日焼け後に行うべきアフターケアとは?正しい方法と注意点を解説

更新日:2021年6月11日


紫外線が強くなる季節になりました。

うっかり日焼けをすることも多いこの時期、日焼け肌はお肌のダメージが心配ですよね。

じつは、日焼け後のお肌を綺麗に維持するためには

日焼け後のアフターケアがとっても大切になるんです。

うっかり日焼けでお肌トラブルを起こさないためにも、日焼け後のアフターケアについて知っておきましょう!

日焼け後のアフターケアが大事な理由

日焼け後に行うべきアフターケア
出典:shutterstock

日焼け後のアフターケアは、非常に重要です。

日焼けをしたお肌のダメージを最小限にして、お肌を綺麗に維持できるかどうかはアフターケアで決まります。

なぜ、アフターケアが必要なのか、詳しく説明していきます。

アフターケアが必要な理由

日焼けは、お肌にとって良くない事が多くあります。

日焼けとは、紫外線を浴びて反応したメラニンの影響で、肌表面が黒くなっていくことを指します。

紫外線は、お肌にダメージを与えます。

日焼けした肌に起きるダメージを最小限に抑えるためにも、アフターケアはしっかり行うことをおすすめします。

日焼けをしたお肌には、以下の事が起こります。

・肌を守るためにメラニンが多く出る
・日差しの熱で肌の水分が奪われる
・紫外線の影響で肌が炎症を起こす

皮膚には、外的ダメージから肌内部を守ろうとする機能があります。

角質層と呼ばれる皮膚の一番上の層は、紫外線を浴びると防御作用でメラニンを増やします。

紫外線は太陽光線の一つのため、熱もあります。

日焼けをすると、紫外線を浴びていたお肌は水分を失い乾燥するのです。

お肌が弱い方では、日焼けで黒くなる前に、肌全体が赤く炎症を起こす場合もあります。

アフターケアを怠れば、さまざまなトラブルを起こす原因となってしまうのです。

では、日焼け後にアフターケアをしなかったお肌にはどんなトラブルが起きるのか?

