直接塗りはNG?スティックファンデーションの塗り方のコツ

シミやくすみが気になるなら、薄づきでカバー力がしっかりあるスティックファンデーションがオススメです♡

スティックファンデーションは、ちょっとしたテクニックを使えばリキッドファンデーションやBBクリーム顔負けのカバー力を発揮します。

でもイマイチ使い方がよくわからない、という方も多いのでは?

今回は、スティックファンデーションで肌トラブルを薄づきにカバーする塗り方をご紹介します♪

直接塗りはNG?スティックファンデーションの塗り方のコツ

celvoke.jpさん(@celvoke.jp)がシェアした投稿



スティックファンデーションのメリットといえば、肌に直接ラインを引くように塗るだけで、肌トラブルをしっかりカバーできるという点。

でも、直接塗るとファンデ浮きしやすいデメリットもあるんです。

薄づきでシミやソバカスなど、気になるトラブルをカバーするなら、体温でファンデを緩めてから肌にのせる方法が効果的!

スティックファンデーションのひと手間テクニック

スティックファンデーションの塗り方のコツ
photo by 筆者


手の親指の付け根部分に膨らみがありますよね。そこにスティックファンデーションをグリグリとつけましょう。
膨らみ部分は手の中でも特に体温が高いので、ファンデーションがしっとりなめらかにとけるのです。

IMG_0056
photo by 筆者

スティックファンデがなめらかになったら、反対側の手の人差し指の第二関節までファンデをつけ、そのまま肌にスタンプを押すようにファンデをのせます。

目の下、ほおの中央、眉上、小鼻の両脇の下、あご、それぞれにファンデをのせたら、スポンジでなじませます。

シミをカバーする場合は、スポンジでファンデと肌の境目をぼかすようになじませると、シミをしっかり隠せますよ!

スティックファンデは肌に優しい低刺激コスメがオススメ

筆者も愛用中♡「フルーティア ナチュラルカバーファンデーション」

スティックファンデーションの塗り方のコツ
photo by 筆者

筆者はメイクはできるだけ肌に負担がかからない、低刺激のアイテムを使いたいと思っているので、ファンデーションはオーガニック系にこだわっています。

オーガニック系のファンデーションはカバー力が低い、というイメージがありますが、今愛用している「フルーティア ナチュラルカバーファンデーション」(税抜き4,500円)は、カバー力もあって肌に優しい天然成分100%!

保湿効果の高いホホバオイルや、抗酸化作用の強いクランベリーオイルなど、美容成分がたっぷり配合されているので、美容液感覚で使えます。

洗顔料で落とせるほど肌に優しいので、毎日メイクをしても肌に負担がかからず、スキンケアをしながらメイクができる優秀アイテムです♪
スティックファンデーションはカバー力が高いので、薄づきでも簡単に美肌に仕上げられます。

肌に直塗りではなく、手の体温でなめらかに溶かしてからスタンプ塗りする方法なら、カバーしにくいシミもしっかり隠せるので、今使っているファンデーションのカバー力に不満がある方は、ぜひスティックファンデーションに乗り換えてみてください♡