large

剥がれかけの駄目ネイルを復活!あっという間にできる裏ワザ

剥がれかけのネイル、乾く前によれちゃったネイル。

出かける前の忙しい時にそんなことになると、焦っちゃいますよね。

今回は、そんな失敗ネイルや伸びかけネイルを、短時間でサッとキレイにリカバーする方法をご紹介します。

いざという時に役に立つはずですよ♪

剥がれかけの駄目ネイルを復活!あっという間にできる裏ワザ

shutterstock_403960051

よれたネイルは除光液でリカバー

1. 指先に除光液をつける。
2. 除光液をつけた指先でよれた部分を軽く押さえる。
3. よれたのとは逆方向にゆっくり指を動かし、元の位置に直す。
4. 乾いたところでトップコートを厚めに塗って完成。

ちなみに、マニキュアを厚く塗ると乾きにくくよれやすすいため、薄く塗るのがよれさせないコツです。

厚く塗りたい時も、薄く塗ってしっかり乾いてから重ね塗りを繰り返すようにしましょう。

表面が乾くのに20分程度、中まで完全に乾くまでに1~2時間も必要なマニキュア。

完全に乾くまでは爪を擦ったり触れないよう注意が必要です。


急ぐ時は冷たい水につける

shutterstock_34228108

マニキュアを塗った後、冷たい水に手をひたすと乾くのが早くなります。

表面の気泡も抑えられるため、急いでいる時や気泡が気になる時に有用です。

また、マニキュア自体を塗る前15分ほど冷蔵庫で冷やしておく方法もアリです。


はみ出したら綿棒

うっかりはみ出してしまったマニキュアは、綿棒の先に除光液を含ませて取るのが簡単。

ウッドスティックや爪楊枝などを使ってもOKです。


伸びかけ・剥げかけはラメでリカバー

large
出典:weheartit

爪先から剥がれかけになっているネイル、ちょっと伸びてしまったネイルは、ラメを重ねることでリカバーできます。

ナチュラル系の色、薄い色のネイルなら塗り直さなくてもOK。

上からラメをたっぷりめに重ねてリカバーすれば、まだまだキレイな状態をキープできます。


こんな方法もあるんですね!

急いでいる時に限って上手く行かなかったり、剥げかけになっているのに気が付いたりするネイル。

上手にリカバーして、ササッとキレイに修復してからお出掛けして下さいね!