あlarge

うっかり毎日やってない!?老化を早めるNG行動3選

女性ならば誰しも、いくつになっても実年齢よりも若く見られていたいものです。

しかし、20代後半から30代くらいになると、いつまでも若々しい年齢不詳タイプと、歳とともに見た目も老けていく年相応タイプに分かれていきます。


一体この違いはなんなのでしょうか?

実は、普段の生活の中にも老化を早めてしまうNG行動があることをご存知ですか?

今回は、そんな老化を早めてしまうNG行動3選をご紹介します。

その1 喫煙


出典:weheartit

タバコが原因で老化した顔のことを、「スモーカーズフェイス」と呼ぶように、喫煙者は非喫煙者以上に老け顔になりやすい特徴があります。

その原因は、たばこが原因となって体内の活性化酸素が増え、身体が酸化してサビはじめ、ビタミンCが破壊されたり、コラーゲンが生成できなくなったりするためのようです。

老け顔を作りたくなければ、禁煙するのがおすすめです。


その2 ジャンクフードや塩分の多い食生活


出典:weheartit

ジャンクフードや塩分の多い食生活も、著しく体を老化させる作用があります。

ジャンクフードに含まれる油は、体内に活性酸素を増やしてしまいます。また、ファースフードで良く使用されているトランス脂肪酸は、腸内の悪玉菌を増加させて、体に悪影響を及ぼします。


その3 無表情


出典:weheartit

元々あまり笑うことがなく、無表情気味の人は老けるのが早いです。

これは、顔の表情筋をしっかりと動かしていないために起こります。

顔の筋肉を衰えさせないためにも、常に口角を上げて笑顔でいることを意識するのが大切です。