shutterstock_156686201

お風呂×歯磨き=成長ホルモン分泌!?ネットで話題の歯磨きって!?

突然ですが、あなたはいつも歯磨きをどこでしていますか?きっと多くの人が「洗面所」で歯磨きをしていると思いますが、実は歯磨きを洗面所ではなくお風呂ですることで、驚きの美肌効果を得られるとネットで話題になっているんです!

お風呂で歯磨きをすると美肌になれる、それには成長ホルモンが大きく関わっています◎

お風呂×歯磨き=成長ホルモン分泌!

shutterstock_99261941

規則正しい生活が美肌の基本と言われているのは、睡眠をたっぷりとることで成長ホルモンが分泌されるから。

成長ホルモンは、美肌作り以外に脂肪の燃焼も行うためダイエットにも大切なものです。

入浴というリラックスした状態で歯磨きをして口の中を刺激すると、サラサラとした唾液が出てくるのですが、このサラサラした唾液にこそ、「パロチン」と言われる成長ホルモンが含まれているのだそう!

お風呂で歯を磨くと体が温まって心身ともにリラックスできます。心と体がリラックスしているときに口内を歯ブラシで刺激すると、成長ホルモンであるパロチンの分泌が促進されます。
パロチンは別名若返りホルモンとも呼ばれており、体中の代謝を促進して肌や髪の毛を生き生きとした健康な状態にする効果があります。
パロチンはストレスや加齢が原因で分泌量が減っていきますので、特に忙しい現代社会を生きる大人の女性にはお風呂での歯磨きをおすすめします。お風呂で歯磨きをするだけでこのような美容効果まで得られるのです。

引用 – haisha-yoyaku
http://haisha-yoyaku.jp


リラックスしながら時間をかけて歯を磨こう!

shutterstock_156686201

リラックスしている状態とは、すなわち「副交感神経が優位になってる状態」です。

バスタブに使ってゆっくりできると一番良いのですが、シャワーのみでもイスに座って気持ちを落ち着かせると良いでしょう。

歯磨きのポイントは、メントールの入った歯磨き粉を使わないということ。メントール効果でさっぱりするため、短時間で歯磨きを終わらせてしまいがちです。

水分だけで歯ブラシを使い、唾液の分泌や歯の感触を確認しながらゆっくり磨きましょう◎



入浴中の歯磨きで成長ホルモン大量分泌♡

入浴中の歯磨きで成長ホルモンを大量分泌できるなんて嬉しいですよね♪

これはもう、歯ブラシホルダーをお風呂場に設置してしまってもいいかもしれませんね!