「ムズムズが消えた!」デリケートゾーンのかゆみを治す方法があった!

デリケートゾーン陰部)のかゆみやトラブルは、人に相談しにくいと感じている方が多いですよね。

我慢できるし……と病院にも行かずに放置してしまっている方もいるのではないのでしょうか。

今回は、デリケートゾーンのかゆみが起こる原因と、治す方法について詳しくお伝えします。

1.デリケートゾーンのかゆみはなぜ起こる?

デリケートゾーン
出典:shutterstock


デリケートゾーンのかゆみの主な原因を以下にまとめました。

1-1.通気性が悪くて蒸れる

デリケートゾーンの皮膚は粘膜に近く、常に下着が密着するため、通気性がとても悪い場所です。

締め付けの強い下着やタイツを履いていると、より一層通気性が悪くなり、汗や膣分泌液によって蒸れて、かぶれやかゆみが生じやすくなります。

1-2.布やナプキンによる摩擦

デリケートゾーンの皮膚は薄くて粘膜も近いため、摩擦による刺激を受けやすい場所です。

そのため、下着の布やナプキンによる摩擦で、皮膚のかぶれやかゆみが生じやすくなります。

とくに、生理中は肌全体が敏感になり、経血・ナプキンによる蒸れや汚れも避けられないため、ささいな刺激でかゆみが生じやすくなります

デリケートゾーンのかゆみの多くは、通気性の悪さに摩擦が加わって起きるのです。

1-3.感染症

我慢できないほどのかゆみやおりものの異常が生じている場合、細菌・ウイルス・真菌(カビ)による感染症が考えられます。

デリケートゾーンはこれらの病原体が繁殖しやすい環境であるため、免疫力の低下・不衛生・セックスなどの要因で、比較的簡単に感染症にかかってしまいます。

2.デリケートゾーンのかゆみへの対処法

それでは、デリケートゾーンのかゆみには、どのように対処すればいいのでしょうか。

ここでは、おすすめの対処法を3つご紹介します。


2-1.清潔に保つが洗いすぎない

洗いすぎない
出典:shutterstock


毎日洗う・生理中はこまめにナプキンを交換するなど、デリケートゾーンを清潔に保つことは基本ですが、洗いすぎは逆効果になる可能性があります。

デリケートゾーンには自浄作用があるため、石鹸でゴシゴシ洗いすぎると、自浄作用が弱まってトラブルが起きやすくなってしまうのです。

デリケートゾーン専用のソープで、軽く優しく洗うのがおすすめです。

2-2.デリケートゾーンに触れる素材に気を使う

触れる素材
出典:shutterstock


デリケートゾーンのかゆみが日常的に気になる方は、デリケートゾーンに触れるものが肌に合っていない可能性を考えましょう。

下着は綿100%、ナプキンはコットンの自然素材を使う、タンポンを使う、締めつけるインナーは避けるなどの対策をすれば、かゆみが改善することが多くあります。

2-3.市販の外用薬を使う

市販の外用薬
出典:shutterstock


軽度のかゆみ改善には、市販の塗り薬もおすすめです。

デリケートゾーン用の塗り薬は色々な種類が販売されているので、できれば登録販売者や薬剤師に相談しながら自分に合う薬を見つけましょう。

ただし、塗っていても改善しない場合やそもそもかゆみが我慢できないほど強い場合は、感染症などの可能性が考えられるので、必ず医療機関を受診してください。

3.デリケートゾーンの症状には漢方でのケアもおすすめ

漢方
出典:shutterstock


デリケートゾーンのかゆみやトラブルを根本的に解決したい方は、皮膚科や婦人科でも使われている漢方薬もおすすめです。

飲み薬で解決できるのかと疑問に思う方もいらっしゃることと思いますが、デリケートゾーンのケアに適していて効果が認められている漢方薬はあります。

皮膚の乾燥は水分不足のせいと思いがちですが、実際は血の巡りが悪く、全身に酸素や栄養が行き渡らないことが原因と考えられます。

漢方薬のなかには、その原因を取り除き、繰り返す皮膚の乾燥の不調を、からだの内側から根本的に改善してくれるものもあります。

漢方薬なら自分の症状や体質に合ったものを毎日のむだけなので、健康法としても簡単に続けられるでしょう。

<デリケートゾーンのかゆみ改善におすすめの漢方薬>

清心蓮子飲(せいしんれんしいん)

