ホンマでっか重太先生直伝!浴衣姿のモテ仕草♡

35周年記念になる貝印Pretty(プリティー)では、“夏のワンポイントモテ講座”を開催♪

ホンマでっかTVなどメディアでも活躍されている、印象行動学者の重太みゆき先生に、これから着る機会も増える浴衣姿でのモテ仕草を学んできましたよ。

立ち姿


普段着なれてい浴衣は、いつも通りに過ごしていると「せっかくの浴衣姿が台無しに!」なんてこともあります…。

特に下駄は履きなれていないとすぐ疲れてしまい、さらに足を開いてしまっていたりと、だらしない印象になってしまいがち。

重太先生曰く、そんな時は足をクロスして彼にもたれかかることがオススメなんだそう。

やり方とポイントは、

①彼と反対側の足を彼の方にクロスさせる。

②次にクロスした足に体重をかけ、身体を彼にゆだねる。

そうすることで、彼との距離もぐっと近くなり自然な形で彼と接近することもで出来るとのことです♡

しゃがむ時のポイント


浴衣を着てのお出かけでは、花火・夏祭りなどしゃがむシーンも多くあります。

そんな時のポイントは、

①まず彼にさりげなく先に座ってもらう。

②彼の肩に手をかけて、彼に膝を向けてしゃがむ。

③立ち上がるときは、まず先に彼に立ってもらう。

④『足がしびれちゃった』などと言って手を握って立ち上がる
のがポイントだそう。

スマートに、そしてさり気なく接近もできますね!

手を握ることで親密度もグッとアップします♡

モテ仕草の共通ポイント


そのほかにも、扇子をあおぐときは腕をクロスすると彼と接近できるとのこと。

重太先生の伝授するモテ仕草の大事な共通ポイントは、細かい部分まで抜かりなく意識することとのことですよ。

まとめ

浴衣は着る機会が少ない分、疲れたり着くずれしてしまったりと、気づかないうちにだらしない印象になってしまうことも。

浴衣は普段より大人っぽくみせたり、色っぽくみせたりすることの出来るチャンスでもあります。

せっかくの浴衣姿が台無しになってしまわないように、いつもより少し細かい部分に意識して彼とのデートを楽しんでみてはいかがでしょうか♡