shutterstock_780685495(1)

別れを招く!?スリップタンって知っている?!

口は災いの元、彼とうっかり口喧嘩になってポロっと口が滑って言ってしまった些細なことが元で別れの原因になるなんてこともあるますね。

心理学では、これを“ Slip Tongue ”と言って、日本語に翻訳すると“ 舌が滑った”という意味です。つまり日頃から心の中で思っていることや、感じていることが言葉になってポロっと口から出てしまうのです。

つまるとこ、思ってもいないことは口から出ないということ。

カップルが 喧嘩できるのも仲が親密になっている証拠。でも、男性は意外にキツイ言葉をいつまでもネチネチと気にするんですよ。

こんなやり取りあなたも経験ありませんか??

shutterstock_764346064

例えば、いつもデートに遅刻してくる彼。今日も30分も待ち合わせの時間に遅れてきました。

今までは彼の遅刻にも笑って許してあげたあなた。

でも、今日はたまたま機嫌が悪かったために、ごめんと謝る彼を許しません。

そして・・・
「もう少し余裕を持って家を出たらどうなの?」といい、「今度は気をつけるよ」という彼。そこでは終わらず、あなたはもっとイライラしながら、「大体どうしていつも遅れてくるの?私のこと大切に思っていないでしょう?」と声を荒げて彼を責めます。

そこで彼は、えっ、いつも何も言わないのに、本当は腹の中で自分のことを怒っていたんだ、と気づきます。

そして、いつも優しい彼女には裏の顔があるのかと考え始めるかもしれません。


上手な喧嘩の仕方!テクニックを覚えて!

shutterstock_780685495(1)

喧嘩も良いでしょう、でも口は災いの元。

そこで、上手な喧嘩方法のテクニック

怒っている時は、次の一言を発する前に、5秒数えてから話しましょう。

カッとしている時は、この短い時間でさえ、口調や言葉選びを慎重にさせてくれますよ。