「美人なのに残念すぎる。」男がドン引く理由って?

元々は端正な顔立ちなのに、ちょっと残念な感じがする。あなたもそう思われているかもしれません。

その理由はずばり「」にありました!

特に男性は近くで見たときに分厚いファンデーションでくすみや黒ずみを隠していることにがっかりしてしまいます。

ここでは、実際に残念だなと思ったエピソードを交えて肌ケアの大切さをご紹介していきます。

1、 美人だけど、毛穴がブツブツ

shutterstock_560065864(1)


「今日は彼女と昼間からデート。太陽の下でもきっと可愛いんだろうな、と思って近づいてみたら小鼻や頬の毛穴がひどい!

ぶつぶつと黒くなった毛穴を見ていたら、もしかしてこの子は不潔なの!?という疑問まで浮かび上がってきました。」

2、美人だけど、肌がくすんでいる



「綺麗な顔立ちをしているはずなのに、何だかいつも顔が暗く疲れて見えてしまう友達。

近くで見てもやっぱりくすんでいる感じがして、肌のトーンが暗いのがわかります。

一方、顔は普通だけれど人気者の友達はなんといっても肌の透明感がすごいんです!その差が彼女たちの雰囲気にも影響しているんですね。」

3、美人だけど、凸凹まだら肌!

「ちょっと残念だなと思う女性は、ニキビ跡や日焼けのシミでまだら肌になっている人。不健康で品のない印象を持ってしまうこともあります。

近くで見たときに凸凹しているともう最悪です。美人のカテゴリーには入りません。」

4、美人だけど、目の下がどんより



「美人で有名な友達と遊びにいったときのこと。一瞬、流行りの目の下メイクかな?と思いきや、黒いのは“クマ”でした!

その日は年齢より老けて見えて、綺麗だなとは思えませんでした。クマがあるだけであんなに印象が変わるとは驚きです。」

5、美人だけど、肌に触れたくない・・

shutterstock_556833106(1)


「綺麗な子だなぁと思っていた女性が近くにきたとき。

内心すごくドキドキしていたんだけれど、よく見たら肌がごわごわのガサガサ。せっかく触れられるチャンスもあったのに全く気が進みませんでした。

やっぱり、潤いのあるもっちり肌に触れたいと思いますよ!」

せっかくの美人が台無し!

こんながっかりエピソードはまだまだあります。

やはりどんなに美人顔でもお肌は汚いと魅力が半減してしまうのです。触れたときにがっかりされてしまうことも。

反対に肌が綺麗なだけで、ごく普通の顔立ちでもとても美しく見えますよ!

ワンランク上の美人はみんな、肌ケアには力を入れています。あなたもまずは徹底的に保湿にこだわってみてはいかがでしょうか。