shutterstock_291102947

肌が焼ける!?スマホのブルーライトが紫外線並にヤバイらしい…。

スマホやPCのディスプレイからは、ブルーライトという光が発せられています。 実はこのブルーライトは「第三の紫外線」と言われていて、にも悪い影響を与えているんです…! まずはブルーライトの危険性をチェックして、対策方法を取り入れましょう!



ブルーライトが紫外線並みに怖い理由

シミやシワを作る

shutterstock_134971778

ブルーライトは紫外線に近い波長で、肌老化を早めることが分かっています。 体内に活性酸素を増やし、シミやシワができやすい状態にしてしまうのです。



睡眠不足にさせる

shutterstock_327345656

ブルーライトには覚醒作用があり、睡眠不足を引き起こす原因になります。 睡眠不足はターンオーバーの乱れを招きますから、結果的に肌質を悪化させてしまいます。



ブルーライトの影響を受けないためには?



画面を暗く設定する

shutterstock_291102947

スマホやPCの画面を暗く設定しておくと、ブルーライトの影響を軽くすることができます。 スマホの場合、ブルーライトをカットしてくれるアプリもあるので利用しましょう。



PCメガネを着用する

shutterstock_530161741

PCメガネを着用することで、目に入るブルーライトをカットし、活性酸素やストレスホルモンが出るのを抑えることができます。 スマホを見る時にも着用すると良いですよ。



寝る前はスマホやPCを見ない

寝る前にスマホやPCを見ると、眠りの質が悪くなってしまいます。 最低でも寝る1~2時間前は、ブルーライトを見ない生活を心がけましょう。



対策を練って肌を守りましょう!

いかがでしたか? ブルーライトは実はお肌の天敵。 今の若々しい肌を保つために、上記のことに気をつけてみてくださいね。