【薬剤師監修】冬なのにニキビが……原因と効果的な対策方法を紹介

冬場は乾燥によるニキビに悩まされる季節。

「夏場のオイリー肌にニキビができやすいのはわかるけど、なぜ冬に?」と考える人も多いのではないでしょうか。

今回は、乾燥による冬ニキビの特徴や対策方法を紹介します。

「今年こそは冬ニキビを防ぎたい!」と考えている場合は、ぜひご覧ください。

冬にできるニキビは乾燥のせい?

疑問
出典:Pixabay

冬にニキビができやすくなる理由は、肌が乾燥して角質層のバリア機能が低下するからです。

バリア機能とは、皮膚の表面を覆う角質層が果たす役割のひとつで、肌の乾燥や紫外線による刺激、雑菌の侵入を防ぎます。

バリア機能が低下すると、皮膚が炎症を起こして、毛穴の出口付近の角質が厚くなり詰まりやすくなります。

毛穴が詰まると皮脂の排泄が妨げられるため、ニキビができやすくなるのです。

治りにくい冬ニキビの特徴

マスク
出典:Photo-ac

冬ニキビの特徴は、フェイスラインやあごなどの比較的皮脂腺が少なくて、乾燥しやすい部位にできやすいことです。

さらに、冬はマスクを着用する機会が増えるため、ニキビが治りにくくなるケースもみられます。

マスクと肌との摩擦による刺激で、角質が厚くなり、毛穴が詰まりやすくなるのです。

毛穴の詰まりで皮脂がたまりやすくなり、ニキビができやすい肌状態になります。

冬ニキビへの対策方法

クリーム
出典:Photo-ac

冬ニキビを防ぐためには、正しい洗顔を心がけながら、保湿をすることがおすすめです。

また、比較的日差しの弱い冬場でも、油断せずに紫外線対策を行うようにしましょう。

ニキビを悪化させないためには、病院で塗り薬を処方してもらうことも大切です。

ここでは、冬ニキビへの対策方法について解説します。

正しい洗顔を心がける

冬ニキビを防ぐ場合は、朝と夕方の1日2回の洗顔を目安にしてください。

肌に刺激を与えないためにも、洗顔料をしっかりと泡立てて、泡で優しく洗うことがポイントです。

ゴシゴシと肌をこすると、皮膚に刺激を与えることになり、ニキビが悪化する可能性があるため注意しましょう。

保湿をする

化粧水や乳液を使ったスキンケアで保湿を十分に行い、冬場の乾燥によるニキビを防ぎましょう。

また、冬場は室内の空気も乾燥しがちなので、加湿器やアロマデュフューザーなどを使って、室内の湿度を適度に保つのも有効です。

紫外線対策を徹底する

日焼け止めを塗ったり、日傘や帽子などを利用したりして日光からの紫外線を防ぎましょう。

紫外線はバリア機能にダメージを与えるため、ニキビが悪化する要因です。

夏場だけではなく、すべての季節で紫外線対策をすることをおすすめします。

塗り薬を使用する

ニキビに対しては「皮脂の分泌を抑える」「アクネ菌の繁殖を抑える抗生物質」「抗炎症」の効果がある薬が使用されます。

ニキビが悪化した状態を放置すると、ニキビ跡やしみが残る原因となります。

なかなかニキビが治らない場合は、医療機関に相談して適切な治療薬を処方してもらうことをおすすめです。

ニキビ対策には漢方薬もおすすめ

漢方薬
出典:Unsplash

冬ニキビに対策する場合は、日ごろから肌に刺激を与えない洗顔や保湿、紫外線対策を心がけながら、漢方薬を併用するのもおすすめです。

漢方薬のなかには、ニキビに対する効果が認められ、皮膚科で処方されているものもあります。

東洋医学では、たまった熱が原因でニキビができやすくなるともいわれています。

そのため、ニキビ対策にはからだの熱を発散させるような漢方薬がおすすめです。

<ニキビ対策におすすめの漢方薬>

桂枝茯苓丸料加薏苡仁(けいしぶくりょうがんかよくいにん)

