レトロコスメのド定番!ホルモンクリームがかなり使える♪

今回特集をするのは、クラブのロングセラーコスメ「ホルモンクリーム」です。

昭和10年に発売されたレトロコスメですが、未だに多くの方から支持されています。とてもメジャーなアイテムなので、使ったことはなくても名前は聞いたことがあるという方もいるのではないでしょうか。

そんなホルモンクリームの特徴や魅力を、今回しっかりとご紹介していきます。気になっている方はぜひチェックしてくださいね。

クラブの「ホルモンクリーム」とは


昭和10年に発売が開始されたホルモンクリームは、現在も幅広い世代の方から支持されているロングセラーの人気アイテムです。

ドラッグストアなどに置いてありますしリーズナブルなので、気軽に試すことができるというメリットもあります。

「ホルモンクリーム」という名前の通り、こちらのクリームには女性ホルモン(エチニルエストラジオール)が配合されているところが特徴です。

しっかりとした保湿効果があり、お肌を健やかな状態へと導きます。


白っぽい色をしたクリームですが、お肌に馴染ませると色は気にならなくなります。

クリームは比較的ライトなテクスチャでスーッと伸び、馴染んだ後はべたつきも気になりません。

オールシーズン活躍させることができる保湿クリームであると言えるでしょう。

またフェイスケアにはもちろんボディの保湿ケアに使うこともできます。伸びが良いので、マッサージクリーム代わりにしても良さそうですよ。

ホルモンクリームには微香性タイプも!


ちなみにホルモンクリームには通常タイプのほかに、微香性タイプもあります。

微香性タイプのホルモンクリームにはローズ精油がプラスされており、優しいバラの香りを楽しみながらお肌の保湿ケアを行うことができます。

使用感や保湿力などは通常のホルモンクリームとほぼ変わりません。香りの好みで選んでみてはいかがでしょうか。


ロングセラーコスメ・クラブのホルモンクリームを特集しましたが、いかがでしたか。

今でも愛され続けているとても優秀な保湿アイテムですので、一度使ってみて損はありませんよ。ぜひ活用してみてくださいね。