「胃に優しい食べ物とは?」胃もたれの原因と胃の不快感を解消する方法。

普段から胃もたれすることが多い方は、食後の不調が気になって、食事を十分に楽しめないのでつらいですよね。

胃もたれ原因はいくつかありますが、食事や生活習慣を見直すと改善される可能性が高いです。

今回は、胃もたれの原因や解消するための食事、生活習慣、おすすめの漢方薬をご紹介します。

胃もたれの原因は?

胃もたれとは、胃が重いなどの不快感を感じる状態のことを指します。

吐き気や胸焼けを伴うこともあります。

以下では、胃もたれの原因を4つご紹介します。

食べすぎ

食べすぎ
出典:shutterstock

食べすぎると消化に時間がかかるため、食べ物が長い時間胃の中にとどまる状態になります。

よって、胃の負担が増え、もたれやすくなるのです。

飲みすぎ

飲みすぎ
出典:shutterstock

アルコールが分解されたときに発生するアセトアルデヒドは、胃もたれや二日酔いの原因にもなります。

また、お酒の飲みすぎは水分や血液の循環に影響を与え、胃粘膜の働きを低下させるので、胃もたれを引き起こしやすくなります。

加齢

胃もたれ
出典:shutterstock

加齢により、胃の中で食べ物と胃酸を混ぜて小腸に運ぶ「ぜん動運動」が衰えたり、胃酸から胃を守る胃粘膜が弱くなったりすると、普段の食事でも胃もたれが起こりやすくなります

ストレス

ストレスを感じる女
出典:shutterstock

胃のぜん動運動は、自律神経の働きによって行われています。

ストレスで自律神経のバランスが乱れると、ぜん動運動が弱くなり胃がもたれやすくなります

胃もたれを解消する食事のポイント

胃もたれを解消するには、まずは食事を見直すことが大切です。

胃もたれを解消する食事のポイントを3つご紹介します。

避けるべき食材・食品

揚げ物
出典:shutterstock

胃もたれしているときは、消化に時間がかかる揚げ物や洋菓子などの油っこい食品や、胃酸の分泌を促す香辛料などの刺激の強い食材は避けましょう

これらの食品は胃の負担を増やし、胃もたれを長引かせてしまいます。

また、便秘には効果的なきのこや大根などの食物繊維も、胃もたれのときは消化を妨げてしまうこともあるので、おすすめできません。

積極的に摂りたい食材

豆腐
出典:shutterstock

胃の負担が少なく消化しやすい食材を摂ることは、胃もたれの早期解消に役立ちます。

おすすめは、豆腐や納豆などの大豆製品です。

大豆製品は消化にいいだけでなく、たんぱく質やビタミン、ミネラルなどの栄養素も摂れる食材です。

ヘルシーで人気のある豆腐メニューは、コンビニでも手軽に手に入るでしょう。

食事の時間帯を見直す

睡眠
出典:shutterstock

朝起きたときに胃もたれを感じるのは、夜遅くにとった食事が胃の中に残っていることが原因です。

胃もたれを解消するには、早めに夕食を済ませ、胃を休ませる時間を作りましょう

胃の働きをよくする生活習慣のコツ

胃
出典:shutterstock

次に、胃もたれを防ぐ生活習慣のコツを3つご紹介します。

ストレスをためない

ストレスは自律神経を乱し、胃の働きを低下させる原因になります。

胃もたれを防ぐには、自分に合った方法でストレスを解消して、胃の働きを低下させないようにしましょう

生活リズムを見直す

生活リズムを見直し、自律神経を整えると、ぜん動運動や胃粘膜の働きが正常化されやすくなります。

十分な睡眠時間の確保や決まった時間の食事など、規則正しい生活を目指しましょう

漢方薬を飲む

漢方
出典:shutterstock

胃もたれには、漢方薬を活用するのもおすすめです。

胃もたれの原因として、「食べすぎや飲みすぎ」「消化不良により食べ物が胃に長くとどまっている」「加齢による胃の機能低下」「ストレスや冷えによる胃腸の働きの低下」などが考えられます。