具体的に、肌に起こる日焼け後のデメリットを説明していきます。


アフターケアしなかった場合のデメリット

日焼けをしたお肌は非常にデリケートです。

アフターケアをしないでいることで、表面は敏感になってしまいます。

デリケートなお肌になっているので、人によってはシャワーやお風呂のお湯でしみることもあります。

肌表面は赤くなり、触るとカサカサしている乾燥肌になっている場合もあります。

長時間日焼けをした場合は、肌表面に熱を感じる事もあるかもしれません。

熱を帯びたお肌は、保湿製品をつけても水分蒸発がしやすく、乾燥肌を繰り返す原因になってしまいます。

また長期的に見ると、将来的にシミやソバカスを作る大きな原因ともなるでしょう。

日焼け後のアフターケアをすることは、綺麗な肌を維持するために非常に重要であると言えます。

日焼け後のアフターケア方法

日焼け後に行うべきアフターケア
出典:shutterstock

日焼け後のアフターケアが重要なことはわかりました。

では、アフターケアはどのように行うのかを説明していきます。

日焼け後のアフターケアは、大きく3つのステップで行うようにしましょう。

3つのステップで行うことは以下のケアです。

冷やす
保湿する
美白ケア

この3ステップをしっかりと行うことで、お肌のダメージを最小限に抑える事ができます。

ステップごとに、詳しく説明していきます。

日焼け後のアフターケア方法その1 冷やす

日焼けをしてしまった後は、その部分を冷やすようにしましょう。

日焼け御は、自覚症状があまりない場合もあります。

ですが日焼けは、言い換えると「お肌が軽い火傷をした」状態であると言えます。

そのため、肌表面は熱を持ちうっすら赤くなっています。

まずは、肌の熱を抑え鎮静させることが大切になります。

可能な限りで、早く冷やすようにすることがおすすめです。

肌表面を冷やす方法はいくつかあります。

①流水を肌につけて冷やす
②濡れているタオルで冷やす
③氷や保冷材を使って冷やす
④冷たい水を肌にスプレーする

この4つの方法で、日焼けをした後にできるだけ早く肌を冷やすようにしましょう。

日焼けをする計画がある場合は、あらかじめ、タオルや保冷剤を用意して出かけることがおすすめです。

また、レジャーに出かける時は、体を冷やすことも考えてタオルなどを余分に持っていくようにしましょう。

日焼け後のアフターケア方法その2 保湿する

日焼け後に行うべきアフターケア
出典:shutterstock

肌を冷やして、赤みやほてりが落ち着いたあとは、肌をしっかりと保湿しましょう。

日焼け後の肌に最も必要な「保湿」は、水分補給です。

紫外線とは、太陽光線です。もちろん、熱も感じるものです。

紫外線を浴びたお肌は、光線の熱により水分が蒸発していて乾燥しています。

失われた水分をしっかりと補給し、蒸発しないようにすることが大切です。

保湿のケアは以下の方法で行うのがおすすめです。

①コットンに化粧水をたっぷりつけてローションパックをする
②マスクや、パックなどの化粧品を利用する
③美容液やクリームでしっかりと肌表面に蓋をする

化粧水やパックなどでしっかりと水分補給をしたあとは、水分の蒸発を防ぐためにクリームで蓋をしましょう。

肌質に合わせて、乳液やローションを使用しても構いません。

クリームは最も油分が多く含まれる保湿剤なので、水分補給したお肌をしっかりと油分で蓋をすることができます。

日焼け後のお肌はデリケートです。スキンケアをする時は、擦ったり強くパッティングをすることは避けましょう。

スキンケアの仕上げには、両手の平でお顔を包むハンドプレスをして美容成分を浸透させてあげましょう。

日焼け後のアフターケア方法その3 美白ケア

日焼け直後のケアをしっかり行ったら、最後は美白ケアです。

美白ケアは、日焼けした直後からすぐにスタートするのではなく、お肌が落ち着いた頃から始めることがおすすめです。

肌の赤みや火照りが落ち着いた頃からスタートしましょう。

美白ケアは、製品によって種類も違います。

取り入れたい美白ケアは、大きく3つです。

①メラニンの生成をコントロールする
②肌のターンオーバーを促す
③肌の角質ケアをしてくすみを取り除く

美白とは、「お肌を白くする」事がゴールではありません。

お肌に必要な美容成分を使って、肌の生まれ変わりを促進したり、内部を保湿して透明感を出すケアを指します。

肌を白くすることよりも、ターンオーバーなどを促進して紫外線ダメージの蓄積を防ぎ、しみやソバカスの予防ができるケアをすることが大切です。

ターンオーバーを促進させれば、メラニンが代謝し、肌内部に留まらないようになります。

定期的なケアを続けることで肌の代謝を高めることができます。

また、くすみにくいお肌にするためには、ビタミンCをサプリメントなどで摂ることもおすすめです。

