1

ドン引き!女性の口元にヒゲ…「正しい顔の産毛処理」

顔の産毛の中でも気になるのが口元の産毛。実は、男性は女性の口元の産毛をしっかり見ているそう。

どんなにメイクが完璧でも、口元にうっすらヒゲがあれば女子力もガクッと下がってしまいます。

正しい顔の産毛処理の方法をマスターして、接近戦上等な美肌を作りましょう!

やっちゃダメ!間違った顔の産毛処理のやり方

shutterstock_329221613

  • お風呂場で産毛処理→雑菌が入り込んで肌荒れの原因に!

  • 産毛の流れの逆方向に剃る→肌に刃が引っかかって傷がつく可能性がある

  • 洗顔料をつけて剃る→肌に必要な皮脂や角質までとり、肌のバリア機能が弱まってしまう
以上のような処理方法は、肌を傷つける原因になるのでNG!

肌は非常に薄くてデリケートなので、産毛処理は慎重に丁寧に行いましょう。

正しい産毛処理のやり方

shutterstock_616235189

用意するもの

  • T字カミソリまたは電動シェーバー(初心者さんはT字カミソリがオススメ)
  • 化粧水と乳液または専用のクリーム
  • ホットタオル

産毛処理の手順

  • ぬるま湯で洗顔後、ホットタオルを顔に数分当てて肌を温める。肌を温めると、肌表面が柔らかくなってカミソリが滑りやすくなります。

  • 化粧水で肌を整え、乳液を多めに塗り、カミソリを使う。剃る順番は、おでこ→鼻筋→眉下→こめかみ→ほお→あご→唇の下→鼻の下

  • 濡れタオルやコットンで乳液を優しく拭き取り、冷水ですすいでから保湿ケアをする。

shutterstock_464960153

産毛処理をしたあと、肌はいつも以上に敏感になっています。朝に産毛処理をすると紫外線の影響を受けやすくなるので、夜に行いましょう。

また、産毛処理をしてから数日はメイクは薄くして、クレンジングで負担がかからないように。

生理前の肌が敏感なときは、産毛処理は控えてください。産毛処理の頻度は、顔全体は月に1回、口元は週に1回程度でオーケー!

正しい産毛処理で接近戦も余裕な透明肌ゲット♡

産毛処理を正しく行えば、肌は透明感を増し、化粧品の肌馴染みも良くなります。古い角質を取り除く効果もあるので、ターンオーバーが遅れがちな肌にも効果的!

産毛処理後はいつも以上に丁寧に保湿ケアをして、敏感になった肌を落ち着かせてくださいね。