「秋の咳は花粉症が原因かも! 」症状をラクにするセルフケアがあった!

「風邪かなと思ったけれど、咳の症状しかない」

そんなときは、秋の花粉症が原因かもしれません。

季節の変わり目には風邪をひきやすくなりますが、実は風邪と秋の花粉症症状は見分けづらく、花粉症だと気づいていない人も多いのです。

つらい花粉症が春だけではなく、秋にもあったなんて……と思う人も多いでしょう。

そこで今回は、秋の花粉の種類症状対策について詳しく説明していきます。

秋の花粉症の基礎知識

秋の花粉症
出典:shutterstock

「秋の花粉症」と「春の花粉症」は、どちらも同じ花粉症なのですが、春と秋では花粉の種類が異なることから、症状が変わってきます。

そこで、秋の花粉症の基礎知識について解説していきます。

秋の花粉の種類

春は、スギ花粉に悩まされる人が多くいますが、秋はブタクサ・ヨモギ・カナムグラなどの花粉が飛散しています。

これらの植物は、身近な住宅街やオフィス街にも多く自生しており、知らず知らずのうちに花粉を浴びている可能性があるのです。

ただ、秋の花粉は飛散距離が数十メートル〜数百メートル程度といわれており、春の花粉のように広範囲に飛散するわけではありません。

また、秋の花粉の飛散時期は8月〜10月までといわれており、この時期に「秋の花粉症」が発症しやすくなります。

秋の花粉による症状の特徴

秋の花粉は、春の花粉より粒子が小さいという特徴があります。

粒子の大きい春の花粉は鼻粘膜にくっつきやすくなっていますが、秋の花粉は粒子が細かいため、気管支まで入りやすいのです。

そのため、咳や喉の痛みなどの症状が出やすくなってしまいます。

場合によっては、喘息のような症状が出ることもありますので、きちんと対策をしておきましょう。

秋の花粉症対策 

秋の花粉症は、春のように飛散情報が発表されることはないため、自分でしっかり対策をすることが大切です。

そこで、秋の花粉症対策についてご紹介します。

花粉を浴びないようにする

花粉を浴びないようにする
出典:shutterstock

まず、花粉に近づかないことが大切です。

花粉を浴びないようにするためにも、雑草が生い茂っている場所には近づかないようにしましょう。

また、自宅の庭にブタクサやヨモギが生えていることもありますので、花が咲く前に除草をしておく必要も出てくるでしょう。

マスクをする

マスクをする
出典:shutterstock

マスクをすると、花粉を吸い込む量を減らせます。

外出の際は、しっかりマスクをしましょう。
 

うがいや洗顔をしっかりする

うがい
出典:shutterstock

外出先から帰宅した際は、しっかりうがいをすることが大切です。

喉に入ってしまった花粉を洗い流しましょう。

また、顔に花粉がついている可能性もあるので、洗顔をして花粉を落とすことも大切です。

咳の症状を抑えるツボを押す

ツボ
出典:shutterstock

咳の症状が出たときは、左右の鎖骨を結んだ中央部の窪み「天突(てんとつ)」というツボを押すことで、症状の緩和が期待できます。

秋の花粉症は漢方で内側から対策! 

漢方
出典:shutterstock

「つらい秋の花粉症をなんとかしたい」

「風邪の症状と秋の花粉症が混ざっている感じがしてきつい」

そんな秋の花粉症で悩んでいる人は、漢方薬を飲むこともおすすめです。

春の花粉症だけでなく、秋の花粉症のさまざまな症状にも効果が認められている漢方薬はいくつもあります。

花粉症は、花粉と体内のIgE抗体が結合し、神経や血管を刺激することで生じます。

また、胃腸機能の低下や水分代謝の乱れ、冷えや季節の変動による免疫機能の低下も原因と考えられます。

花粉症改善には、鼻水やくしゃみなどの症状を抑える作用に加え、根本から改善するために「からだを温める」「水分の循環をよくする」「炎症を和らげる」「消化・吸収機能をよくして抵抗力を高める」作用がある漢方薬を選びます。

漢方薬はからだのバランスを整えながら、自然治癒力を高めていくことで、心とからだを健康へと導いてくれます。

今起きている不調を抑えながら、根本的に体質を改善することが目的ですので、つらい花粉症の症状で悩む方にも適しているでしょう。

日々の生活が忙しく、規則正しい食生活や、生活習慣の改善をして健康を維持するのはとても大変です。

しかし、漢方薬なら自分の体質や症状に合ったものを毎日飲むだけなので、とても続けやすいといえます。

〈花粉症におすすめの漢方薬〉

小青竜湯(しょうせいりゅうとう) 

