”秋の塗りかけネイル”手抜きが逆におしゃれなデザイン7つ

まだまだ暑い日が続いていますが、そろそろ秋を先どったおしゃれを楽しみませんか?

ネイルならすぐにでも秋モードにシフトできますよ!

今回は、手抜きなのにおしゃれに見える秋の”塗りかけネイル”をご紹介します。

塗りかけネイルとは

ゆうさん(@yu_913_m)がシェアした投稿


塗りかけネイルとは、まるで塗りかけのように筆でサッと塗っただけのネイルデザインのことです。

塗りかけでも、2色以上のカラーを使うとおしゃれに見えます。

手先が不器用な方や凝ったネイルアートができない方でも簡単にできるので、セルフネイル派にはうれしいデザインです。

塗りかけネイルのやり方

yoccie*さん(@yoccie6)がシェアした投稿


  • 2色以上のカラーマニキュアを用意します。

  • ベースコートを塗ったら、爪の中央から爪先に向かってシュッと縦長に塗りましょう。

  • 隙間を作らず、すぐ隣に別のカラーを塗ります。

縦にサッと塗るのが基本のやり方ですが、水玉のような模様にしてもOKです。

秋の塗りかけネイル

塗りかけネイルは使う色によって季節感を演出できます。夏はシア―カラーがぴったりでしたが、秋はくすみカラーがおすすめです。

同じトーンのくすみカラーを2色以上使って、秋ネイルを完成させましょう。

my3さん(@mmm_nail333)がシェアした投稿


爪先半分にだけ2色以上のネイルを塗ると、透明感のある塗りかけネイルになります。

ミナミさん(@drums373)がシェアした投稿


秋らしい色と言えば、ボルドーやゴールド。女性らしく華やかな指先になります。


くすみレッド、ブルー、グレーで作るトリコロールカラーの秋ネイルです。斜めに塗ると動きが出ておしゃれです。

saki kishino⋆さん(@nico_nail08)がシェアした投稿


グレー、レッド、オレンジをランダムに塗った塗りかけネイルです。

tamたむ🌀さん(@tam_dayo)がシェアした投稿


マニキュアを点のように塗り、ブロックのように仕上げた個性的なネイル。
塗りかけネイルは初心者でも簡単にできるネイルで、アートな模様になるので秋におすすめです。

シックなカラーを選んで、季節を先取りしたネイルを楽しみましょう。