No!ガサガサ唇!つやリップになるために気を付けるべきこと

顔の中でも非常にデリケートな唇。つやつやのリップを保つために、日常生活で気を付けたいことをチェックしていきましょう!半分以上当てはまる人は要注意ですよ。

唇はデリケートな部分

large
出典:weheartit

血色が見えるほど薄い唇粘膜は、とにかく繊細で傷つきやすい部分。

口内と繋がっているので、他の厚い皮膚とは全く違う構造なのです。さらに、飲む食べる、しゃべる、笑うなどの動作により、頻繁に動かされているので、疲れが出やすい部分でもあります。

気を付けるべきこと

・口呼吸をやめる
口で呼吸していると、唇の荒れの原因となる乾燥を引き起こしてしまいます。意識して口は閉じ、鼻呼吸を意識してみてください。

・角質ケアは優しく&週1回程度
唇の角質ケアを一生懸命行うあまり、傷つけてしまうこともあるので要注意。

専用のスクラブや少量のお砂糖を使って、指先でくるくると馴染ませる程度でOK!もしくはお風呂でふやかしてお湯だけで除去するだけでも効果がありますよ。

角質が溜まると固くガサついた、血色の悪い唇になってしまうので、週1~2回を目安に正しいケアを行いましょう!

slarge
出典: weheartit

・食後は必ず唇を綺麗にする
食べかすや油がそのままに唇に残留していると、荒れや乾燥の原因に。

油で潤ったと思っても、酸化してしまう可能性もあるので辞めましょう!食後は、水で洗い清潔なタオルやティッシュで優しく水分を拭き取ってあげてください。食後の歯磨きを習慣にすると良いですね!

ちなみに、ウェットティッシュやおしぼりには除菌のための化学物質などが含まれている場合があるのでおすすめしません。

sslarge
出典:weheartit

・こすれに気を付ける
唇は外的刺激にも敏感に反応します。特に、マスクや服、布団などの化学繊維が含まれたものでこすれてしまうと、荒れや乾燥を引き起こす原因になるので注意しましょう。

また化粧を落とすときにも、強くこすらないように!

・合わないリップを使わない
唇の荒れが気になるなと思ったら、使っているリップクリームや口紅を見直してみてください。敏感肌の方は、皮膚科でも使用されるワセリンがおすすめです。


正しいケアを行い、ちょっとしたことに気を付けるだけで唇はとても健康的になります。以上のことを参考に、冬でも潤いのある魅力的な唇を目指しましましょう!