと言いますが、これは決して気のせいではありません。

エストロゲンが十分に分泌されることにより、肌がしっとりしたり、髪がツヤツヤになったりするので、本当に美しくなれるのです。

他にも、ピンク色を目にすると女性ホルモンが出やすくなると言われているので、部屋のカーテンや普段よく使う文房具などを、ピンク色に変えてみてはいかがでしょうか?


吉田 愛理さん(@airrrin0923) • Instagram写真と動画
出典:instagram

女性ホルモンアップで心と体を健やかに保とう!

女性ホルモンを増やすための方法を紹介しましたが、いかがでしたか? 不足すると肌の乾燥、ニキビ、パサパサの髪、イライラ、月経不順などの不調が出てくるので、分泌量をアップさせて心身の健康を保ちましょう。

投稿者プロフィール

森山真紀

動物と読書をこよなく愛するフリーライター、森山真紀です。
コスパのいいコスメや日用品、リピーターの多い人気商品、買って損はない実力派商品など、「お金を出す価値のあるもの」に焦点を絞って紹介していきます!

関連記事

ランキング

  1. [PR]「自分らしく輝く、理想の透光素肌へ」スペシャルインタビュー女優・中越典子さん

  2. 1

    ダイソー300円ショップ【THREEPPY】遂に全国91店舗にオープン!

  3. 2

    肩幅を狭くする脅威のストレッチ!マイナス5cmも夢じゃない!?

  4. 3

    「今買わないと後悔する!」しまむら激売れマルチショルダーが再登場!

  5. 4

    「ワークマンさん感謝!」最強新作、これ本当にこの値段でいいの?

  6. 5

    筋肉痛時(運動翌日)の体重増加の謎…解消法教えて!

記事を読む

おすすめ記事 最近の記事
  1. 「もうこれしか無理!」Mame×UNIQLOの他が穿けなくなるパンツ。

  2. 23度の服装はこれ!オシャレな人気のおすすめコーデを紹介!

  3. ちふれの口紅の人気カラーは?コスパ最強のエロリップや定番カラーなどを紹介!

  1. スカーフを使ったおすすめのヘアアレンジ方法を紹介

  2. 「太ももがみるみるほっそり!」スラっと美脚になる簡単ストレッチがあった!

  3. 「100均感ゼロ!」ダイソーで見つけた、衝撃の高見えアクセ。