見過ごすと危ない!「インナードライ肌」の見分け方と対処法

肌がベタつくからてっきりオイリー肌だと思っていたら、実は肌内部だけ乾燥している「インナードライ肌」だった。こういうケースは意外と多いです。

本当のオイリー肌ではないので、適切なケアが必要。簡単な見分け方対処法について解説します。

インナードライ肌の見分け方

インナードライ肌

洗顔後、何もつけない状態で5~10分ほど放置した時、最初は突っ張る感じがするのにだんだん皮脂が浮き出てくるようなら、あなたはインナードライ肌です。

インナードライは肌内部の水分量が足りていないため、これをカバーしようとして皮脂が過剰分泌されます。

これに気付かず「自分はオイリー肌だから保湿ケアはしなくても大丈夫」と思っているとますます乾燥が進んでいくので、適切なお手入れをするようにしましょう。

インナードライ肌のお手入れ方法

インナードライ肌

インナードライ肌のお手入れは、基本的に乾燥肌の場合と同じです。

肌に必要な皮脂を守ってくれる刺激の少ない洗顔料で丁寧に洗い、保湿効果のある化粧水でたっぷりの水分を補給したら、乳液やクリームで油分を補って仕上げましょう。

「肌がベタつくから」と化粧水だけで済ませてしまうと、せっかく補給した水分が蒸発してしまうので気を付けてください。

インナードライ肌改善に有効な美容成分

インナードライ肌の改善には、保湿効果の高いセラミド、ヒアルロン酸、コラーゲン、ビタミンC誘導体、エラスチン、プラセンタ、ローヤルゼリーなどの美容成分を含む化粧品がおすすめです。

また、肌細胞そのものに働きかける「幹細胞コスメ」も近頃人気があります。ヒト由来のものと動物・植物由来のものがありますが、ヒト由来のものが最も効果的だそうですよ。

インナードライ肌を見極め、正しいケアをしよう☆

large
出典:weheartit

インナードライ肌は一見オイリー肌に見えるので「油分を足してはいけない」と誤解してしまうケースが多いです。

気付かずにいると肌内部の乾燥がどんどん進んでしまうので、洗顔後の肌の様子を観察し、適切なケアをしていきましょう。