「ラブラブでもダメ」カップルが結婚のタイミングを逃す5つの理由。

年々、結婚できない男女が増加する日本。うまくいっているカップルでさえも、チャンスを逃しがちです。

「あの人と結婚すると思ってたのに…できなかった」といった残念な話もよく耳にしますよね。

今回は、ラブラブなカップル結婚のタイミング逃してしまう、5つの理由を紹介します。

①仕事の影響

結婚
出典:shutterstock

忙しい仕事が落ちついたら・収入が安定したら・昇進したら結婚する、といった理由でチャンスを逃してしまいがちです。

実際結婚するのに職業の有無は関係なのですが、やはり自分1人の問題じゃないから、生活の基本となる仕事へのこだわりは大きいでしょう。

②男性が受動的

結婚
出典:shutterstock

相手がアクションを起こしてくれるまで待つ。というカップルも多くいます。

女性はプロポーズをひたすら待って、最終的に結婚できず別れたなんて結末も。

勇気がもてない男性は、彼女からの告白を待っているケースもあります。

③親族へ気を使いすぎ

結婚に賛成してくれない親族を気づかうあまり、あらかじめ二人が決めていた時期に結婚できなかったカップルも。

また収入が低い男性の場合は、相手親族の評価を気にして結婚に踏み切れないケースもあります。

周りの目を気にしすぎるのも、婚期が遅れる理由の1つですね。

④同棲生活が長い

結婚
出典:shutterstock

同棲は結婚生活をシミュレーションできるメリットがあります。

しかし、しっかり結婚の予定を決めておかないと、いまの疑似新婚生活に満足し、結婚できません

こちらも、ラブラブカップルにひそむ落とし穴ですね。

⑤周囲の既婚者が不幸

友人や同僚から結婚生活を聞かされると、良い面も悪い面も見えてきます。

とくに印象に残るのは、自分の時間やお金が減る・親族の付き合いに気疲れする、といったネガティブな声です。

結婚のメリットが見えなくなり、チャンスを逃してしまいます。

ゴールラインを時間とセットで決めるのが大切

結婚
出典:shutterstock

「将来結婚しようね♡」という気持ちを互いにもっていたとしても、ザックリとした約束では実現しにくいでしょう。

仕事で成功したら・挙式費用が貯まったら・親に認めてもらえたら結婚する、といった目標を立て、なおかつタイムリミットも設けましょう。

「○○年後は無条件で結婚する」と時間を定めると、結婚のタイミングを逃す可能性が大きく減りますよ。
せっかく、ずっと一緒にいたいと思える人と出会ったのに、周りのさまざまな影響を理由に結婚のチャンスを逃すのは悲しすぎます。

二人のタイミングを最優先して、二人だけの幸せを育んでいきたいですね。

関連記事

週間ランキング

  1. 1

    30代の本命アウターはこれ!今年は「マウンテンパーカー」がアツい!

  2. 2

    「一枚持ってるだけでこなれ感!」大人が選ぶ春ワンピースを特集!

  3. 3

    「春の大本命!」今年、絶対取り入れたいデニムアイテムBEST10

  4. 4

    「多幸感ピンクが可愛すぎ♡」キャンメイク限定新色アイシャドウをレビュー

  5. 5

    【2022年最新版】低価格で超お得!ムック本の人気おすすめ20選

記事を読む

おすすめ記事 最近の記事
  1. 「今年サラっと着たいシャツワンピ♡」2022年おしゃれさんのコーデは?

  2. 「2022年春の気分はスウェット!」こなれ感アップ、さらっと着たいもの♡

  3. 気温差のある春に大活躍!「ニットベスト」の着回しコーデ術♡

  1. 「夏前に入手して!」ポーチにinすべき、スッーと爽快ダイソーの冷感ミスト。

  2. 【しまむら】今大バズりの上品ブラウス、噂通りセンス良すぎた♡

  3. 夏前に完売しそうで心配!UNIQLOトングサンダルがレベル高いです。