花粉の季節に肌荒れする人必見!すぐに始められる肌ケア術|薬剤師が解説!

「目のかゆみや鼻水が止まらない……。」

花粉症の症状だけでもつらいのに、肌がかゆくなったり湿疹ができたりと肌荒れに悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

その症状、花粉症皮膚炎かもしれません。

今回は、花粉による肌荒れの原因や症状、すぐに始められる対処法をあんしん漢方薬剤師の山形ゆかりさんに解説いただきます。

なぜ花粉で肌荒れするのか

はてなとカエル
出典:Photo-ac

花粉による肌荒れは、スギやヒノキ、イネ科などの花粉が肌にふれて免疫が異常反応を起こすことが原因です。

免疫の異常反応により、かゆみのような炎症が生じます。

肌が乾燥していたり、アトピー性皮膚炎になっていたりする場合には、花粉による肌荒れの症状が悪化しやすいことが知られています。

よく起きる症状

目を隠す女性
出典:Unsplash

花粉症による主な症状は、目のかゆみや異物感、頭重感や頭痛、倦怠感、集中力の低下などが知られています。

花粉症による肌荒れは、主にかゆみやヒリヒリした痛み、湿疹などの症状があらわれます。

とくに、皮膚が外気に触れている顔や首、うなじなど直接花粉がつきやすい部分に肌荒れの症状が出やすいため、注意が必要です。

今すぐできる簡単対処法

メイクアップ
出典:Unsplash

すぐに始められる、花粉による肌荒れの対処法を3つ紹介します。

皮膚のバリア機能を上げる

保湿や室内の湿度管理によって、肌を乾燥させないことが重要です。

乾燥は肌のバリア機能を低下させ、肌荒れを起こしやすくします。

肌のバリア機能は、外からの異物の侵入や攻撃から肌を守り、さらに体内から水分が蒸散するのを防ぐ役割を持っています。

しかし、花粉による免疫の異常反応によって、目を強くこすったり何度も鼻をかんだり、かゆいところをかきむしってしまうことで、肌のバリア機能を低下させてしまうのです。

肌のバリア機能が低下した場所に花粉が触れると、花粉の刺激を強く受けてしまいさらに肌荒れが進むという悪循環に陥ってしまいます。

いつも以上に入念なスキンケアや、加湿器を利用した湿度管理など、肌を乾燥させないことが重要です。

物理的に肌を守る

花粉による肌荒れ対策には、直接花粉が肌につかないよう物理的に肌を覆うことが重要です。

具体的には、ベースメイクや日焼け止めで肌への花粉の付着を防ぐことができます。

肌や髪に花粉をつきにくくするスプレーもあり、外出前に使用することで肌を守ることができます。

イネ科の花粉の場合、長い年では1年の内5か月近く飛んでいることもあるため、普段の生活で花粉を防ぐ手段を取り入れることが大切です。

メイクをする顔だけでなく、首やうなじにも忘れずに日焼け止めやスプレーなどを使用しましょう。

帰宅後はすぐに花粉を取る

外出から帰宅した後のからだには花粉やほこりなどが付着しています。

そのため、帰宅後にはすぐに顔を洗って花粉やほこりなどの汚れを落とすことが重要です。

しっかり泡立てて、やさしく洗いましょう。

ゴシゴシこすってしまうと、かえって肌に刺激を与えてしまうため注意しなければいけません。

また、顔を洗う手に花粉が付着していたら意味がないため、最初にしっかり手を洗うのがポイントです。

時間帯によっては、帰宅後そのままお風呂に入ってもいいでしょう。

手洗いやうがいとあわせて、洗顔も帰宅後のルーティーンに加えてみてください。

洗顔後の保湿までセットで行うことがおすすめです。

花粉による肌荒れには漢方薬もおすすめ

ハーブティー
出典:Unsplash

花粉による肌荒れ対策には、漢方薬の使用もおすすめです。

肌荒れは、皮膚の乾燥やバリア機能の低下が原因のひとつと考えられています。

そのため、花粉による肌荒れ対策には、
「血流を良くして肌に栄養とうるおいを与える」
「炎症を鎮めてかゆみを抑える」などの作用を持つ漢方薬を選び、根本からの改善を目指します。
漢方薬は、飲むだけでいいので忙しい人にもおすすめです。

花粉による肌荒れ対策におすすめの漢方薬を紹介します。

<花粉による肌荒れ対策におすすめの漢方薬>

当帰飲子(とうきいんし)

血流をよくして肌に栄養とうるおいを与えます。
皮膚の乾燥によるかゆみがある人におすすめです。

黄連解毒湯(おうれんげどくとう)

からだにこもった熱を冷ます働きがあります。
皮膚の炎症やかゆみがある人におすすめです。


漢方薬は、自分に合ったものを選ばないと十分な効果を発揮できないだけでなく、副作用が起きる可能性もあります。

漢方薬を選ぶ際には、自己判断せず専門家に相談しましょう。

「あんしん漢方」は、漢方に精通した薬剤師にスマホで手軽に個別相談でき、自分に合った漢方薬を選んでもらえます。

自宅まで郵送してくれるので、忙しい人でも使いやすいサービスです。

花粉に負けずきれいな肌を保つ

花粉による症状は、目のかゆみやに鼻水、頭痛などだけではなく、肌荒れを引き起こすこともあります。

花粉による肌荒れを防ぐためには、肌に直接花粉を付着させず、皮膚の乾燥を防ぐことが重要です。

今回紹介した保湿やベースメイクや日焼け止めの使用、丁寧な洗顔は、花粉の影響に関わらず肌をきれいに保つために必要なポイントです。

これらの対処法を取り入れて肌をケアし、明るい毎日を過ごしましょう!

<この記事を書いた人>

あんしん漢方薬剤師
山形 ゆかり

薬剤師・薬膳アドバイザー・フードコーディネーター。
病院薬剤師として在勤中、食養生の大切さに気付き薬膳の道へ入り、牛角・吉野家他薬膳レストラン等15社以上のメニュー開発にも携わる。
「健康は食から」をモットーに健康・美容情報を発信するMedical Health -メディヘルス-Youtubeチャンネルで簡単薬膳レシピ動画を公開するなど精力的に活動している。
症状・体質に合ったパーソナルな漢方をスマホ一つで相談、症状緩和と根本改善を目指すオンラインAI漢方「あんしん漢方」でも薬剤師としてサポートを行う。
おすすめキーワード肌荒れ漢方スキンケア

投稿者プロフィール

あんしん漢方メンバー

■あんしん漢方
https://www.kamposupport.com/anshin1.0/lp/?tag=21133zc3beau0099

不調改善スペシャリスト/医師・薬剤師  

西洋薬と漢方に精通した医師や薬剤師のプロフェッショナル集団です。AIを活用した研究と各種メディアでの不調改善方法を発信しています。実践として「効く漢方薬」を、スマホ一つで、お手頃価格で入手できるオンライン相談サービス「あんしん漢方」を運営しています。

週間ランキング

  1. 1

    【2024年】おすすめ「市販のビタミンCコスメ」ドラッグストアで買える名品5選

  2. 2

    これはかなりお得、、、!人気スタイリスト安西こずえさんプロデュースの付録が話題だよ~♪

  3. 3

    昨年は即完売…!今のうちに手に入れたいGU春のシアーブーツ

  4. 4

    790円…今買わない理由が見つからない!タートルネックヒートテックって!?

  5. 5

    今さら聞けない!?デリケートゾーンのケアが必要な理由と適切な方法