こっそり女子トーク…バストトップのムダ毛はどうやって処理するべき?!

女同士でも親しい人にしか聞けないバストトップ・乳首のムダ毛に関するお話。

みんなはどうやって処理しているのでしょうか。また、どうやって処理するべきなのでしょうか?!

バストトップのムダ毛処理はどう処理するべき?!

shutterstock_109378883

男性には見られたくないムダ毛の中でも1位2位を争うパーツのバストトップ。現に、男性の中には「乳首に毛が生えていたら100年の恋も冷めるかも…」という人も少なくないようです。
デイリーに出来るセルフケア方法としては、抜く剃る除毛クリームを使うの3つが代表的ですよね。

それでは、それぞれの処理方法についてメリットとデメリットを見てみましょう。

抜く

shutterstock_529351978

いつも決まった毛穴から太い毛が数本生えてくる、という人なら毛抜きで抜くのが手っ取り早いかもしれません。

中には、「お風呂で気が付くので、ちょうど毛穴が開いているからその場で指で抜く」というツワモノもいます。いずれにしても、気を付けたいのは埋没毛といって、毛穴の突然変異で毛が表皮から出てこられなくなる状態になってしまうこと。

乳首周りの産毛を全て抜くというのは、痛みや処理のしにくさもデメリットですね。

剃る

shutterstock_257234470

剃る時に使うものとして、「カミソリ」と「電気シェーバー」があります。

バストトップの周りの産毛もまとめていっきに処理できるのは嬉しいですが、バストトップの表面はとてもデリケートです。肌への負担を考えればカミソリよりも電気シェーバーの方が負担は軽いと言えます。

すぐに伸びてくるので定期的な処理が必要になるため、摩擦による色素沈着にも注意が必要です。ムダ毛処理と合わせてバストトップの色素沈着予防も行うなどの工夫が必要ですね。

除毛クリームを使う

抜くや剃るに比べると、除毛クリームは処理時の痛みが少ないのが良いところですよね。

しかし、薬剤によって色素沈着を引き起こしたり、バストトップの表面がカサカサになってしまう恐れも。

バストトップのムダ毛処理は慎重に!

shutterstock_559598836(1)

セルフケアでは何かと注意点も多いバストトップのムダ毛処理。
脱毛サロンで「乳首周り」というパーツもあり、実際に脱毛済の女性も多くいますので、お金の都合と決心が付いたら、一度検討してみるのもいいかもしれませんね。