large

女性ホルモンを増やす簡単すぎることだけを7つご紹介☆

女性ホルモンは、一生のうちで、わずかティースプーン1杯分しか分泌されないと言われています。

しかしその影響力は絶大で、不足すると、肌や髪の調子が悪くなる、生理不順になる、精神的に不安定になる、体調が悪くなるなどといった様々な弊害が出てくるので、注意が必要。

とっても簡単なのに、女性ホルモンを増やす方法を7つ紹介するので、ぜひ試してみてください。

1.大豆製品をとる

女性ホルモンを増やす方法

大豆に含まれる「イソフラボン」は、女性ホルモンと似た働きをすることで知られています。豆腐、納豆、味噌などを毎日の食卓に取り入れ、積極的に補給していきましょう。

自炊をするのがめんどくさい! という時は、豆乳を飲むだけでもOKです☆

2.寝る前に本を読む

女性ホルモンを増やす方法

寝る前に本を読むと、心が落ち着き、高いリラックス効果が得られます。睡眠の質も良くなり、朝までぐっすり! ホルモンバランスを整えるのには、非常に効果的です。

ただし、電子書籍はNG。スマホやパソコンからは眠りを妨げる「ブルーライト」が出ているので、紙の本を読むようにしましょう。

3.イケメンを眺める

女性ホルモンを増やす方法
出典:instagram

できれば本物の恋をすると良いのですが、周りに素敵な男性がいない! という場合は、イケメン芸能人にときめくだけでも女性ホルモンアップに効果があります。

ラブストーリーの映画やドラマを見て感情移入し、ヒロインになりきってみては?

4.お風呂のお湯に浸かる

女性ホルモンを増やす方法

シャワーだけで済ませず、浴槽のお湯に浸かるようにすると、血行が良くなってホルモンバランスの安定に役立ちます。

お湯の温度は40℃ぐらいにして、15~20分リラックスして入りましょう。お風呂で使えるキャンドルや入浴剤などのグッズも、うまく活用してみてくださいね。

5.アロマを焚く

女性ホルモンを増やす方法

ローズオットー、イランイラン、クラリセージ、ネロリ、ゼラニウムなどのアロマには、女性ホルモンの働きをサポートする作用があります。

アロマポットやアロマキャンドルで香りを部屋中に焚き染め、ほっとできる時間を作りましょう。

6.ツボ押しをする

女性ホルモンを増やす方法






7.朝日を浴びる

女性ホルモンを増やす方法
出典:weheartit

朝起きたらすぐにカーテンを開け、全身に朝日を浴びるようにしましょう。

こうすることで「幸せホルモン」と呼ばれるセロトニンが分泌されやすくなり、女性ホルモンのバランスを安定させるのに役立ちます。

ほんの少しの工夫が女性ホルモンアップに効果的♡

女性ホルモンの分泌量を増やすのは、実はそれほど難しいことではありません。

日常のちょっとした工夫でバランスを整えることができるので、ぜひこまめに実践してみてください。