日焼け後のアフターケアでの注意点

日焼け後に行うべきアフターケア
出典:shutterstock

日焼け後のお肌は、デリケートです。

日焼け後は、顔や体、唇などのパーツごとに、紫外線を浴びたダメージは異なって現れます。

アフターケアで大切なことは、パーツに合わせたケアをすることです。

体のパーツごとの日焼け後のアフターケアの注意点と、方法をご紹介します。

日焼け後のアフターケアでの注意点:顔

日焼け後に行うべきアフターケア
出典:shutterstock

まずはお顔です。お顔のケアは、特に入念に行いましょう。

日焼け後のアフターケアの基本である、冷やす、保湿する、美白する、のステップに沿ってしっかりケアすることがおすすめです。

特にお顔は、ケアを怠ることでシミができたり、たるみなどの老化サインが出ることにもつながってしまいます。

ケアをするだけでなく、普段の生活でも日焼け止めを塗るようにして紫外線ダメージの蓄積を防ぎましょう。

スキンケアの注意点は、擦るなどの摩擦を起こさないようにすることです。

クリームや化粧水の量は、いつもよりも多めに使って、肌の摩擦を減らすようにしてみましょう。

メイクアップをするときは、スポンジよりも毛の柔らかいブラシの使用がおすすめです。

日焼け後の肌は、いつもよりもデリケートであることを忘れずに、優しくケアをするようにしましょう。

日焼け後のアフターケアでの注意点:唇

日焼け後に行うべきアフターケア
出典:beauty-matome

日焼け後、見落としがちな体のパーツで、唇があります。

唇は、通常の皮膚よりもかなり薄く、皮脂の分泌をする皮脂腺がないパーツです。

紫外線の影響で奪われた水分は、化粧品で補うしか方法がないのです。

ですが、小さなパーツでついついケアも忘れがちになります。

日焼け後は、こまめにリップクリームを塗るようにしましょう。

スペシャルなケアとして、唇のパックもおすすめです。

ワセリンなどのこってりしたクリームを唇につけて、ラップなどで数分パックします。

保湿成分がしっかりと浸透して、皮剥けけなどのトラブルも防いでくれます。

外出時には、日焼け止め効果のあるリップをつけるようにしましょう。

日焼け後のアフターケアでの注意点:体

日焼け後に行うべきアフターケア
出典:shutterstock

日焼け後は、体にもケアが必要です。

特に、紫外線を浴びやすいのは肩やデコルテ、腕などです。

日焼けをしたつもりはなくても、日焼けの後ができていたりと、後から気づくこともあるでしょう。

少し冷たいシャワーで冷やしたら、ボディクリームで保湿をしてケアをしましょう。

可能であれば、日焼け後の数日間は化粧水を先につけてからクリームを重ねます。

水分が不足している時期なので、化粧水を使うことで肌内部に水分が浸透します。

その後に、ボディクリームを重ねることでさらに効果的に保湿ができます。

また、全身日焼けをした場合は、足のすねなども乾燥がしやすいパーツです。

意識をして保湿をするようにしましょう。

日焼け後のアフターケアでの注意点:髪

日焼け後に行うべきアフターケア
出典:shutterstock

髪の毛も、日焼け後のアフターケアが必要です。

特に、海やレジャーで日焼けをした場合などは要注意です。

海水浴では、海の海水と紫外線が髪ダメージを加速させます。

海から上がった後は、すぐに海水を流すようにしましょう。

さらに日焼け後は、紫外線で髪の毛の内部が傷んでいる可能性があります。

タオルで水気を取るときなどは、ゴシゴシ擦らずに優しく包み込むように拭いてあげましょう。

毛のダメージ補修には、トリートメントや髪のパックなどのコーティング効果があるものがおすすめです。

日焼けをした日の夜や、数日間続けることでダメージを抑える事ができるでしょう。

日焼け後のアフターケアでの注意点:頭皮

日焼け後のアフターケア
出典:beauty-matome

実は、頭皮のケアも日焼け後は注意が必要です。

頭は、紫外線を一番先に浴びる高い位置にあります。

特に頭皮は、日焼け止めを塗ることが難しく紫外線をそのまま浴びてしまいます。

予防策として、屋外では帽子をかぶる、スプレータイプの日焼け止めを使うなどして、紫外線から頭皮を守るようにしましょう。

そして、日焼け後の注意点としては摩擦や刺激を避ける事です。

紫外線を浴びた頭皮はデリケートになっています。

刺激を与えてしまい頭皮が乾燥すると、フケが出るなど頭皮のトラブルにつながります。

シャンプーをするときは、爪を立てずに指の腹で洗う。シャンプーを低刺激のアミノ酸シャンプーに変えるなど、意識してケアをするようにしましょう。

日焼けしない日焼け止めの選び方・使い方

日焼け止めの選び方・使い方
出典:beauty-matome

日焼け後のアフターケアについては理解していただけましたか?

