shutterstock_777695254

古くさい!30代、老け顔メイクになる5つの失敗ポイント

メイクを頑張っているつもりが、老け顔になってしまうことも!?

30代からのメイクで、逆効果にならないためのポイントを押さえておきましょう♪

老け顔に見える・・・

shutterstock_777695254

年齢よりも老けて見られてしまう、ということはありますか?

もしかすると、メイク方法によって「老け顔」になってしまっているかも! 失敗しがちなポイントを5つご紹介します♪

老け顔メイク1.立体感がない

shutterstock_651364162

立体感がなく、のっぺりしたメイクは老けて見られがち。

ハイライトやシェーディングを使って、顔に凹凸をつけることで若々しい印象になりますよ♡

老け顔メイク2.盛りすぎのアイメイク

shutterstock_544912141

一昔前に流行った、濃いアイメイクを続けていませんか?

最近は単色アイシャドウやラメ感のある淡い色が主流です。
それにプラスして、セパレートタイプのマスカラを載せると、ぐっと今どきメイクに♡

老け顔メイク3.マットすぎるベースメイク

shutterstock_360160496

クマやシミ、シワなどが気になって、コンシーラーやファンデが厚くなっていませんか?

必要以上にマットなベースメイクは、老けて見える大きな要因です!

ベースメイクは可能な限り薄く、光の反射を意識すること。トレンドのツヤ肌を取り入れることで、若見え間違いなしです♪

老け顔メイク4.チークが低い

shutterstock_652020169

チークの位置が低くて、おてもやんになってしまうと、顔がたるんで見えてしまいます。

チークはにこっと笑ったときに、頬の一番高くなるところに入れるのがポイント!

濃すぎるのもNGなので、ふわっと明るく見える色を選ぶと◎

老け顔メイク5.リップライナーで囲いすぎ

shutterstock_175940945

リップライナーで、唇全体を囲ってしまうと、一気に老け顔に。

リップライナーは部分使いすると◎

唇の山にのみ引いてふっくら唇を演出したり、コンシーラーで元の唇の輪郭を消してからリップライナーで口角を描いたり、という使い方がオススメです♡

30代はメイクを変えて、老け顔回避!

いつものメイクを少し変えるだけで、老けて見える印象を回避することができます。
気になる方はぜひトライしてみてくださいね♡