胃腸が弱く体力が低下していて、残尿感・頻尿などの尿トラブルもある方に。

陰部の熱や腫れをとり、痛みやかゆみをやわらげます。

ストレスや緊張からくる尿トラブルの改善にも有効です。

竜胆瀉肝湯(りゅうたんしゃかんとう)

体力中等度以上で、下腹部に熱感や痛みがある方に。

下半身の湿熱をとり、陰部のかゆみをやわらげます。

排尿痛・残尿感などの尿トラブルの改善にも用いられます。

<漢方薬を選ぶ際の重要なポイント>

漢方薬
出典:shutterstock


漢方薬を選ぶ際は、からだの状態や体質に合っているものを選ぶことが重要です。

うまく合っていないと、効果を感じられないだけでなく、場合によっては副作用が生じることもあります。

どの漢方薬が自分に合っているのかを見極めるためには、漢方に詳しい薬剤師がAIを活用し、個人に効く漢方薬を見極め、お手頃価格で自宅まで郵送してくれる「あんしん漢方」などのオンライン漢方サービスに、一度相談してみるのもいいでしょう。

●あんしん漢方:https://www.kamposupport.com/anshin1.0/lp/

4.デリケートゾーンの悩みから解放され、快適な毎日を送りましょう

デリケートゾーンのかゆみを放置していると、毎日違和感や不快感を抱えなければならなくなりますし、感染症などの病気の発見が遅くなることもあるのです。

使うものや習慣を少し変えるだけで解決することも多いといわれています。

気になる場合は、今回お伝えした対処法を、ぜひ実践してみましょう。

<この記事を書いた人>

浅田先生
出典:beautyまとめ


薬剤師 浅田麻希

2009年に薬剤師免許を取得。有名皮膚科クリニックの門前薬局での勤務・同クリニックでの研修経験を経て、現在は医療系・美容系ライターとして活動中。

●あんしん漢方(オンラインAI漢方):https://www.kamposupport.com/anshin1.0/lp/

投稿者プロフィール

あんしん漢方メンバー

不調改善スペシャリスト/医師・薬剤師  
西洋薬と漢方に精通した医師や薬剤師のプロフェッショナル集団です。AIを活用した研究と各種メディアでの不調改善方法を発信しています。実践として「効く漢方薬」を、スマホ一つで、お手頃価格で入手できるオンライン相談サービス「あんしん漢方」を運営しています。

関連記事

週間ランキング

  1. 1

    30代の本命アウターはこれ!今年は「マウンテンパーカー」がアツい!

  2. 2

    「一枚持ってるだけでこなれ感!」大人が選ぶ春ワンピースを特集!

  3. 3

    「春の大本命!」今年、絶対取り入れたいデニムアイテムBEST10

  4. 4

    「多幸感ピンクが可愛すぎ♡」キャンメイク限定新色アイシャドウをレビュー

  5. 5

    【2022年最新版】低価格で超お得!ムック本の人気おすすめ20選

記事を読む

おすすめ記事 最近の記事
  1. 「今年サラっと着たいシャツワンピ♡」2022年おしゃれさんのコーデは?

  2. 「2022年春の気分はスウェット!」こなれ感アップ、さらっと着たいもの♡

  3. 気温差のある春に大活躍!「ニットベスト」の着回しコーデ術♡

  1. 「絶対に買い逃したくない☆」5月のボックスが豪華すぎた!

  2. 発光ツヤ×透けマットが可愛い!キャンメイク新作チークで垢抜けできるよ!

  3. 「3COINSかごバッグ」超プチプラ、バズり夏アイテムを完売前にチェック!