6月の勘違いスキンケア「うるおい錯覚に要注意!」

陽気な4月、5月が過ぎ、花粉トラブルとはおさらばできる6月

でも6月に入ると全国的に梅雨のシーズンに入り、ジメジメとした天気が続いて気分が下がりますよね。

下がるのは気分だけじゃなくて、スキンケア意欲も?

6月はスキンケアに隙ができやすい季節なんです。

今回は、6月のスキンケアポイントを解説します!

肌がしっとりしているから保湿は十分?6月の勘違いスキンケア

湿気と皮脂の増加で肌表面が潤っているように感じやすい

IMG_2475
出典:girlydrop


6月は梅雨の影響で湿気が増え、空気中の水分が増加します。

その影響で肌がいつもよりしっとりしているように感じますが、肌自体が潤っているというわけではありません。

また、春から少しずつ増える皮脂の量は、なんと冬の2倍と言われています。

皮脂の過剰分泌は乾燥でさらに進むので、保湿ケアを引き続きしっかり行なっていないと、皮脂がどんどん出て毛穴が開いたり、毛穴詰まりが起こる可能性があるのです。


高温多湿な初夏から夏にかけて、皮脂の分泌は冬の約2倍にもなります。

べたつきや汗でうるおっているように感じてしまい、“洗顔後は化粧水だけ”、また雨や曇りの日は“日やけ止めは省略”したりと、基本のケアを省略していませんか?

これでは、肌表面はうるおっているようで、内部の乾燥が進む“隠れ乾燥”状態に…。


曇りや雨の日は日焼け止め不要?そんなことはありません!

IMG_2117
出典:girlydrop


曇りや雨の日も、晴れの日と同じように紫外線は降り注いでいます。

そうとは知らず、「今日は雨だから日焼け止めはいらないかな」なんて油断は禁物!

保湿が足りないうえに、紫外線ダメージを受けるとますます乾燥が進み、肌トラブルが起こりやすくなります。

1年のうちで紫外線の強さがいちばん強くなるのが6月なので、くもっていても油断大敵。

サンスクリーンは晴れた日専用のもの、と思ってしまいがちですが、くもりや雨の日もきちんと塗って守りましょう。


6月のスキンケアにオススメ!ベタつきが気にならない保湿クリーム

プチプラならニベアソフトスキンケアクリーム

NIVEA Deutschlandさん(@nivea_de)がシェアした投稿



500円ほどで手に入るプチプラクリーム、ニベアソフトのスキンケアクリーム。

青缶よりもベタつきが少なく、軽いテクスチャーで肌に伸ばしやすいです。

保湿成分のホホバオイル配合で、肌をしっとり柔らかくケアします。

筆者のオススメはアンブリオリスのモイスチャークリーム

果てしなく荒野さん(@lemon100per)がシェアした投稿



アンブリオリスのモイスチャークリームは、ニベアに比べると値段は高くなりますが(税抜2,800円)、保水効果もあるので肌の水分と油分のバランスが崩れやすい6月の肌にはぴったりなんです。

筆者も使っていますが、肌が荒れているときは化粧下地としても使えますし、夜はナイトクリームとして使っています。

保湿も紫外線対策も油断禁物!6月スキンケア

表面上のしっとり感にだまされず、いつも通りしっかり保湿ケアを。そして、紫外線対策は毎日行って肌トラブルを防ぎましょう!

夏を気持ちよく迎えるためにも、6月のスキンケアはいつも以上に丁寧に♡