咳やくしゃみがとまらず、花粉症で悩んでいる方に。

体内に滞った「水」の流れを促しながら、たんを伴う咳やくしゃみ、鼻水の症状を改善してくれます。

葛根湯加川芎辛夷(かっこんとうかせんきゅうしんい)

体内に溜まった余分な水分を排出し、鼻の通りをよくして、鼻の不快感を改善してくれます。

苓甘姜味辛夏仁湯(りょうかんきょうみしんげにんとう)

半夏と杏仁、五味子と細辛が咳やたんを抑えて、アレルギー症状を和らげてくれます。

冷えがあり、体力がない人の気管支炎や気管支喘息に用いられ、花粉症に応用されます。

〈漢方薬を選ぶ際の重要なポイント〉

漢方薬を選ぶ際の重要なポイントは、自分の状態や体質に合っているか、という点です。

うまく合っていないと、効果を感じられないだけでなく、場合によっては副作用が生じることもあります。

どの漢方薬が自分に合っているのかを見極めるためには、漢方に精通した薬剤師の力を借りるのがおすすめです。

漢方に詳しい薬剤師がAIを活用し、個人に効く漢方薬を見極めてくれ、お手頃価格で自宅まで郵送してくれる「あんしん漢方」などのオンライン漢方サービスに、一度相談してみるのもいいでしょう。

●あんしん漢方:https://www.kamposupport.com/anshin1.0/lp/?tag=21133zc3beau0090

秋の花粉症対策をしっかりしよう

秋の花粉症は春と同様に、きちんと対策をしておくことで体調を整えることが可能です。

秋の花粉の種類をおさえて対策をし、秋の花粉症に負けないからだづくりを心がけましょう。

アレルギー体質の改善をめざしたい人は、漢方薬もおすすめです。

専門家に相談しながら、上手に漢方薬を取り入れてみてください。

〈この記事を書いた人〉

あんしん漢方(オンラインAI漢方)薬剤師 竹田由子

元漢方・生薬認定薬剤師。大学院で臨床薬学を専攻、日米で病院研修を受ける。病院薬剤師として10年間入院患者を担当しながら、化学療法・医薬品情報担当としても活動する。
患者さんから「本音を話しやすい」と言われ関わるうちに、日常のセルフケアの大切さを痛感。転居後は薬局に勤務する傍ら、ライターとしても活動する。病院時代の上司が漢方好きで、漢方の凄さを体感し魅了され「日常の不調はまず漢方」と生活している。
現在は、漢方のプロがAIを活用して自分に適した漢方薬を選びお手頃価格で自宅に郵送してくれる「あんしん漢方」でも情報発信をしている。
●あんしん漢方(オンラインAI漢方):https://www.kamposupport.com/anshin1.0/lp/?tag=21133zc3beau0090

おすすめキーワード広告花粉購入

投稿者プロフィール

あんしん漢方メンバー

■あんしん漢方
https://www.kamposupport.com/anshin1.0/lp/?tag=21133zc3beau0099

不調改善スペシャリスト/医師・薬剤師  

西洋薬と漢方に精通した医師や薬剤師のプロフェッショナル集団です。AIを活用した研究と各種メディアでの不調改善方法を発信しています。実践として「効く漢方薬」を、スマホ一つで、お手頃価格で入手できるオンライン相談サービス「あんしん漢方」を運営しています。

週間ランキング

  1. 1

    【驚きの4,000円以下】年代別エイジングケア(※1)!「オルビスユーシリーズ」を徹底解説&お試しレポ!

  2. 2

    地方移住で大成功|1からつくるパワースポットサロン「IEN・AIMA」代表Amyさんへインタビュー

  3. 3

    【サラツヤ髪】ドラッグストアのブランド☆ウルリス新発想の新作2WAYヘアミスト

  4. 4

    【KATE】またバズるじゃん!リップモンスター新色&即完売しそうな数量限定カラートナー

  5. 5

    【UNIQLO:C】熱視線!新鮮なカラバリ×振り幅広すぎなアイテムが勢ぞろい♪|2024年春夏レポ