【ワークマン】まさに着るこたつ!4000円以下で買える暖か高機能アウター5選

アウトドアシーン以外でも使える!とオシャレなインスタグラマーもコーディネートに取り入れているのが、ワークマンのアイテムです。

そこで今回は、アウターながら4,000円以下で購入出来るアイテムだけを厳選してご紹介します。

プチプラでも暖かく過ごせる高機能なアウターが欲しい!という方は必見です!

思わず値札を二度見!1,900円(税込)の破格すぎるベスト

ワークマンの「ボールパデッドスタンドベスト」
出典:maaach様ご提供

水を弾く耐久撥水加工が施されたベストは、急に降り出した小雨程度なら気にする心配がありません。

たっぷりと空気を含んだ中綿が洋服の中の温度をキープしてくれるので、暖かく過ごす事が出来ます。

画像のベーシックなブラック以外にもバイカラー仕上げのものやフラワーデザインのものなど、バリエーション豊富です!



■ボールパデッドスタンドベスト 1,900円(税込)

リバーシブル仕様のコストパフォーマンスに優れたベスト


画像左側のフリース素材、画像右側のナイロン素材のどちらを表にしても着用可能なリバーシブル仕様のベストは、2,500円(税込)という価格以上に着回せる事間違いありません。

フリース素材には水を弾く撥水加工、ナイロン素材には耐久性に優れた耐久撥水加工が施されており、どちらも小雨程度なら対応可能です。

保温機能を兼ね備えている上に中綿も入っているので暖かく、合計8つの豊富なポケットによって手ぶらでお出かけ出来そうです。



■FLAME-TECHアウトドアワーク2WAYベスト 2,500円(税込)

ベストとしてもジャケットしても着回せる万能アウター


袖が取り外し可能となっておりベストとしてもジャケットとしても着回せるアウターは、ロングシーズン着用出来るのが嬉しいポイント。

毛足の長いふわふわのファー素材は肌触りも良く、背中側の裏地にはブラックアルミプリントが採用されていて暖かく過ごせます。

スナップボタンで脱ぎ着がラクに行える上に、軽量かつ厚手すぎない仕上がりとなっているのでファー素材でも着膨れしません!



■デタッチャブルファーウォームアウター 2,500円(税込)

柔らかく暖かい!高機能過ぎるレインカーディガン


特殊なソフトタッチ加工を施した表地と裏地によりマシュマロのような柔らかな肌触りを実現したカーディガンは、レインウェアとは思えない仕上がり。

蓄熱機能を兼ね備えた中綿入りで保温性にも優れているほか、防風機能や紫外線カット機能も搭載されておりまさにハイスペックの一言。

軽量でレイヤードしやすいカーディガンタイプとなっているので、コートのインナーとしても着用可能です。



■バズヒートストレッチマシュマロカーディガン 2,900円(税込)

着るこたつにも変身!?カジュアルムード満点のベスト


別売りのバッテリーをセットする事で3段階の温度調節が可能なヒーター付きのベストとなるアウターは、まさに着るこたつと呼ぶ事が出来そう。

表地のプードルボア素材も可愛く触り心地も快適で裏地もしっかりとしているので、ヒーターを使用せずとも暖かく着こなせます♡

立ち上がりの良いフードを被れば顔回りの防寒対策にもなる事から、アウトドアシーンだけでなく普段の通勤やお買い物の際のアウターとしても役立ちます。



■WindCoreヒーターボアフリースベスト 3,900円(税込)

デイリーに使えるアイテム続々!ワークマンの高機能アウターで防寒対策

しっかりと防寒対策が行える事間違いなしのアウターはいかがでしたか?

4,000円でお釣りが来る価格でこんなにも高機能なアイテムが購入出来るのはとても嬉しいですね♡

今回紹介したアイテムはいずれもワークマンの実店舗とオンラインストアで購入する事が出来ます。

その為近くに実店舗がない!という方も、安心してオンラインストアで手に入れてください。

ただしいずれも人気アイテムなので在庫切れには注意しましょう。

※掲載商品は取材時点のものであり、現在お取り扱いしていない場合があります。

ワークマン公式サイト
おすすめキーワードアウターワークマン2023秋冬

週間ランキング

  1. 1

    【2024年】おすすめ「市販のビタミンCコスメ」ドラッグストアで買える名品5選

  2. 2

    《ワークマン》大バズ決定の神ママバッグ!「凄い良い!」高機能に驚きの声続出です~

  3. 3

    昨年は即完売…!今のうちに手に入れたいGU春のシアーブーツ

  4. 4

    790円…今買わない理由が見つからない!タートルネックヒートテックって!?

  5. 5

    今さら聞けない!?デリケートゾーンのケアが必要な理由と適切な方法