「顔色変わるよ!」顔剃りのメリット&ポイント徹底解説します

顔の産毛をしっかり処理してあげると、顔色が明るく見えたりメイクのノリが良くなったりと、嬉しいことが色々あります♪

今回は顔剃りメリットや基本的な方法ポイントを解説していきます!

顔剃りのメリットとは?


顔剃りのメリットはたくさんあります!


・化粧のノリがよくなる
・顔色がぱっと明るくなる
・毛穴が目立ちにくなる
・顔にツヤが出やすくなる


今まで顔の産毛をあまりしっかり処理してこなかった方は、ぜひこの機会に顔剃りにチャレンジしてみましょう♪

顔剃りのポイント解説!


顔剃りは正しい方法で行うことがとても大事です。

まずは最低限押さえておきたい大事なポイント5つを解説します。

顔剃り前後はしっかり保湿をする

お肌にできるだけ負担をかけないように、産毛処理の前後にはしっかり保湿をするようにしてください!

処理後だけでなく、実は処理前のケアも重要になります。化粧水や乳液などで保湿ケアをしてから顔剃りをすると良いですね。

剃るときは皮膚を引っ張りながら行う

産毛を剃るときには皮膚を軽く指で引っ張りながら行うと、スムーズに処理できますよ。

剃り残しの予防にもつながります。

毛流れに沿って剃る

毛流れに沿って処理することも大事です!

基本は「上から下」になります。

また同じところを何度も剃るとお肌に負担がかかるので、一回で剃り終えるようにしてください。

顔剃りの頻度は1ヶ月に1回

頻度も重要ですね。毎日のように顔剃りしてしまうと、お肌に負担がかかるのでNGです。

基本は1ヶ月に1回程度が◎

ターンオーバーに合わせてケアしてあげましょう。

剃るときに力を入れすぎない

しっかり剃ろうと思って力を入れすぎてしまうこと、ありますよね。

ですがそれは深剃りの原因になりますし、お肌にも負担がかかります。なので軽くお肌をすべらせるような感じで剃りましょう。

通常のカミソリよりも音波振動カミソリなどの方が、軽い力で処理することができるのでおすすめです。

部位別の剃り方ポイント

次に、部位別に剃り方のポイントをご紹介します!

おでこ


まずはおでこの剃り方から。

おでこの産毛を処理するときには、L字のカミソリを使用するのがおすすめです。

ナチュラルに仕上げるために、生え際1cmの産毛を残して処理しましょう。

生え際を上に持ち上げながら、上から下に剃ると◎


眉上1cmも残すと自然に見えておすすめです。


ちなみにおでこを剃るときは、L字カミソリを鉛筆持ちにするとやりやすいですよ!

こめかみ・頬


こめかみ&頬は、こめかみ部分を手で上を持ちあげつつ、上から下に剃るようにしましょう。

カミソリはT字のものがおすすめです♪

フェイスライン・口まわり


フェイスラインや口まわりは、頬を持ちあげたり口や舌を動かしたりして剃りやすい状態にしながら、毛流れに沿って剃りましょう。


カミソリはT字がおすすめです。


鼻の産毛処理にはL字カミソリを使いましょう。

鼻筋は、こめかみを上に持ち上げながら上から下に向かって剃ってください。


鼻下は、唇を下げるように指で押さえて上から下に剃ってくださいね。

鼻下は特に産毛が気になる部分なので、しっかりケアしましょう!


小鼻の周りは、頬を斜めに引き上げて、外から内側に剃ります。


小鼻のさらに内側部分は、鼻を横に倒して外から内側に剃ると上手く処理できますよ!

顔剃りにおすすめの「音波振動カミソリ」紹介♪


最後に、顔の産毛処理に使いやすい「音波振動カミソリ”bi-hada ompa”」をご紹介します。

bi-hada ompa L


貝印の「音波振動カミソリ”bi-hada ompa”」には、L字とT字の2種類があります。

処理する部分に合わせて使い分けると◎

L字の方は小回りがききやすいので、細かい部分もしっかり剃ることができます。


■価格:オープン価格


スリムなのでポーチの中にもすっぽり収まります♪

bi-hada ompa T


T字の方は一気に剃れるところがポイント。

広範囲の産毛を処理したいときに、使いやすいタイプです。


■価格:オープン価格


ちなみに「音波振動カミソリ”bi-hada ompa”」は水洗いが可能なので、清潔な状態をキープし繰り返し使うことができます!


顔剃りの方法やおすすめアイテムなどをご紹介しましたが、いかがでしたか?

ぜひ参考にして、つるすべ肌を手に入れてくださいね!


■公式: https://www.kai-group.com/products/beauty/

掲載商品は取材時点のものであり、現在お取扱いしていない場合があります。