「短期集中で痩せる! 」ファスティングダイエット基本のやり方とは?

ファスティングダイエットが気になるけど、いまいちやり方がわからないという人も多いのではないでしょうか。

一週間で効果が出るといわれる」と話題のファステイングダイエットは、期間を決めて断食するダイエット方法です。

今回は、ファスティングダイエットのやり方や注意点などを解説していきます。

ファスティングダイエットとは?

 
ファスティングダイエット
出典:shutterstock

ファスティングダイエットとは、英語の「fast」(断食)がもとになったダイエット法で、ある一定の期間食事を抜く、または断食をするダイエットのことです。

ファスティングダイエットのメリット

美肌
出典:shutterstock

ファスティングダイエットは、ダイエット効果のほかにも下記のようなメリットがあります。

  • デトックス効果
  • 美肌効果
  • 胃腸を休める効果
ファスティングダイエットには、体内のデトックス効果があります。

ファスティング中に固形物を摂取しないことで、体内に溜まった毒素や老廃物を排出する効果が期待できます。

また、ファスティングダイエットでデトックス力が高まると、お肌の老廃物も排出されやすくなるため、美肌効果も期待できます。

さらに、固形物を摂らないため、日々酷使している胃腸を休ませる効果が期待できます。

そのため、腸内環境も整うでしょう。

ファスティングダイエットの注意点

ファスティングダイエットをする際は、下記のことにも注意が必要です。

  • リバウンド
  • 好転反応
ファスティングの直後、一気に普通の食事へ戻すと、からだが栄養を吸収しようとするため、リバウンドしやすくなります。

ダイエット後の回復食は食べすぎないように注意しましょう。

また、ファスティングダイエット中、デトックス効果により、一次的に「好転反応」といわれる体調の変化が見られることがあります。

好転反応には、下記のような症状が見られます。

  • 頭痛
  • 肩こり
  • 肌荒れ
  • 吐き気
  • 胃のムカムカ
  • からだの痛み

ファスティングダイエットが適している人

痩せ体質
出典:shutterstock

ファスティングダイエットが適しているのは、下記のような人です。

  • 痩せ体質を目指す人
  • からだをリセットしたい人
  • 体内の老廃物をデトックスしたい人
  • 長期間のダイエットが苦痛だと感じる人
  • 緻密なカロリー計算より短期間食事を抜くことや断食をする方が楽だと感じる人

なお、ファスティングダイエットをすると体重は減りますが、回復食のあとは、ある程度体重が戻ります。

そのため、体重を減らすことを目的にするよりも、体内のデトックスで痩せやすいからだ作りをしたい人におすすめだといえるでしょう。

ファスティングダイエット基本のやり方

ファスティングダイエットにはさまざまな方法があります。

たとえば、1日のなかで食事を1〜2食分抜く方法や、数日間固形物を食べない方法などです。

そこで、ファスティングダイエットのやり方や実行する際のポイントについて解説します。

ファスティングダイエットの流れ

ファスティングダイエットの流れ
出典:shutterstock

ファスティングダイエットの流れには、以下の3つのステップがあります。

  • 準備期間
  • ファスティング期間
  • 回復期間
たとえば、3日間のファスティングをするときは、準備期間に2日、回復期間に2日設け、一週間かけてダイエットをするスケジュールになります。

