datel

春は肌荒れ注意!美肌キープは毎日○○すること!

暖かくなってきて心も体も軽やかになる春ですが、花粉症の方は憂うつな時期がしばらく続きますね。

鼻水やくしゃみなどの鼻の不快感や目の痒みなど症状はさまざまですが、実は花粉は肌にも影響を与えるのです!

春は肌荒れ要因がそろっている!

shutterstock_272798981

春は花粉に限らず肌荒れを起こしやすい条件がそろっています

花粉や黄砂などのアレルギー物質により肌が痒くなったり、寒暖差により自律神経やホルモンのバランスが乱れて血流が悪くなり、ターンオーバーが乱れることで肌荒れを起こしやすくなります。

春は紫外線も強くなり、肌へ与えるダメージも大きくなり、加えて新生活がスタートする時期でもあり、期待とともに不安などを抱えるなど、自分が思っている以上にストレスを感じています。

これに花粉による肌荒れが重なったら…テンションも下がってやる気もでませんよね。

そうなる前に、本格的な花粉シーズンがくる前に肌力の底上げをしましょう!


血流をよくして今から予防!

shutterstock_50490211

免疫力が落ちている時が花粉症になりやすい時期。血流が悪くなって免疫力の落ちた肌に花粉などが大量に付着すると、肌は花粉を異物と判断して除去しようと試みます。

そして、次に同じような状況になったとき、肌はアレルギー物質と判断してしまいます。

肌を元気にするには「血流をよくすること」が1番です。

血流が悪くなると、肌が生まれ変わる力=ターン―オーバーが弱まります。

リンパの流れも悪くなるため老廃物が滞り肌はくすみ、たるみ、ニキビや吹き出物、シミやしわの原因ともなります。

また、肌力を上げるためには「冷えない体を作ること」です。暖かい陽気になって薄着をしたくなりますが、極力体を冷やさないようにします。

冷えてしまったと感じたら、入浴はシャワーで済ませずに湯船に浸かり、体の芯から温まりましょう。

帰宅後に早めに入浴すると肌や髪についた花粉を落とすことができるので、部屋に花粉を持ち込むのを極力抑えることができますよ。

また、毎日食べるものが自分の体を作ります。肌は内臓の鏡。カロリーが高いだけの栄養が少ない食べ物ではなく、バランスの取れた食事を心がけましょう。

日々の生活の中で、ちょっと意識を変えるだけで肌も体も心も健康になります。できることから生活に取り入れて、花粉にも負けないお肌を育てましょうね♡

datel
出典:weheartit