アフターケアは非常に重要ですが、さらに重要なのは日焼け「予防」をしっかりする事です。

日焼け止めを買うときは、自分に合った正しい製品を購入するようにしたいですね。

まずは、日焼け止めの種類と選び方を説明していきます。

日焼け止めの種類

出典:shutterstock

日焼け止めを買うときに、ほとんどの人が見るポイント。それは「SPF」の後の数字です。

詳しくはわからなくても、SPFの後ろの数字が大きいほど紫外線カットの効果が高いということは知られていますよね♪

SPF以外にもPAと表記された製品を見たこともあると思います。

実は、日本で販売されている日焼け止めには、2種類の表記があります。

それが、「SPF」と「PA」です。

それぞれ、アルファベットの後ろには数字やマークがついていて、紫外線から肌を守る強さを表しているのです。

なぜ、2種類の表記があるかというと、守る紫外線の種類が違うからなのです。

太陽光線の一つである紫外線は、波長の長さによって「UV-A」と「UV-B」に分けられているのです。

それぞれが肌に与える影響も違います。

日焼け止めは、この2種類の紫外線からお肌を守るために作られているので、それぞれの表記で効果を表しているのです。

日焼け止めを選ぶために欠かせない、SPFとPAについてさらに詳しく説明していきます。

SPF

日焼け後に行うべきアフターケア
出典:shutterstock

これは、Sun Protection Factorの頭文字を意味します。

SPFは、紫外線の中でも波長の短い紫外線B波(UV-B)に対して効果を発揮するものになります。

紫外線B波とは、春から夏にかけて最も地上に降り注ぐ紫外線です。

肌に炎症を起こすような強いパワーを持っているので、肌を赤くする紫外線とも言われています。

SPFの数値が表すのは、紫外線からお肌を守る目安時間。

SPF1が約15分〜20分を指しています。

例えば、SPF15表記の場合であれば、約3時間〜5時間の効果であると言えます。

レジャーなどで屋外で過ごすときは、数字が大きいものを選ぶようにすると良いでしょう。

反対に、朝の通勤時間のみ紫外線を浴びて、そのほかは室内で過ごす場合は、SPFの数値は25程度あれば十分です。

自分の肌状態や、ライフスタイルに合わせてSPF数値を選ぶようにしましょう。

日本で販売されている日焼け止めは、SPF50が最高値となっています。

PA

これは、Protection Grade of UVAの意味を持つアルファベットになっています。

紫外線A波(UV-A)から肌を守る日焼け止め効果を表しています。

SPFとの違いは、日焼け止め効果の時間ではなく、効果を「+」のマークで示している事です。

日本で販売されているPA表記の製品は、+が最大4つまでとされています。

PA+よりも、PA++++の方が紫外線カット効果が高いという意味になります。

紫外線A波(UV-A)は、年間の地上に届く量が一定していると言われる、波長が長い紫外線です。

波長が長いので、肌の奥の真皮層まで届く紫外線の種類です。

じつは、肌の老化の約8割はこの紫外線A波の影響だとも言われています。

真皮層まで届いたUV-Aは、肌内部にあるハリや弾力の組織を破壊して、肌を衰えさせていくのです。

若々しいお肌を維持するめに、UV-Aからお肌を守ることがとても大切になるのです。

日焼け止めの選び方・使い方

日焼け止めの選び方・使い方
出典:beauty-matome

日焼け止めは、自分に合わせた数値で選ぶことが大切です。

例えば、朝の通勤後、1日中室内で過ごす場合はSPFの数値やPAの数値はそこまで大きいものを選ぶ必要はないでしょう。

反対に、1日屋外で過ごす場合などはSPF50、PA++++のものを選ぶなど、紫外線から肌を守る強さを重視しましょう。

日焼け止めは肌を守るためには必要ですが、塗ることで毛穴に詰まりやすかったり、肌に強すぎる場合もあります。

ですので、肌を守りたいから、とりあえずSPF50を選ぶ!という方法はあまりおすすめできません。

肌のためにも、自分のライフスタイルに合わせて適切な数値のものを選ぶ事が重要です。

選び方の例
・散歩や買い物に行く場合の日常生活:SPF20前後、PA+~++
・屋外でのレジャーや短時間のエクササイズなど:SPF20~30前後、PA++~+++
・長時間のレジャーや海、スキー場など:SPF30~50、PA++++


