shutterstock_245286262

教えてQ&A!目に紫外線が当たるとシミが出来るって本当?

肌に日焼け止めを塗るのを忘れないのに、目の紫外線対策って意外としていない人が多いですよね。しかし、紫外線が当たるとなんと肌にシミが出来るんです!

目に紫外線が当たるとどうなるのかのメカニズムと対策方法をご紹介します!

目に紫外線が当たるとどうなるの?

shutterstock_310310327

ズバリ、紫外線が目に当たるとシミが出来てしまうのです!

紫外線の量は瞳で測定していて、その量によってメラニンを作る量が決まるのです。目に紫外線がたくさん当たれば、肌のメラニンが増えていくというメカニズムです。

つまり、サングラスをしている人は、していない人よりも目に当たる紫外線量が少ないため、メラニンの生成量が少なくなります。そのためシミになりにくいのです。

逆を言うと、目の紫外線対策をしないとシミが出来やすいということです。

目から日焼けをするメカニズムとしては、目が紫外線を浴びる事によって目の角膜が炎症を起こします。

その炎症が刺激となって脳下垂体に伝わり、脳は「メラニンを作れ」とメラニン生成を促すと推定されています。

つまり、直接肌に紫外線が当たった時と同じ状態になり、肌に紫外線が当たらなくても肌が黒くなるというわけです。
All about

目に紫外線が当たらないようにする対策方法

shutterstock_459775861

目に紫外線が当たらないようにする方法としては、やはりサングラスですね。サングラスの色が薄いものを使えば、あまり違和感なく使うことが出来ます。

街を歩くときにサングラスはちょっと・・・という人は、帽子のツバで目元を隠したり、日傘をさすなども紫外線から目を守ることが出来ますよ!

目を守ってお肌も守ろう!

shutterstock_245286262

いかがでしたか?目に紫外線が当たると肌にシミが出来るなんてと思った人も多いかもしれませんね。

肌を守るためにも、目の紫外線対策は万全にしておきましょう!

日傘をさす癖をつければ、さほど対策は難しくないので、夏本番は特に気を付けましょうね!