ファスティングをすると決めたら、準備期間をしっかり設けることが大切です。

準備期間は脂っこいものを避け、胃にやさしいものを食べるように心がけましょう。

ぬか漬けや発酵食品などもおすすめです。

また、ファスティング期間に入ったら、基本固形物は食べず、液体のみの食事となります。

具なしの味噌汁や豆乳などを飲むのもよいですし、酵素ドリンクやスムージーなど、酵素・食物繊維・ビタミン等が含まれているドリンクを活用するのもおすすめです。

回復期には、胃にやさしい食事から食べ始めて、徐々に普通食へ慣らしていくようにしましょう。

ファスティングダイエットの期間の決め方

ファスティングダイエットには、1日ファスティング・3日ファスティング・5日ファスティング・一週間ファスティングなどがあります。

自分の仕事の都合やスケジュールに合わせて好きな期間で行うことができます。

ファスティングダイエットで気をつけたいポイント

水分補給""
出典:shutterstock

ファスティングダイエットは、間違えた方法で実践すると体調を崩してしまう可能性もあります。

以下のポイントに気をつけましょう。

  • 水分不足
  • 回復期の食事
ファスティングダイエット中は固形物を摂らなくなる分、水分も不足しがちになります。

脱水症状を避けるためにも、1日1.5Lを目安にこまめな水分摂取を心がけましょう。

また、回復期の食事が非常に大切です。

ファスティング後のからだを徐々に慣れさせるためにも、最初はおもゆや具なしの味噌汁を摂りつつ、少しずつ普通の食事に戻していきましょう。

ダイエットには漢方も活用して

漢方
出典:shutterstock

ダイエットをするときは、脂肪燃焼効果やむくみ解消効果が期待できる漢方薬もおすすめです。

自然由来の治療薬として、ダイエット外来でも使われています。

ダイエットには、下記のようなアプローチをする漢方薬のなかから選びます。

  • つい食べてしまうストレス太りを抑える
  • 脂肪の吸収を抑える
  • 脂肪の燃焼力や排出力を上げる
漢方薬は、脂肪を便として排出したり、余分な水や老廃物を排出したりすることにより、ダイエットをサポートします。

また、体質改善で代謝を上げることで、リバウンドしない、太りにくく痩せやすいからだを目指せます。

以下では、おすすめの漢方薬をご紹介します。

<ダイエットにおすすめの漢方薬>

防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)

血流や水分代謝を促進し、体内の老廃物を排出しながら、脂質代謝を促す働きも期待できます。

防已黄耆湯(ぼういおうぎとう)

冷え気味で、水太りやむくみに悩む方におすすめです。

体内に滞った余計な水分をデトックスし、からだを引き締めます。

八味地黄丸(はちみじおうがん)

下半身の冷えで悩む方や、腰痛で悩む方向けです。

水分代謝の肝である「腎」の作用や新陳代謝機能を高めて、むくみ解消などを促します。

<漢方薬を選ぶ際の重要なポイント>

漢方薬を選ぶ際は、ご自分の状態や体質に合っているものを選ぶことが重要です。

うまく合っていないと、効果を感じられないだけでなく、場合によっては副作用が生じることもあります。

どの漢方薬が自分に合っているのかを見極めるためには、漢方に詳しい薬剤師がAIを活用し、個人に効く漢方薬を見極め、お手頃価格で自宅まで郵送してくれる「あんしん漢方」などのオンライン漢方サービスに、一度相談してみるのもいいでしょう。

正しいファスティング方法でダイエットを成功させよう

正しいファスティングダイエットを行うと、短期間で体重を落とすことが可能です。

しかし、自己流では体調不良やリバウンドを引き起こす可能性もあるので注意が必要です。

ファスティングダイエットをするときは、準備期間・ファスティング期間・回復期間をしっかり設けて、からだを徐々に慣れさせるダイエットを心がけましょう。

<この記事を書いた人>

ライター写真
出典:shutterstock

あんしん漢方(オンラインAI漢方)薬剤師 竹田由子
元漢方・生薬認定薬剤師。大学院で臨床薬学を専攻、日米で病院研修を受ける。病院薬剤師として10年間入院患者を担当しながら、化学療法・医薬品情報担当としても活動する。
患者さんから「本音を話しやすい」と言われ関わるうちに、日常のセルフケアの大切さを痛感。転居後は薬局に勤務する傍ら、ライターとしても活動する。病院時代の上司が漢方好きで、漢方の凄さを体感し魅了され「日常の不調はまず漢方」と生活している。
現在は、漢方のプロがAIを活用して自分に適した漢方薬を選びお手頃価格で自宅に郵送してくれる「あんしん漢方」でも情報発信をしている。

関連記事

週間ランキング

  1. 1

    「秋の大本命♡」1枚羽織りたい、可愛いカーディガンを特集!

  2. 2

    質良すぎで驚く!「GUパフィータッチシリーズ」知ってますか?

  3. 3

    「今年の秋冬、これさえ持っていればOK!」トレンドアイテムを特集!

  4. 4

    ベスコス総なめブランド「&be」 パレットアイシャドウ全色レビュー!

  5. 5

    「5,000円以下で買える!」2022年秋冬トレンドシューズを特集!

記事を読む

おすすめ記事 最近の記事
  1. 「2022秋、超使える軽アウターを特集!」ZOZOで買って正解だったもの♡

  2. 「今年はシャギーニットが可愛い!」2022秋冬選びたいもの♡

  3. 「5,000円以下で買える!」2022年秋冬トレンドシューズを特集!

  1. 【しまむら】流行りの「グラデーションニット」着回しコーデ術。

  2. 「GU、これさえ買っておけばOK!」大人女子に話題の名品BEST5

  3. KATEリップモンスター強すぎる!【アットコスメベスコスBEST10大公開】で年内買うコスメが丸わかり!