【保存必須】全然告白してこない男に告白させる前振りワード

イイ感じの彼がいつまでたっても告白しきてくれない。そんな時ってかなりムシャクシャしてしまいますよね。

やることはキッチリやっているのにいつまでも恋人になれない状況が続き、モヤモヤは募っていくばかり。

ここではそんないつまでたっても告白してこないという状況に使える、とっておきの告白前振り集をご紹介します!

彼に告白してもらうための前振り集

セックスの前に「私ってセフレなの?」

shutterstock_514793380

いつまでも告白してこない男にとって、これはダントツで言われたくない言葉。

セフレの関係なのかと問われて「そうだよ」なんて言えるわけはありませんし、「違う」と言われたら「なら彼女ってこと?」と切り返せば告白の振りは完了です。

よっぽど割り切っている人でない限りセフレだなんて言う人はいないので、決着をつけたい時にはかなりオススメできる一言ですね。

ふとした瞬間に「アナタが彼氏なら最高なのに…」

shutterstock_526085950

デート中の会話の中にそっと忍ばせられるのがこの言葉。

「アナタが彼氏なら最高なのに」まで言えなくても盛り上がっている状況でカップルのような会話になったら「彼氏かよ!」と突っ込んで相手の反応を見て「彼氏じゃないの?」と聞いてみて返答を煽るのもアリですね。

意外と気にしているよ!ということを伝えるように意識していくのがポイントです!

唐突に「口約束ってわかってるけど言葉がほしい…」

shutterstock_154028957

これはもう真剣に気持ちを言ってしまうパターンです。

「どういう関係なのかわからなくてツライ。付き合うなんて口約束だけど、やっぱり安心するために言葉がほしい」と催促していきましょう。

男は付き合うということを重視していない人もます。そのため、女性がこれだけ今の関係に悩んでいるということにも気づいていないという可能性もあるんですよね。

その場合はもうはっきり悩んでいることを打ち明けてしまうしかありません。少し勇気が必要ですが、現状を打開するために頑張りましょう!

告白してもらう前振りは、状況によってできるものとできないものがあります。

その場の状況に合う、使えそうな前振りパターンを選んで、告白を待っているということをアピールしていきましょう!