挨拶コーデの鉄則!彼ママに見せてはいけないNGポイント3つ

彼ママ好印象を残すためには、どのような服装が好ましいのでしょうか? 

挨拶コーデで守るべき、彼ママに見せてはいけないNGポイント3つをご紹介します。

挨拶コーデは露出を控えることが大切!

挨拶コーデでは露出を抑えることが何よりも大切。同性だからこそ厳しい査定をされがちな彼ママに好印象を残すためには、見せてはいけないNGポイント3つを死守することが鉄則です。


彼ママに見せてはいけないNGポイントはこの3つ!

1.胸元

mika_juicyeye_さん(@mika_juicyeye_)がシェアした投稿



挨拶コーデにはきちんと感のあるトップスを選びたいものですが、シャツタイプのブラウスなどは意外と胸元が開くので注意が必要です。

トップスにはできれば鎖骨も隠れるくらいのラウンドネックを選び、アクセサリーで華やかさをプラスするのがオススメです。


2.肩

mika_juicyeye_さん(@mika_juicyeye_)がシェアした投稿



夏に着たい涼やかなノースリーブも、露出が悪目立ちしがちなので要注意。袖付きのトップスを選ぶか、ノースリーブにはジャケットやカーディガンを合わせて控えめなレイヤードスタイルにまとめるのがオススメです。


3.膝

mika_juicyeye_さん(@mika_juicyeye_)がシェアした投稿



膝上丈のスカートが可愛く見えるのは、男性目線のみ。

特に母親世代の女性の前では、膝が隠れるミモレ丈のスカートを合わせて、品のある雰囲気を演出するのがオススメです。


彼ママを制するものは結婚を制す!

彼ママに好印象を残すことができれば、結婚のお墨付きをもらえたも同然!

これらのNGポイント3つを参考に、規制前には完璧な挨拶コーデをおさらいしてみてくださいね。