ニキビをくり返しやすい人に向いています。
血の巡りをよくして、肌に栄養をいきわたらせるとともに、水分代謝を整え、ニキビやしみ、肌荒れなどを改善します。

十味敗毒湯(じゅうみはいどくとう)

比較的体力がある人に用いられます。
たまった熱を発散させることで、皮膚の膿や炎症を鎮め、ニキビ、湿疹、蕁麻疹などに働きかけます。

当帰飲子(とうきいんし)

肌に栄養とうるおいを与え、肌の乾燥を緩和するだけでなく、かゆみや湿疹にも働きかけます。
冷え症が気になる人にも向いています。

<漢方薬を選ぶ際の重要なポイント>

漢方薬は、自分に合ったものを飲まなければ十分な効果を発揮できないだけでなく、場合によっては副作用が生じることもあります。

自分に合った漢方薬を見極めるためには、漢方に精通した薬剤師に相談することをおすすめします。

手軽に薬剤師に相談したい場合は、オンライン相談を利用してみてはいかがでしょうか。

お手頃価格で自宅まで郵送してくれる「あんしん漢方」などのオンライン漢方サービスに、一度相談してみるのもいいでしょう。

漢方に詳しい薬剤師がAIを活用し、個人に効く漢方薬を見極めてくれます。

体質診断から漢方薬の購入までスマホ1台ですべて完結でき、家にいながら専門的なサービスを受けられます。

漢方医師による定期的な経過観察もあるので、効き目を見ながら処方薬の変更も行えます。

●あんしん漢方:https://www.kamposupport.com/anshin1.0/lp/?tag=21243ze0kire0061

日常的な心がけで乾燥による冬ニキビを予防しよう

乾燥で肌が炎症を起こすと、皮膚の毛穴が詰まりやすくなり、冬ニキビができやすくなります。

日ごろから、肌に刺激を与えないような優しい洗顔を心がけ、保湿や紫外線対策を徹底することが大切です。

日常的な心がけを大切にして、冬のニキビを防いでキレイな肌を保ちましょう!

<この記事を書いた人>

あんしん漢方薬剤師
山形 ゆかり

薬剤師・薬膳アドバイザー・フードコーディネーター。病院薬剤師として在勤中、食養生の大切さに気付き薬膳の道へ入り、牛角・吉野家他薬膳レストラン等15社以上のメニュー開発にも携わる。
「健康は食から」をモットーに健康・美容情報を発信するMedical Health -メディヘルス-Youtubeチャンネルで簡単薬膳レシピ動画を公開するなど精力的に活動している。
症状・体質に合ったパーソナルな漢方をスマホ一つで相談、症状緩和と根本改善を目指すオンラインAI漢方「あんしん漢方」でも薬剤師としてサポートを行う。
おすすめキーワードニキビ漢方

投稿者プロフィール

あんしん漢方メンバー

■あんしん漢方
https://www.kamposupport.com/anshin1.0/lp/?tag=21133zc3beau0099

不調改善スペシャリスト/医師・薬剤師  

西洋薬と漢方に精通した医師や薬剤師のプロフェッショナル集団です。AIを活用した研究と各種メディアでの不調改善方法を発信しています。実践として「効く漢方薬」を、スマホ一つで、お手頃価格で入手できるオンライン相談サービス「あんしん漢方」を運営しています。

週間ランキング

  1. 1

    【2024年】おすすめ「市販のビタミンCコスメ」ドラッグストアで買える名品5選

  2. 2

    《ワークマン》大バズ決定の神ママバッグ!「凄い良い!」高機能に驚きの声続出です~

  3. 3

    昨年は即完売…!今のうちに手に入れたいGU春のシアーブーツ

  4. 4

    790円…今買わない理由が見つからない!タートルネックヒートテックって!?

  5. 5

    今さら聞けない!?デリケートゾーンのケアが必要な理由と適切な方法