large

疲れまで吹っ飛ぶ!今更聞けないやっぱり凄い「甘酒」まとめ

日本では古墳時代から飲み継がれてきたと言われる甘酒。おいしいだけじゃなく、美容や健康にも良いとして人気ですよね。

具体的なメリットや上手な飲み方をご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

甘酒で得られる美容・健康効果

large
出典:weheartit

疲労回復効果

甘酒にはビタミンやアミノ酸が多く含まれているので、疲れがたまった時のお助けドリンクになります。


便秘の改善

甘酒にはオリゴ糖や食物繊維が含まれているので、腸内環境を整えて便秘を改善する効果が期待できます。


代謝を上げて痩せやすい体へ

甘酒に含まれるビタミンB群には、代謝をアップさせる作用があります。冬太りが気になる人もぜひ♡


美肌効果

肌荒れに効くビタミン、メラニン色素の生成を抑えるコウジ酸とシステイン、肌にうるおいを与えるスフィンゴ脂質を含むので、美肌づくりにも効果が期待できます。

また、抗酸化作用や新陳代謝の促進に効果を発揮するフェルラ酸が、アンチエイジングにも役立ってくれますよ。


不眠の解消

心身をリラックスさせ、副交感神経を優位にさせるGABAやパントテン酸の働きにより、スムーズな眠りに入りやすくなります。

甘酒の効果を最大限に発揮する飲み方

large
出典:weheartit


肥満防止には1日2杯まで

甘酒のカロリーは1杯(100ml)で約81kcalです。いくら美容や健康に良いとはいえ、1日に何杯も飲んだら太ってしまうので、1~2杯までにしておきましょう。

食べすぎ防止に役立てるなら食事前、不眠を解消したい時は就寝前がおすすめです。


朝に飲めばカロリーを消費しやすくなる

朝のうちに甘酒を飲んでおけば、基礎代謝が上がってカロリーを消費しやすくなります。脳や体もしっかり動きますよ。

甘酒をアレンジしてもっとおいしく♪

50b91b8555f0c727f764760c50311b61_s


甘酒はそのまま飲んでもおいしいけれど、アレンジも楽しめる飲み物です。混ぜるとおいしい食材をご紹介するので、ぜひ試してみてください。

  • おろししょうがを加える/血行促進、高血圧の予防に。

  • リンゴやバナナなどと一緒にミキサーにかける/ビタミン量アップで美肌に。便秘解消にも。

  • 豆乳を加える/女性ホルモンアップ。大豆サポニンが脂肪の蓄積を防ぐ効果も。

甘酒をおいしく飲んで健康美人になろう☆

甘酒には酒粕で作るものと、米麹で作るものがありますが、米麹のほうにはアルコールが含まれていないので、お酒に弱い人や運転前にも安心。

毎日おいしく飲んで、イキイキとした健康美人を目指しましょう!