「まるで美容クリーム並みにツヤ爆誕!冬こそ使いたい100%ヴィーガンの日焼け止め」ドイツ在住美容家 熊谷真理の週刊コラムvol7


この週刊コラムではドイツ在住美容家の熊谷真理さんの活動を投稿していきますのでご覧ください。

ドイツ・ミュンヘン在住トータル美容家の熊谷真理です。

みなさんは1年を通して紫外線対策をしていますか?

冬は紫外線量が少ないから日焼け止めは不要と思い込んでいませんか?

地表に届く紫外線にはUVAとUVBがあり、目に見えるサンバーンを起こすのはUVB。いわゆる夏の風物詩ですね。一方でUVAは冬でも夏の半量以上が降り注がれ、たるみやシワの原因となる紫外線。曇りの日も、室内にいても、UVAは窓ガラスを通過しお肌の真皮に到達するのです。

ベースメイクに入っているSPFでは不十分

日焼け止め適量イメージ画像
出典:cinderella fit

ちなみに、日焼け止めに記載された紫外線防御効果を得るためには、どのくらいの量を塗れば良いかご存知でしょうか?

答えは全顔でパール2個分

意外と多いと思った方も多いのではないでしょうか?

化粧下地やファンデーションで紫外線対策をしようとすると厚塗り感が出てしまうため、やはり365日日焼け止めを塗ることが大切なのです!

そこで今回ご紹介したいのが、アンネマリー・ボーリンド アンチエイジング DNA Protect 日焼け止めクリーム SPF30 50ml。 アンネマリー・ボーリンドは近年日本に上陸した、ドイツ生まれの老舗オーガニックブランド。

こちらの日焼け止めのスペックは…

オススメUVケア画像
出典:cinderella fit
  • 100%ヴィーガン
  • 遺伝子組み換え植物な
  • 合成着色料フリー
  • パラベンフリー
  • シリコーンフリー
  • 鉱物油フリー
  • サンゴ礁に影響を与えるオキシベンゾン・オクチノキサート不使用
オススメUVケアスペックイメージ画像
出典:cinderella fit

サトウキビ、米、ローズマリー、パンテノール、アラントイン、ビタミンEなどDNA保護有効成分たっぷり配合。肌をしっとり保湿しながらUVケアをしてくれるので、日中も乾燥を感じることなくうるツヤのお肌をキープできるというわけです。

紫外線の防御力はSPF30(UVBの防御力)でPA値(UVAの防御力)はヨーロッパの基準値をクリアしています。PA値は通常日本では+〜++++で表記されますが、ヨーロッパでは円で囲まれたUVAの記載があればOK!

在宅で過ごす時はスキンケア後、こちらの日焼け止め1本で心地よく過ごせますし、ファンデーションの下地としてもとても優秀です◎伸びがとっても良く、肌ストレスも感じません。

私は日頃からファンデーションは使わないため、外出時はこの日焼け止めを全顔にたっぷり塗った後、目周りのみコンシーラーで肌色補正をして出かけることも。

冬場は乾燥が気になるので、植物由来の保湿成分がたっぷり配合されているのは嬉しい限り。

肌負担のない日焼け止めでナチュラルなツヤ肌を目指してみませんか?

筆者のプロフィール

筆者本人画像
出典:cinderella fit

ドイツ・ミュンヘン在住メイク・スキンケア講師/エステティシャン/美容ライター 熊谷真理

  • 1987 年栃木県宇都宮市生まれ。 2009 年青山学院大学卒
  • ニューヨーク州認定エステシャン
  • 第6回コスメコンシェルジュ金賞受賞
  • ミスグローバルアース 2021・2022スキンケア講師
  • 2023年5月~ドイツの現地サロンでエステティシャンデビュー
  • SNS総フォロワー10万人超

ベストセラー獲得スキンケア本

Amazon.co.jp: 世界四大ミスコンスキンケア講師が教える!人生最大の肌荒れからノーファンデ美肌を手に入れた8つの美容習慣

この記事を書いた人

カンパニーロゴ画像
出典:cinderella fit

Cinderella Fit 編集部

「美容従事者すべてにリスペクトを」頑張る女性にスポットを当て、人と人を繋いで行きます。

美容メディア CINDERELLA FIT
運営会社 Beauty&Technologies

おすすめキーワード化粧下地連載UVケア

週間ランキング

  1. 1

    【2024年】おすすめ「市販のビタミンCコスメ」ドラッグストアで買える名品5選

  2. 2

    《ワークマン》大バズ決定の神ママバッグ!「凄い良い!」高機能に驚きの声続出です~

  3. 3

    昨年は即完売…!今のうちに手に入れたいGU春のシアーブーツ

  4. 4

    790円…今買わない理由が見つからない!タートルネックヒートテックって!?

  5. 5

    今さら聞けない!?デリケートゾーンのケアが必要な理由と適切な方法