胃もたれ対策には、「胃腸の消化機能を回復させる」「胃の粘膜の荒れや働きを改善する」「自律神経のバランスを整えて、ストレスが原因の胃もたれを軽減する」「からだを温め、胃腸の働きを改善する」などの働きを持つ漢方薬を選びましょう。

また漢方薬は、西洋薬のような対症療法ではなく、心とからだのバランスを整えることを目的としています。

漢方薬なら、胃もたれを根本から改善し、胃もたれしにくい体質を目指すことが可能です。

<胃もたれにお悩みの方におすすめの漢方薬>

六君子湯(りっくんしとう)

胃腸の働きをよくして、胃の不快感に働きかけます。

胃腸が弱く、疲れやすい人におすすめです。

半夏瀉心湯(はんげしゃしんとう)

胃を温めて働きを高めることで、消化不良などに用いられます。

みぞおちがつかえて吐き気や胸焼けなどを伴う人におすすめです。

<漢方薬を選ぶ際の重要なポイント>

漢方薬は、自分の体質に合ったものを選ぶことが重要です。

自分の体質や症状に合っていなければ、効果を感じられないだけでなく、場合によっては副作用が起こることもあります。

どの漢方薬が自分に合っているのかを見極めるには、漢方に精通した薬剤師の力を借りましょう。

気軽に自分に合う漢方薬が知りたいなら、「あんしん漢方」のようなオンラインで漢方相談ができるサービスがおすすめです。

漢方に詳しい薬剤師がAIを活用し、個人に効く漢方薬を見極めてくれ、お手頃価格で自宅まで郵送してくれます。

体質診断から漢方薬の購入までスマホ1台ですべて完結でき、家にいながら専門的なサービスを受けられます。

漢方医師による定期的な経過観察もあるので、効き目を見ながら処方薬の変更も行えます。

●あんしん漢方:https://www.kamposupport.com/anshin1.0/lp/?tag=21243ze0kire0061

食生活を見直して胃もたれを解消しよう

胃もたれの改善には、生活習慣や食事の見直しが大切です。

また、専門家に相談して漢方薬で胃腸の調子を整え、胃もたれしにくい体質を目指すのもいいでしょう。

胃もたれを解消して、食事を思う存分楽しみましょう!

<この記事を書いた人>

医薬品登録販売者 円山 真由佳(えんやま まゆか)

約8年間ドラッグストアで医薬品登録販売者として従事。美容薬学・アロマテラピーに関する資格を取得し、インナーケアや女性の不調ケアを得意とする。市販薬の使い分け方を広めるべく2022年から執筆業を開始。

おすすめキーワード購入

投稿者プロフィール

あんしん漢方メンバー

■あんしん漢方
https://www.kamposupport.com/anshin1.0/lp/?tag=21133zc3beau0099

不調改善スペシャリスト/医師・薬剤師  

西洋薬と漢方に精通した医師や薬剤師のプロフェッショナル集団です。AIを活用した研究と各種メディアでの不調改善方法を発信しています。実践として「効く漢方薬」を、スマホ一つで、お手頃価格で入手できるオンライン相談サービス「あんしん漢方」を運営しています。

週間ランキング

  1. 1

    「上半期ガチ売れした新作コスメ、1位は?」@cosmeベスコス2024人気TOP10大発表!!

  2. 2

    【プレゼント企画】「オルビスのデパコス級エイジングケア」ユー or ドットの選び方とは?

  3. 3

    【サラツヤ髪】ドラッグストアのブランド☆ウルリス新発想の新作2WAYヘアミスト

  4. 4

    【KATEリップモンスター】人気色が再販!待望の復刻色ランキングBEST3発表!1位は…?

  5. 5

    値下げ330円~も!しまむら2000円以下で探せる戦利品バッグ7選