「あの人、ちょっと苦手…」そんな相手と上手く付き合うコツ

職場やママ友など、「あの人苦手・・・」「何だか合わないんだ・・・」という経験はありますか。

人間誰だって性格の合う人、合わない人はいるものです。もちろん、そういう合わない人とは「なるべく避ける」という方法もあると思います。

しかし、それが今後も長く付き合わなければならない職場であったらどうしますか。

相手も避けられる事に気付いているはず。

ますます気まずくなりますよね。そんな相手とも上手く付き合うコツがあるんです。

苦手になるには原因がある!

苦手
出典:weheartit


その人が苦手と思ったのはいつからでしょうか。

初めて会った時は見た目の印象でしかありませんよね。

苦手・・・と思ったのは、何かがあったからではありませんか。

人間は何か嫌な気持ちになった時、条件反射で再び嫌な気持ちにならないように避けてしまう行動があるのです。

その時の嫌な気持ちは思い違いという事もあります。

客観的に過去を思い返してみれば「自分にも非があった」ということもありますよ



でも、やっぱり苦手・・・

もちろん「どうしても嫌!」ということはあります。

それでも、それなりにおつき合いしていかなければならない時。

そんな時は、こちらが上手に相手の気持ちを変えていきましょう。

「そんなのできない!」いえいえ、こちらが折れるのではありません。

あなたが一枚うわてになるだけです。



こうすれば苦手な相手も思いのまま!

①相手の話を聞く

苦手2
出典:weheartit


誰だって、自分の話を聞いてもらえると気分がいいもの。

聞くふりでもいいのです。ポイントは『あいづち』。「うん、うん」「へぇ〜」とうなづいてあげると相手は自分を受け入れてくれたと思い距離を縮めてきます。



②知ってても知らないふり

相手が得意げに話している内容が「実はもう知っているよ」という時も、知らないふりをして聞きます。

ますます相手の気分は上昇!

そのまま上昇させてあげましょう。



あなたが一枚うわてになるのよ!

苦手3
出典:weheartit.com

傾聴という会話技術を覚えると、社会ではとても役に立ちます。

相手の話を聞くのは難しいことですが、単純に相手に会話の主導権を渡すだけなんですよ。相手がこちらに心を開くようなら、もう大丈夫。

それなりに上手く付き合っていけます!