「ぐっすり眠れました!」不眠の原因と改善ポイントがあった!

「なかなか寝付けない」「安眠できない」などのつらい不眠症状。

とくに女性は、更年期が近づくにつれて不眠の症状を訴える人が多くなる傾向があります。

そこで今回は、女性不眠原因改善方法について、医師の木村眞樹子先生にお話を伺いました。

1.女性の不眠の原因とは?

不眠の原因
出典:shutterstock


睡眠不足が続いて、日中のだるさや集中力の低下などで困っている人はとても多いです。

とある調査によると、「自分の睡眠に満足している」という人は全体の約1割、残りの人は寝不足や眠りの質について悩んでいるという結果が出ています。

不眠の原因は、ストレス・からだの不調などさまざまですが、実は女性ホルモンが原因で睡眠のリズムが壊れることもあるのです。

生理前になると眠気を感じる人も多いですが、この眠気も女性ホルモンが影響しています。

女性ホルモンと不眠の関係

女性ホルモンには、エストロゲンとプロゲステロンがあります。

排卵後から分泌されるプロゲステロンは眠気をもよおす作用があるため、生理前には眠気を感じやすくなります。

また、更年期の女性に多い不眠症状ですが、原因として、女性ホルモンの分泌量低下が関わっているといわれます。

女性ホルモンが減ることでホルモンバランスが崩れてしまい、不眠や睡眠障害が起こる場合もあるのです。

2.​​女性の不眠を改善する3つのポイント

不眠を改善
出典:shutterstock


不眠が続くと、睡眠のリズムの乱れだけでなく、心やからだの不調につながる可能性があります。

そこで、女性の不眠を改善するための3つのポイントをご紹介します。

2‐1.不安やストレスの要因を取り除く

普段からイライラしやすい人や、考え込みすぎて眠れなくなってしまう人は、その不安やストレスの要因は何なのかを考えてみましょう。

例えば、仕事の悩みや人間関係で悩みがストレスになっている場合、その悩みが改善されれば不眠の症状も改善される可能性があります。

2‐2.生活習慣の見直し

生活習慣は、睡眠と密接な関係があります。

そのため、生活習慣の改善をすると、質のよい睡眠をとることができるようになります。

とくに、夜寝る前の過ごし方は睡眠時間に大きく影響するため、できるだけリラックスして過ごすように心がけましょう。

夜はぬるめのお風呂にゆっくり浸かってゆっくりする、リラックス効果のあるハーブティーを飲むなど、寝る前にのんびりする時間を持つことで不安や緊張が緩んでいきます。

2‐3.スマホやパソコンの使用を見直す

不眠症の人のなかには、スマホやパソコンから発せられるブルーライトが原因で睡眠障害に陥っている人も少なくありません。

「なかなか眠れないから」といって、寝る前に布団の中でスマホやタブレットを見ると、ブルーライトの影響でますます眠れなくなることも……。

安眠のためにも、布団の中にスマホやタブレットを持ち込まないようにしましょう

具体的には、就寝2時間前には画面を見ないようにしましょう。

3.女性の不眠には漢方薬もおすすめ

漢方薬
出典:shutterstock


「なかなか寝付けない」「朝の目覚めが悪い」「熟睡できない」などの不眠の治療には、自然由来の漢方薬がよく用いられます

また不眠と心身の疲れの両方に効果がある漢方薬もあり、そうした漢方薬を用いることでからだの内側から不眠の改善を目指せます。

女性ホルモンの乱れによって、いくつかの不調を抱えている方には、とくに適した薬だといえます。

漢方薬なら自分の症状や体質に合ったものを毎日飲むだけなので、健康法として簡単に続けられるはず!

<不眠の方におすすめの漢方薬>

・酸棗仁湯(さんそうにんとう)
体力が低下している方によく用いられます。疲れているけれど気が張っていて眠りが浅い、寝付けないといった症状を改善します。

・柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)
体力が中等度以上の方に向いています。ストレスにより目が冴えてしまい眠れないときに有効です。

<漢方薬を選ぶ際の重要なポイント>

漢方薬を選ぶ際の重要なポイントは、ご自分の状態や体質に合っているか、という点です。

うまく合っていないと、効果を感じられないだけでなく、場合によっては副作用が生じることもあります。

どの漢方薬が自分に合っているのかを見極めるためには、漢方に精通した薬剤師の力を借りるのがおすすめです。

漢方に詳しい薬剤師がAIを活用し、個人に効く漢方薬を見極め、お手頃価格で自宅まで郵送してくれる「あんしん漢方」などのオンライン漢方サービスに、相談してみるのもいいでしょう。

体質診断から漢方薬の購入までスマホ1台ですべて完結でき、家にいながら専門的なサービスを受けられます。

漢方医師による定期的な経過観察もあるので、効き目を見ながら処方薬の変更も行えます。

●あんしん漢方:https://www.kamposupport.com/anshin1.0/lp/?tag=21243ze0kire0061

4.不眠症対策をして良質な睡眠を

不眠症対策
出典:shutterstock


多くの人が悩んでいる、不眠の原因と改善方法についてご紹介しました。

ぐっすり眠れると、翌朝スッキリ目覚めることができ、1日を元気よく過ごせますよね。

ご紹介した不眠を改善するためのポイントを意識しながら、良質な睡眠を目指しましょう

なお、生活習慣の見直しをしてもなかなか不眠が改善されない場合や、からだや心の不調がある場合は、一度、医療機関を受診してみることをおすすめします。

<この記事を書いた人>

木村先生
出典:beautyまとめ


医師 木村 眞樹子

医学部を卒業後、循環器内科、内科、睡眠科として臨床に従事。
妊娠、出産を経て、産業医としても活動するなかで、病気にならないからだをつくること、予防医学、未病に関心がうまれ、東洋医学の勉強を始める。
臨床の場でも東洋医学を取り入れることで、治療の幅が広がることを感じ、西洋薬のメリットをいかしつつ漢方の処方も行う。
また、医療機関で患者の病気と向き合うだけでなく、医療に関わる人たちに情報を伝えることの重要性を感じ、webメディアで発信も行なっている。
おすすめキーワード漢方睡眠

投稿者プロフィール

あんしん漢方メンバー

■あんしん漢方
https://www.kamposupport.com/anshin1.0/lp/?tag=21133zc3beau0099

不調改善スペシャリスト/医師・薬剤師  

西洋薬と漢方に精通した医師や薬剤師のプロフェッショナル集団です。AIを活用した研究と各種メディアでの不調改善方法を発信しています。実践として「効く漢方薬」を、スマホ一つで、お手頃価格で入手できるオンライン相談サービス「あんしん漢方」を運営しています。

週間ランキング

  1. 1

    【驚きの4,000円以下】年代別エイジングケア(※1)!「オルビスユーシリーズ」を徹底解説&お試しレポ!

  2. 2

    地方移住で大成功|1からつくるパワースポットサロン「IEN・AIMA」代表Amyさんへインタビュー

  3. 3

    【UNIQLO:C】熱視線!新鮮なカラバリ×振り幅広すぎなアイテムが勢ぞろい♪|2024年春夏レポ

  4. 4

    【KATE】またバズるじゃん!リップモンスター新色&即完売しそうな数量限定カラートナー

  5. 5

    【徹底解説】今話題のプレミアム価格帯シャンプーは1000円以下商品と何が違うの?