美女1

「美女はレンタルで十分!」JPモルガン社長の言葉がスゴイ!

愛さえあればお金なんて、という純粋な女性もいるでしょう。かつては、「三高」(高収入・高身長・高学歴)がもてはやされた時代がありました。いまでは「三平」(平均的な年収・平均的な外見・平穏な性格)を伴侶に求める女性が72.8%、一方、「三高」を求める女性は19.1%です。三平さんは、なにをもって平均とするのかあいまいですが、求められている年収は682.6万円です。(以上、2012年結婚情報センターデータより)

それに比べて、民間の事業所に勤める男性の2012年の平均給与は、502万円です。(2013年国税庁データより)実は、現実よりも、理想がかなり高いのですね!請求書の心配を一生しなくてすむ、そういう理由でお金持ちの男性を結婚相手のターゲットに婚活にはげむ女性も少なくないですね。

そんな婚活女子の本音のトピックをみつけましたので、ご紹介します!

美女1

ある女性(25)の大手コミュニティサイトへの投稿

「私なにか間違っていますか? 率直に言いますね。自分はかなり美人な25歳です。物事をきちんと判断できるし、品もあります。ニューヨーク出身ではありません。年収50万ドル以上の人を結婚相手に探しています。こういうと、どんな風に取られるかわかりますけど、でも、ニューヨーク市では、100万ドルの年収でさえも、ミドルクラスなんです。だから欲張っているとは思っていません。

この掲示板に、年収50万ドル以上の男性っていますか?主婦のみなさんは?ヒントを教えてください!!私は、年収10万~15万ドルくらいの男性とつきあったことがありますが、どうも彼が限界みたいです。

15万ドルじゃ、セントラルパークウエストには住めないですよね。私が通っているヨガクラスの女性は、投資銀行家と結婚してトライベッカに住んでいますが、彼女、私より綺麗とは言えないし、頭もそんなによくないですよ?彼女にあって、私に足りないものは??

それで、私の質問はこうです。

どこに行けば独身のリッチな男性に出会えますか?バー、レストラン、ジム、詳細に教えてください。

パートナーに求めているものは?男性のみなさん、私、傷ついたりしないんで、正直に教えてください!

ターゲットにすべき男性の年齢層ってありますか?(私は25歳ですが)

なぜアッパーイーストサイドに暮らすぜいたくなライフスタイルの女性たちって、あんなに平凡なんですか?かなり普通のつまらない女性が、ものすごく裕福な男性と結婚するのをこれまでに何度も見てきました。

びっくりするくらいゴージャスな美人がイーストヴィレッジのシングルバーで飲んでいるのも何度も見ています。この違いってなんなのですか。

狙うべき職種はどれですか?弁護士、投資銀行家、医師、でしょうか。具体的に彼らの年収っていくらくらいですか?彼らやヘッジファンドの人たちって、どこに行けば出会えますか?

結婚相手か、ただのガールフレンドか、どうやって決めているのですか?わたしは結婚相手だけを探しているんです!

ご意見お聞かせください。私は自分の気持ちを正直に書きました。ほとんどの美人さんって、中身がないですよね。でも私は、ルックス、いい趣味、センスがあるし、よい家庭に自分がふさわしいと思うから、リッチな男性を探しているんです。」

ちなみに、50万ドルって、今の為替レートでは5000万円ほどですよー!

この投稿に、アメリカの投資銀行JPモルガンのトップが回答しているのですが、ウィットに富んでいて、一理あるのです。

美女2
出典:www.milanotoday.it

「あなたの投稿を興味深く読み、あなたのジレンマについて考察してみます。おそらく、あなたと同じような疑問を持っている女性はたくさんいるでしょうね。あなたの状況を、プロの投資家として分析することをお許しください。

私の年収は50万ドル以上。あなたの希望に添っていますので、ここでこれを読むみなさんの時間を無駄にはしないでしょう。

ビジネスマンの視点からすると、あなたと結婚するのは悪い決断です。理由はとても単純です。

あなたがやろうとしていることは「美」と「お金」の交換です。しかし、ここには1つだけ重大な問題があります。「美」は、そのうち「なくなってしまう」ということです。しかし、「お金」はそうではありません。実際、私の年収は上がり続けています。しかし、あなたは毎年どんどん美しくなるでしょうか。

つまり、経済的な観点では、私は「魅力的な資産」ですが、あなたは「値下がりしていく資産」だということです。しかも、「急激に値下がりする資産」なのです。

もし「美」があなたの唯一の資産ならば、あなたの10年後の価値は、かなり心配すべきものでしょうね。

ウォールストリートでは、どんな取引にも「短期保有」と言うものがあります。あなたとデートすることは、「あなたを短期的に保有すること」です。取引では、売買するものの価値が落ちるとわかれば、私たちはそれを売ってしまいます。「長期保有」することはないのです。でも結婚は、「あなたを長期的に保有すること」なのです。

残酷なようですが、賢い選択をするなら、急激に価値が値下がりするものは、売ってしまうか、リースするくらいで十分なのです。年収50万ドルを稼ぐ人は馬鹿ではありませんから、あなたとデートはしても、結婚することはないでしょう。

お金持ちと結婚するための方法を探すのはおやめなさい。それよりも、あなたが年収50万ドル稼ぐ人になるのです。これが私のアドバイスです。お金持ちの馬鹿を探すよりも、ずっとチャンスがあるでしょう。
この返信が、お役に立てますように。もしあなたが「リース契約」に興味があるならご連絡ください。」



ビジネスマンの視点で分析すると、美という資産は、価値がこれから減る一方で、お金という増えていく可能性の高い資産と取引するには、リスクが高すぎる危険な投資です。だから、買収はできない、すなわち、結婚はできない、ということなのですね。

リース契約なら応じるけれど、いかが?というチャーミングな一文がユーモアがあって大人の余裕ですね^^

このやりとりは、2007年にクレイグスリストに投稿されたのですが、JPモルガンCEOの回答というのが説得力があって、瞬く間に広まりました。もっとも、実際は誰だったのか、今も謎のままのようです。減少する美という資産だけでは、長期保有には向かないのですね!結婚って、その後も生活がずっと続くのだから、ゴールではないですよね。

男性、女性、どちらもがWIN-WINの取引になるような、幸せをつかみたいですね♪