shutterstock_529458019

実は乾燥を招く「間違ったオイル美容テク」もうスキンケアの常識?!

ボディと違って基本的にはオールシーズン”裸状態”の顔。それゆえに、乾燥しやすく敏感になりやすい部分なんですよね。だからこそ保湿は大事!というのは誰もが知っている常識ですが…きちんとケアできている自信、ありますか。

今回は、ネットや雑誌などでよく見かけるけれども、絶対に取り入れてはいけない間違ったオイル美容テクについてお話したいと思います。

乾燥が加速!!間違ったオイル美容テクとは

スキンケアの1番最初にオイルをON

shutterstock_532541860

美容に興味のある方なら、一度は聞いたことがあると思われるオイル美容テク。でも、この方法こそが肌に乾燥を招く元凶だったのです。なぜ、この方法がNGなのか?

オイルには肌を柔らかくする作用や保湿作用など、美容に嬉しい効果もありますが…それ以前に、水と馴染まない性質があることを忘れてはいけません。水をはじくということは、オイルを塗ってしまったあとの肌には水分が入っていかないということですよね。

オイルの順番を間違えると水分が入らない!?

shutterstock_2681339301

オイルをつけた後にスキンケアをすると肌の表面が潤ったように見えるので、多くの人が保湿できているという錯覚を起こしてしまいます。ですが、この方法を続けていると肌の奥は水分を蓄えることができずにカピカピの砂漠状態になってしまいます。

それでもオイルを使いたい場合は?

shutterstock_529458019

使い方によっては乾燥を招くオイルですが、正しく使えば肌から水分が蒸発してしまうのを防ぐことができますよ。その方法はとっても簡単。

夜寝る前に行うスキンケアの1番最後に少量使う…これが正しいポイントです。これなら、肌の水分補給を妨げることなく保湿できますね。ボディケアを行う際も顔と同じく、オイルは1番最後に!

また、使いやすいという理由でも重宝される万能選手ですが、オイルのなかには油焼けを起こしてしまうものもあるので塗るタイミングはもちろん、オイル選びにも注意が必要です。


いかがでしたか?話題になっているからといって、そのコスメの使い方やスキンケア方法が必ずしも良い結果を生むとは限りません。

多数派の意見に流されず、自分に合ったスキンケアを行うようにしたいものですね。