【保存】日焼け・紫外線防止グッズの豆知識!選び方のポイント

もうすぐ夏本番! 楽しいレジャーが待っているのは嬉しいですが、問題は日焼けやシミ・そばかすの原因になる紫外線ですよね。

白い肌を守るために役立つ紫外線防止グッズ選び方のポイントをご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

腕をすっぽり覆うアームカバー

43ec215657dd15c332cbf3ef8c43a313_s

車の運転する時はもちろん、外を歩く時や自転車に乗る時にも欠かせないのが「アームカバー」。

色の濃いもののほうが紫外線を通しにくいので、白やベージュよりも黒やネイビーブルーなどを選ぶのがおすすめです。

さらに「UVカット加工」が施してあるものだと安心度が高いですよ。

紫外線カット効果が高いのは「黒」で、濃い色ほど紫外線を通しにくい特徴があります。
ー引用ーhttp://www.skincare-univ.com/article/000046/

大切な目を紫外線から守るサングラス

_99R0646new_jpeg_640_wm_1520339446202
出典:itsnap

日焼けというと顔やボディばかりを気にしてしまいますが、実は目が浴びる紫外線も日焼けやシミ・そばかすの原因になってしまうのだそうです。

UVカット加工を施したメガネやコンタクトレンズもたくさん出てきていますが、強い日差しを浴びる時にはサングラスがあると安心。

ちなみに、色が濃ければ紫外線防止効果が高いかというとそうではなく、レンズ自体にUVカット加工をしてあることが重要だそうですよ。

目が紫外線を浴びるとまず、角膜が炎症を起こします。

そして、その炎症が刺激になり脳下垂体に伝達され、体の防衛本能として紫外線を吸収しようとするメラノサイトがメラニン色素を生成してしまうのです。
ー引用ーhttp://eye-space.jp/topics/topics_uv/

色の濃いサングラスをかけると、眼は周りが暗くなったものと認識して瞳孔が大きく開くので、UVカット加工を施していないとかえって紫外線を吸収してしまう場合があるのです。

紫外線対策にはUVカット加工が施されていなければ効果がありません。
ー引用ーhttp://www.meganedrug.com/products/sunglass/uv.html

涼しさを感じさせる効果も期待できる日傘

8884ed6c253b04b2d44d27fd0071293a_s

日傘は顔や体の大部分をカバーしてくれるし、中に入っていると少し涼しくなるので、夏には欠かせないアイテムですよね。

日傘は「日焼けだけを防ぎたいのか」それとも「日除けとしての機能も欲しい」のかによって選び方が変わるそう。

日焼けを防ぎたい場合はUVカット率の高いもの、日除けを重視する場合は遮光率の高いものが良いということですよ。

また、地面からの照り返しに対抗するためには、日傘の内側に濃い色を使っているものが良いそうです。

日焼け・シミ防止なら紫外線カット率に注意してください。 日焼け・シミ防止に加えて 「日除け」としての機能も求めるなら遮光率にも注意してください。
ー引用ーhttps://www.kasa-higasa.com/hpgen/HPB/entries/13.html

同じように、日傘を差していて、道路からの照り返しや周りからの照り返しが傘の内側に当たります。ここが黒であれば照り返しを吸収してくれるのです。紫外線も吸収してくれます。
ー引用ーhttp://uv100.jp/wb/use/?p=64

万全の対策で透明感のある白い素肌を守ろう

日焼け止めをしっかり塗っていても、いつの間にか焼けてしまう肌。

紫外線防止効果の高いグッズをうまく使って、10年後もくすまない白い肌を守り抜きましょう!