”ながら体幹運動”「バランスボーイ」試してみた!

ヘルスケアブランドTHRIVEの人気フィットネス機器バランスボーイにミニサイズが登場しました。

自宅で手軽に体幹運動がきるフィットネス機器バランスボーイmini

手軽に「ながら運動」が出来るバランスボーイのミニとあり、手軽さもアップ♪

気になる特徴をまとめました。

バランスボーイ


「バランスボーイ」は、「立ったまま」「座ったまま」「寝たまま」とどんな状態でも簡単にエクササイズできるフィットネス機器です。

音楽を聴きながら・テレビをみながらといった、いつでも、どこでも『ながら運動』しながらでも使えるのが特長です。

ポーズによって負荷を変えることが出来るので、鍛えたい箇所をエクササイズすることが可能!

手や足を床に付くことのできる高さなので、転倒の危険が少なく安全に使用できるところもいいですね。

また、連続[速・遅]、自動の3種類のモードから自分のレベルに合わせてエクササイズができます。

初心者なので心配という方や、普段から運動してるので強度が物足りない事は無い?といった心配もなく使えそうですね。

バランスボーイmini


バランスボーイminiは発売当初から人気だったバランスボーイのコンパクト版です。

ミニサイズになったことで「椅子に座っての使用」が可能になりました。

直径約50cmから約37.5cmにまでコンパクトに。

スイッチ部分は「オン/オフ」ボタンとモード選択[ 連続 速/遅・自動] の2つのボタンになり、操作がより簡単になっています。

コンパクトになることで使わない時もかさ張りにくく、より「ながら運動」がしやすくなりました!

床に置いた姿勢でのバランスボーイminiの使い方


座った姿勢で

床にバランスボーイを置いた状態でエクササイズ♪

座って行う場合は足や手が付きやすく、初めての方でも比較的取り入れやすくなっています。


バランスボーイminiの上にあぐらをかいて座るだけでも体幹にアプローチ出来ますよ♪

さらに、手や足を伸ばしながら座ることで腹筋など体幹部分は勿論、太ももなどにも効いてきます。

バランスボーイの上に立ってみる


腕を広げ、ひざをゆっくり曲げていきます。

不安定になるので、体勢を保とうと体幹が鍛えられますし、普通に立っている時より太ももに負荷がかかるので引き締めや筋力アップに繋がりますよ。


両手を伸ばしながら膝を曲げるのは難しい、といった場合は手を頭の後ろで組み行うやり方もあります♪

腕立て伏せ


腕立て伏せの姿勢で行うトレーニングもあります。

肩周りは勿論、腹筋や太もも、上腕や大胸筋などあらゆる部分にアプローチすることができます。

しかし難易度は上がるので、様子を見ながら行う方が良いですね。


その他にも、うつ伏せや仰向けの状態で使う方法もあるので是非試してみて下さいね♪


椅子に置いた姿勢でのバランスボーイminiの使い方


バランスボーイminiの特徴でもある椅子の上に置いた状態で行う使い方をご紹介します。

椅子に座った姿勢での運動


椅子に置いたバランスボーイminiの上に座ります。

両手を広げ、膝をのばしたままゆっくり上にあげていきます。

腹筋を中心に、お腹周りや太ももにアプローチすることが出来ますよ。


さらに、膝を曲げることで膝を伸ばした状態よりもお腹周りや太ももに負荷をかけることも可能に♪

トレーニングになれてきたかな?と感じた方は是非お試しください。


腹筋の姿勢で運動


やはり難易度はあがりますが、腹筋の姿勢での運動は肩周りやお腹周り、上腕に効果が期待されます。

慣れないうちや、自信がない方は少しずつスタートしてくださいね。

商品詳細

商品名:バランスボーイmini

カラー:全2色・LV(ラベンダー) OR(オレンジ)

サイズ:
幅 約37.5cm
奥行き 約37.5cm
高さ 18.5cm

重さ:3.7㎏

価格:¥29800円(税別)

公式サイト:https://daito-thrive.co.jp/


ミニサイズになってよりながら運動もしやすくなったバランスボーイmini。

テレビを見ながらや音楽を聴きながらなど、日常生活に取り入れやすいので続けやすいですね!

気になるな、という方は是非一度チェックしてみてくださいね。