また、頭に使う日焼け止めは使いやすいスプレータイプで購入するなど、使うパーツに合わせて形状も選ぶようにしましょう。

日焼け止めの使い方

紫外線からお肌を守るために、正しい日焼け止めの使い方を知っておくことも大切です。

大切なことは、日焼け止めをムラなく均一に塗ることがポイントです!

それぞれのパーツごとに、正しい日焼け止めの塗り方をご紹介していきます。

正しい日焼け止めの塗り方 顔

正しい日焼け止めの塗り方
出典:beauty-matome

お顔は、スキンケアを済ませた後に塗ると良いでしょう。

メイク下地などに日焼け止めが配合されているものがおすすめです。

①両頬、額、鼻、あごの5点置きで日焼け止めをのせます。パール粒小くらいを置いていくようにしましょう。

②中指と薬指を使ってていねいになじませましょう。口周りや肌周りなど、凹凸がある部分も丁寧に塗っていきます。

③顔のすみずみまで塗り終わったら、1~2をくり返して重ねづけしましょう。

④日焼けしやすい首周りは、お顔の延長で塗ることをおすすめします。少量を出して、フェイスラインから首にかけて塗っていきましょう。

正しい日焼け止めの塗り方 体

正しい日焼け止めの塗り方
出典:beauty-matome

乾燥していると、日焼け止めが伸びずに白くなってしまいます。

日焼け止めをつける前に、必要であればボディクリームなどで保湿をしておきましょう。

①肌が保湿された状態で、日焼け止めを肌に線状に出します。スプレータイプなどの場合は、少し離したところから吹きかけて、手のひらで馴染ませて広げましょう。

②クリーム状の日焼け止めを、手の平で優しく円を描くようになじませていきます。ひじやひざの裏は塗り忘れが多い箇所です。丁寧に伸ばしていきましょう。

③腕やデコルテなど、日差しを浴びやすい箇所は、可能であれば2~3時間おきに塗り直しをしましょう。また、洋服などによっては、紫外線を浴びやすい部分も異なります。その日の服に合わせて、必要な箇所には重ねて塗るようにしましょう。

正しい日焼け止めの塗り方 頭

正しい日焼け止めの塗り方
出典:beauty-matome

頭への日焼け止めは、塗るタイプよりもスプレータイプがおすすめです。

髪や肌から15センチほど離して、スプレーをするようにしましょう。

数回に分けてスプレーすることで、ムラなく全体につける事ができます。


正しい日焼け止めの塗り方 唇

正しい日焼け止めの塗り方
出典:beauty-matome

唇にも、日焼け止めを塗りましょう。

リップクリーム製品で、SPFの表記があるものを使用するようにしましょう。

手軽なのは、リップカラーに日焼け止めが入っているものを使用することです。

リップカラーで日焼け止め効果があるものであれば、昼食の後などリップを塗り直すだけで日焼け止めをつける事ができます。

唇はよく動くため、塗った日焼け止めもすぐに落ちやすいです。

こまめに塗り直しができるような製品でケアするようにしましょう。

まとめ

今回は、日焼け後のアフターケアと日焼け止めについてのご紹介をしました。

春から夏にかけては、紫外線量が増えて普段の生活でも日焼けをしてしまいやすい時期です。

自分に合った日焼け止めを正しく使って、紫外線からお肌を守りましょう!

万が一日焼けをしてしまった日は、アフターケアをしっかり行って肌のダメージを最小限にしてあげましょう♪